ロックローズ精油の効能と用途

ロックローズのエッセンシャルオイルは、スキンケアの補助剤として自然医学で使用されています。その特性や用途について詳しくご紹介します。
ロックローズ精油の効能と用途
Franciele Rohor de Souza

によってレビューと承認されています。 製薬 Franciele Rohor de Souza.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 15 11月, 2022

ロックローズのエッセンシャルオイルは、学名Cistus ladaniferusという植物から得られます。ハンニチバナ科に属し、紫色の小さな斑点がある印象的な白い花が特徴です。また、葉は深い緑色で、茎には赤みがかった部分があります。

Plants誌によると、この低木種は地中海地方西部が原産です。観賞用として使われる一方で、芳香や薬理学的な用途でも注目されています。

特に、茎から得られるオイルは、美容と薬効のために重宝されており、傷の治癒を促進し、シワを目立たなくさせ、肌を保護するために使用されます。それでは、その効果を詳しく見ていきましょう。

ロックローズ精油の効果

ロックローズエッセンシャルオイルを得るには、特に夏の間、植物の若い茎を取ります。その後、水蒸気蒸留を行い、約3時間かけて抽出します。その結果、琥珀色の香りと草のようなタッチを持つ製品が出来上がります。一般的に外用として使用されます。

痛みや炎症の緩和

伝統医学では、ロックローズのエッセンシャルオイルは、筋肉や関節の病気を和らげる補助剤と考えられてきました。さらに、炎症状態を減少させる作用があると評価されています。

この点に関して、American Journal of Therapeutics誌に報告された比較研究では、ロックローズの抽出物が鎮痛および抗炎症の可能性を示したと報告されています。より多くのエビデンスが必要ですが、軽い病気の治療薬として局所的に使用することができます。

エッセンシャルオイル。
ロックローズオイルの局所使用は、軽度の皮膚炎症を鎮めるのに役立つ可能性があります。

軽度の傷の治癒

ロックローズのエッセンシャルオイルを塗布しても、傷跡が一晩で消えることはありません。それでも、軽い傷の緩和を促進する補助的なものと考えることができます。まず、抗菌剤として作用し、感染症のリスクを軽減します。

一方、Antioxidants誌に詳しく紹介されているように、抗酸化物質、特にポリフェノールが豊富に含まれているため、皮膚の再生と治癒を促進します。さらに、光保護効果もあります。

シワの予防

様々なフェイシャルケア化粧品には、ロックローズのエッセンシャルオイルが含まれています。その理由ですか? ポリフェノール化合物の優れた含有量が、複数の保護と回復機能を発揮するからです。

これらの抗酸化物質は、早期老化の主な危険因子の1つである酸化ストレスの影響を緩和します。また、肌の弾力性を促進し、肌のバリア機能を保護し、疲れやくすみを軽減します。

軽度の出血の制御

民間療法では、ロックローズのエッセンシャルオイルは、天然の抗出血剤のリストに含まれています。しかし、これらの特性について決定的なエビデンスはありません。小さな切り傷、鼻血、重い月経など、軽度の場合の出血を止めるのに役立つとする逸話があります。

ロックローズエッセンシャルオイルのリスクと禁忌

ロックローズエッセンシャルオイルは、ほとんどの人に耐容性があります。

通常、外用、ディフューザー、キャリアオイルとの組み合わせで使用されます。また、一部の化粧品や医薬品にも含まれています。

しかし、特にデリケートな肌には、光線過敏症を引き起こす可能性があることに注意する必要があります。そのため、塗布した後は、日光から保護する必要があります。また、目や粘膜の近くへの塗布は、刺激になりやすいので避ける必要があります。

妊娠中、授乳中、幼い子供には禁忌とされています。病気の診断を受けている場合は、使用前に医師に相談することをおすすめします。何か好ましくない反応があった場合は、すぐに使用を中止してください。

ロックローズエッセンシャルオイルの使い方は

アロマテラピーやマッサージに使用する方もいらっしゃいます。後者の場合、ローズオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイルなどのキャリアオイルで希釈して使用する必要があります。

