ノミ刺されに効果的な家でも出来る5つ解消法

5月 12, 2019
今回紹介する方法はノミに刺されたことで起こる痒みや炎症を和らげるだけでなく、消毒や予防法としても使うことが出来ます。

肉眼でギリギリ見える程度のこの小さな虫はペットやカーペット、木の床、その他の物質の表面に付着して、カモフラージュしています。

この虫は通常ペットなどの哺乳類の血を吸って栄養を摂りますが、肌に触れられるチャンスがあれば人間も襲うのです。

ノミは深刻な問題や病気を引き起こすわけではありませんが、私達に感染症をもたらすウィルスや最近を媒介することもあるので注意を払うことが大切です。

幸い、私達にはノミに対抗する為の自然療法を実践することが出来ます。この方法を使えば、肌を消毒してアレルギー反応を抑えることが出来ます。

今回は、その中でも効果的な方法を5つ紹介したいと思います。

1.ティーツリーエッセンシャルオイル

ティーツリーオイル ノミ刺され

ティーツリーオイルは、ノミに噛まれた時に皮膚の衛生を助けてくれる消毒剤です。

これを使うと、刺激や痒みが和らぎます。また、起こり得る感染を予防することも出来るのです。

材料

  • ティーツリーエッセンシャルオイル:5ml
  • 水:20ml

作り方

  • 2つの材料を混ぜれば完成です。

アドバイス

  • コットンにこの液体を染み込ませて、患部に塗ってください。
  • 1日2回行うようにしましょう。

注意:オイルを薄めずに使うと、逆に肌を刺激してしまう恐れがあります。

こちらの記事もどうですか?:ティーツリーオイルの驚くべき効能

2.ベーキングソーダ

ベーキングソーダを肌に塗ってあげると、噛まれた跡を綺麗にするのに役立ち、痒みや赤らみも軽減してくれます。

材料

  • ベーキングソーダ:10g
  • 水:30ml

作り方

  • 2つを混ぜてペースト状のものを作ってください。

アドバイス

  • 患部にこのペーストを塗り、10分から15分置いておきます。
  • その後、ぬるま湯で洗い流しましょう。もし必要なら1日2回行うようにしてください。

3.アロエとユーカリオイル

アロエ ノミ刺され

アロエとユーカリオイルの持つ消毒作用と潤い作用はノミによるアレルギー反応に対してとても効果的な力を持っています。

この材料に含まれる成分は患部を消毒して、腫れや赤らみを和らげてくれるのです。

材料

作り方

  • ボウルに2つの材料を入れて混ぜてください。

アドバイス

  • 噛まれた場所に塗ってください。洗い流さないようにしましょう。
  • 1日2回実践してください。

4.レモンジュースとはちみつ

レモン汁には防腐特性があり、はちみつには抗生物質のような働きが含まれています。この2つの特性を組み合わせることで、ノミやその他の虫により噛まれた傷を効果的に治療してくれるのです。

また、この特性は肌の組織を消毒して、アレルギー反応を軽減するよう促してくれます。

材料

  • レモン汁:30ml
  • はちみつ:50g

作り方

  • 材料をよく混ぜれば完成です。

アドバイス

  • 患部に広げるように塗り、効果が出るまで10分間待ってください。
  • 時間が経ったら、ぬるま湯ですすぎます。必要なら繰り返し行うようにしてください。

注意:レモンを肌につけて日光にさらすと、皮膚がダメージを受けることがあるので気をつけてください。

この記事を読む:11通りの驚くべきレモンの使い方

5.ラベンダーエッセンシャルオイル

ラベンダー ノミ刺され

私達はラベンダーの香りを好みますが、ノミはこの香りに耐えることが出来ません。これは、安全な方法かつ寄生虫を除去するのに非常に便利なので、多くの人がペットに使用しています。

また、ラベンダーには抗菌と抗炎症作用があるので、噛まれた傷によって引き起こる刺激にも有効なのです。

材料

  • ラベンダーエッセンシャルオイル:5g
  • 水:60ml

作り方

  • オイルを水に加えてよく混ぜたら完成です。

アドバイス

  • 出来れば、スプレーボトルに入れて、患部に直接吹きかけてください。
  • スプレーボトルが無い場合は、コットンを使って患部に塗ってください。
  • 使用した後は洗い流さず置いておきましょう。もし痒みが続く場合は、1日2、3回繰り返し使用してください。
  • Maguiña-Vargas, C., Osores, F., Farías, H., Torrejón, D., & Alcorta, T. (2010). Enfermedades por ectoparasitos: Segunda parte. Dermatol. Peru.
  • Schnyder, M. (2012). Control de enfermedades transmitidas por Vectores en perros y Gatos. ESCCAP Guidelines.
  • L. Navarro, M. T. V. (2002). La dermatitis alérgica a la picadura de pulga: estudio de factores epidemiológicos en el área urbana de Zaragoza. A.V.E.P.A Asociación de Veterinarios Españoles Especialistas En Pequeños Animales.
  • FAO. (2008). El cambio climático, las plagas y las enfermedades transfonterizas. Organización de las Naciones Unidas.
  • Aramburu, R. (2012). Insectos parásitos que afectan a loros de argentina y métodos para su obtención. Hornero. https://doi.org/10.1056/NEJMoa1309748