廊下のデコレーションをする時のコツ

3月 26, 2019
何もなくて退屈な廊下にならないよう、デコレーション法を学びましょう。ここではそのコツをご紹介します。

廊下は部屋と部屋をつなぐもの。単なる通り道ではなく、楽しくなるような美しいデコレーションをしましょう。

部屋ほど重要な場所ではないかも知れませんが、ほんの少し気づかいをするだけで家全体の雰囲気がガラッと変わります。

廊下のデコレーションというと、たいてい壁に写真や絵をかけることを思いつきます。でも誰も見ないような絵をかけていたって、楽しくないですよね?

また家族写真を飾る人も多いようです。ですが、そういったものは廊下以外にも飾るのに良い場所があるはずです。

どうせデコレーションをするのならあなた自身もお客さんも見て楽しいものを飾るようにしてはどうでしょう。

こちらもご覧ください 寝室を消毒するナチュラルな方法

 

廊下を飾る要素

廊下

:意外かもしれませんが鏡は廊下に飾るととても良いです。スペースを広く見せますし、光も取り入れます。壁にかけても良いですし、テーブルなどに乗せても良いです。

テーブル:幅や引き出しのない小さなものにします。引き出しがあるものは、どうしても中に何かを収納してしまいがちで、しかもそのことを忘れてしまいがちです。テーブルの上には写真をたくさん乗せるなどせず、シンプルにテーブルランナーを敷いて、1つか2つ何か飾ります。

中サイズ、または大きなサイズのデコレーションアイテム:広めの廊下なら、大きめのデコレーションアイテムを飾っても良いです。例えばアンティークのランプ、大きな花瓶、木製のバスケットなど。

ランプ:カラフルなランプを飾るのが好きな人もいます。もしあなたもそうなら、他には余り物を置かないようにしましょう。そうすればランプそのものが際立ちます。もちろん人の目のつく位置に置くようにしましょう! シンプルなものを飾る時は、他のデコレーションをしっかり照らせる位置に置きましょう。

カーペットカーペットも良いオプションの1つです。美しいラグを置けば、家の中に温かみが生まれます。またデコレーション全体にまとまりが出ます。

ペイント/壁紙:廊下が広くて、色を加えたい場合は、壁紙を使ったりペイントしても良いでしょう。どちらも視覚的な連続性を生み出し、更にダイナミックな雰囲気になります。

壁画:近頃は、風景などの壁画が沢山出ています。まるで廊下がその先にまで続いているかのような感覚にすらさせてくれます。壁画の最も良いところは、簡単にカスタマイズできるところです。

壁画

こちらもご覧ください 古い香水ボトルで出来る4つの事

 

廊下をデコレートするアイディア

何か一つ中心となる、目につくものを飾りましょう。

例えばそれをシャンデリアにしたいのなら、壁は明るめの色に塗ります。ヌーディーなトーンのものでも良いです。

その他のアイディアは、壁は何も飾らず、色もニュートラルなものにします。そしてデザインやテクスチャが独特なカーペットを敷きます。また、いろいろ飾らず、素敵なバスケットに色んな色のクッションを入れて廊下の奥に飾ると、とても家庭的な雰囲気になります。

先にご紹介したものを飾るのも良いです。ランプ、鏡、テーブルなど。少し変わったデザインのものを探してみてください。例えば、真四角の鏡ではなく、丸いものや楕円形のもの、変わった形やフレームに飾りがあるものなどです。テーブルの上には少しだけ物を飾ります。キャンドル、木製の飾り、植物などでも良いでしょう。

ご紹介したものがあなたの廊下の雰囲気に合わないのなら、そういうものを探してみてください。次から次へと良いアイディアが浮かび、きっと美しい廊下の飾りが出来るでしょう!