いずれにせよ、他の成分と組み合わせて家庭薬を作ることに凝る人もいます。詳しく見てみましょう。

アーモンドオイル。
アーモンド オイルは、ロックローズ オイルのキャリアとして使えます。

1. シワのホームトリートメント

抗酸化物質が豊富な植物油の組み合わせは、小ジワの予防に最適です。毎晩のアンチエイジングのルーチンを補うことができます。

材料

  • ロックローズエッセンシャルオイル 8滴
  • クランベリーオイル 6滴
  • ザクロ油 6滴
  • ローズオイル 15ミリリットル

使い方

  • エッセンシャルオイルとローズオイルを合わせ、よく混ぜ合わせます。
  • 密閉ボトルにパックし、寝る前に適量を顔全体に塗布します。

2. 創傷治癒を促進するレメディーとして

表面的な傷の治癒を促進する目的であれば、このオイルは他の修復成分と組み合わせることができます。ただし、開いた傷や重い傷への使用は避けてください。
材料

使い方

  • 均質なオイルが得られるまで、オイルを混ぜ合わせます。
  • 必要な部分に少量塗布します。
  • 洗い流さずにそのままお使いください。

3. 少量の出血に対する治療薬

ロックローズ エッセンシャル オイルの外用は、軽度の出血の場合に適用できます。効能により、数分で出血が止まる可能性が期待できます。

材料

  • ロックローズエッセンシャルオイル 2滴
  • 植物油 4滴

準備

  • オイルを混ぜ合わせ、コットンに含ませて、ケアしたい部分に塗布します。
  • 出血が止まるまで、数秒間そのままにしておきます。

ロックローズエッセンシャルオイルの注意点

ロックローズエッセンシャルオイルは、抗酸化物質、抗炎症化合物、脂肪酸を多く含むため、薬用および化粧品用として使用することができます。伝統的には、痛み、炎症、小さな傷に対して使用されています。

また、小じわや表面的な出血、炎症に対する味方と考えられています。試してみませんか?

こちらの記事もおすすめです。
海外で話題の「ガラス肌」とは
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
海外で話題の「ガラス肌」とは

透明感のあるツヤのあるすっぴん肌を目指す「グラススキン」技術。方法については、こちらをご覧ください。



  • Frazão DF, Raimundo JR, Domingues JL, Quintela-Sabarís C, Gonçalves JC, Delgado F. Cistus ladanifer (Cistaceae): a natural resource in Mediterranean-type ecosystems. Planta. 2018 Feb;247(2):289-300. doi: 10.1007/s00425-017-2825-2. Epub 2017 Dec 7. PMID: 29218421.
  • El Hamsas El Youbi A, El Mansouri L, Boukhira S, Daoudi A, Bousta D. In Vivo Anti-Inflammatory and Analgesic Effects of Aqueous Extract of Cistus ladanifer L. From Morocco. Am J Ther. 2016 Nov/Dec;23(6):e1554-e1559. doi: 10.1097/MJT.0000000000000419. PMID: 26934730.
  • Gaweł-Bęben K, Kukula-Koch W, Hoian U, Czop M. Characterization of Cistus × incanus L. and Cistus ladanifer L. Extracts as Potential Multifunctional Antioxidant Ingredients for Skin Protecting Cosmetics. Antioxidants (Basel). 2020 Mar 1;9(3):202. doi: 10.3390/antiox9030202. PMID: 32121584; PMCID: PMC7139296.
  • Andrade, D., Gil, C., Breitenfeld, L., Domingues, F., & Duarte, A. P. (2009). Bioactive extracts from Cistus ladanifer and Arbutus unedo L. In Industrial Crops and Products (Vol. 30, Issue 1, pp. 165–167). Elsevier BV. https://doi.org/10.1016/j.indcrop.2009.01.009
  • Amensour, M., Sendra, E., Pérez-Alvarez, J.A. et al. Antioxidant Activity and Chemical Content of Methanol and Ethanol Extracts from Leaves of Rockrose (Cistus ladaniferus). Plant Foods Hum Nutr 65, 170–178 (2010). https://doi.org/10.1007/s11130-010-0168-2
  • Rinnerthaler M, Bischof J, Streubel MK, Trost A, Richter K. Oxidative stress in aging human skin. Biomolecules. 2015 Apr 21;5(2):545-89. doi: 10.3390/biom5020545. PMID: 25906193; PMCID: PMC4496685.
  • Bechlaghem, Karima & Allali, Hocine & Benmehdi, Houcine & Aissaoui, Nadia & Flamini, Guido. (2019). Chemical Analysis of the Essential Oils of Three Cistus Species Growing in North- West of Algeria. Agriculturae Conspectus Scientificus. 84. 283-293.