サドレキシア:一般的になりつつある摂食障害

サドレキシアについて聞いたことがありますか? 今回の記事では、青少年の間で増えてきている、健康に危険な影響を及ぼす摂食障害についてすべて説明します。
サドレキシア:一般的になりつつある摂食障害

最後の更新: 06 2月, 2021

サドレキシアは、食欲不振と一連の暴力的な性行為という2つの状態を組み合わせた、最近増えてきている摂食障害です。このテーマに関する研究文献はまだ多くないため、病理学における情報や知識は限られています。

ただし、摂食障害と心理的性質の問題は密接に関連している点に注意することが重要です。専門家は、多くの場合、摂食障害自体が心理的な問題であると考えています。患者は、経過の観察と場合によっては治療を必要とする、多岐にわたる具体的な行動や有害な行動を示すのが一般的です。

サドレキシア:一般的になりつつある摂食障害

前述のように、サドレキシアは食物摂取を強く制限する行動とサドマゾヒズムの組み合わさった行動を伴います。別の言葉で表現すると、痛みを伴う暴力的な性行為です。Endocrine, Metabolic & Immune Disorders Drug Targetsに掲載された研究によると、食欲不振は、患者を、食べ物の摂取を大幅に減らす行動に駆り立てる極端な細さへの執着が原因で起こります。

同様に、サドレキシアの人々は、痛みや身体的虐待を伴う特定の行動を好む傾向があります。これは、自傷行為につながる自己誘発性の嘔吐または鞭打ちなどの性的快楽を生み出します。

最近の研究によると、このような行動は、性ホルモン値またはいくつかの特定の神経学的パターンに関係している可能性があります。

サドレキシア:一般的になりつつある摂食障害 ボディーイメージ
歪んだ身体イメージは、サドレエキシアの持つサドマゾヒズムの一つです。

サドレキシアの原因と検出

サドレキシアの原因は非常に多様であり、すべてが十分に特定されているわけではありません。社会的圧力を伴い、不健康な細さを求めるように各個人を駆り立てるような、外観や容姿に関する極端な見方なども原因の一つです。

摂食障害が遺伝的変化の基盤に反応することを保証する科学的文献があります。この点から、環境的な条件は、サドレキシアという問題の導火線に火をつけるマッチのような役割を果たしている可能性があります。

私たちが暮らす社会的状況や私たちが受ける教育は、サドレキシアなどの摂食障害という問題を発症するリスクを条件付けていることは明らかです。生涯を通じて経験するトラウマ的な出来事はまた、あらゆる種類の摂食障害を発症するリスクの基盤となる可能性があります。

サドレキシアを検出するための診断を容易にするスクリーニング検査と心理テストがありますが、資格のある専門家だけがこれらの検査やテストを実施することができます

これらの検査ツールを使用すると、サドレキシア患者に共通する典型的なリスク行動を認識することができます。検出が早ければ早いほど、その後の介入の成功率が高くなることは注目に値します。

こちらもご参考に:Diabulimia:糖尿病と過食症

サドレキシアの治療

サドレキシアの治療に関しては、学際的なチームの必要性について特別に言及することが大切です。栄養士、心理学者、精神科医で構成されたチーム全員が一丸となって患者に働きかけることでのみ、サドレキシアという摂食障害の状態を改善することが可能です。

Chilean Medical Journalに掲載された研究に見られるように、最も深刻なケースでは、患者が栄養失調になった場合、入院が必要になることがあります。栄養失調を発症すると、医師は深刻な代謝の問題を予防するために、栄養素が豊富な血清を静脈内に注入する必要があります。

外来治療の場合、栄養に関する指導と教育が不可欠です。最初に、基本的なニーズをカバーする最小値に基づいた食事モデルを提案するのが最善かもしれません。その後、栄養の概念をわかりやすく説明し、患者の食事内容にさまざまな食品を少しずつ加えていくことが大切です。

さらに、介入の一つとして、行動の変化に基づく心理的サポートを実施することが重要です。精神面での安定性を改善し、過度のリスク行動や自殺未遂を予防するための、薬理学ガイドラインを確立することが重要です。

サドレキシア:最近発見された病理

ここまでご説明したように、サドレキシアは分類という点においては、比較的最近の障害ですが、心理的および栄養的なカウンセリングや相談という面では、ますます一般的になっている摂食障害です。サドレキシアの治療アプローチは、他の摂食障害と非常によく似ています。

それぞれの専門家が学際的なチームとなり、さまざまな観点からこの病理学に取り組み、相乗効果を生み出す治療を実施する必要があります。 最も深刻なケースにおいては、長期的なダメージをできるだけ避けることが重要であるため、入院が必要になる場合があります。

行動療法と心理療法は、健康に害を及ぼす可能性のあるリスク行動や習慣を最小限に抑えるのに非常に役立ちます。 自分の周りの誰かがサドレキシアという問題に苦しんでいると思われる場合は、できるだけ早く専門家に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
夜のドカ食い:夜食症候群とは何ですか?

夜遅くに食欲が止まらなくなったことはありませんか?もし答えが「イエス」なら、夜食症候群を発症している可能性があります。夜食症候群を発症すると、夕食後から就寝までの間に食欲が止まらなくなり、いわゆる「ドカ食い」をしてしまいます。また、不眠症に苦しむケースも見られます。



  • Gravina G., Milano W., Nebbiai G., Piccione C., et al., Medical complications in anorexia and bulimia nervosa. Endocr Metab Immune Disord Drug Targets, 2018. 18 (5): 477-488.
  • Neef ND., Coppens V., Huys W., Morrens M., Bondage discipline, dominance submission and sadomasochism (BDSM) from an integrative biopsychosocial perspective: a systematic review. Sex Med, 2019. 7 (2): 129-144.
  • Himmerich H., Bentley J., Kan C., Treasure J., Genetic risk factors for eating disorders: an update and insights into pathopysiology. Ther Adv Psychopharmacol, 2019.
  • Vásquez N., Urrejola P., Vogel M., An update on inpatient treatment of anorexia nervosa: practical recommendations. Rev Med Chil, 2017. 145 (5): 650-656.
  • Jáuregui-Lobera, Ignacio, and Patricia Bolaños-Ríos. “Revisión del tratamiento dietético-nutricional de la anorexia nerviosa.” Revista médica de Chile 140.1 (2012): 98-107.
  • Appolinario, Jose C., and Josue Bacaltchuk. “Tratamento farmacológico dos transtornos alimentares.” Brazilian Journal of Psychiatry 24 (2002): 54-59.