プランテンを楽しむシンプルでユニークな方法3つ

5月 14, 2018
プランテンと呼ばれる食材をご存知ですか? 本記事では、バナナにも似たこの食材を楽しむ方法をいくつかのレシピとともにご紹介します。

日本ではまだ知名度の低いプランテンですが、世界のいくつかの地域では昔から伝統的な料理に使われてきた人気の食材のひとつです。

このプランテンを使って、手軽で美味しい料理を作ってみませんか?

さて最初に問題になるのが、プランテンをどうやって食べるのかということです。

ビタミン、カリウム、葉酸、亜鉛、セレン、そして繊維などを豊富に含むプレンテンの食べ方とレシピをご紹介します。

1. ベイクプランテン

甘いものが大好きな人におすすめのレシピです。

ベイクプランテン

材料

  • 完熟プランテン 4本(850g)
  • アルミニウム箔 5枚
  • 無塩マーガリン 大さじ3(45g)
  • すりおろした白チーズ 2カップ(300g)
  • 植物油 大さじ1/2 (8ml)

レシピ

  • プランテンの皮をむきますが、切らずに型に入れます。
  • オーブンを400℃に設定し、プランテンと型を入れる前に約5分間予熱します。
  • 油とマーガリンをプランテンに塗ります。プランテンの外側が美しい黄金になりますし、内側は柔らかくしっかりと調理される効果があります。
  • オーブンで35分間焼きますが、7分間隔でプランテンをひっくり返して綺麗に焼き色をつけます。

2. グリーンプランテンのトストーネ
トストーネ

トストーネとは、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、そしてブラジルなどの南米諸国で愛されているプランテンを揚げた料理です。緑のプランテン、植物性のオイル、そして塩を使ったユニークなレシピです。

トストーネは、肉や魚などのメインディッシュに、マッシュポテトやサラダと一緒に添えられる副菜です。

材料

  • 植物油 1カップ(110mL)
  • 緑のプランテン(大)2本(400 g)
  • 塩 大さじ2杯(30g)

レシピ

  • フライパンを中火にして、植物油を注ぎ入れます。
  • 緑のプランテンの皮をむきます。
  • プランテンをスライスします。
  • 油が熱くなったら、プランテンが茶色になるまで揚げます。
  • 油から取り出し、プランテンをできる限り平らにします。
  • 平らになったら低温にしたフライパンに再び投入して、2分間揚げます。
  • 皿に盛り付ける時に、塩を添えてください。
  • プランテンを触った手で衣服を触ると、衣服が汚れる恐れがあるので注意してください。

3. 甘い完熟プランテン

甘いプランテン

料理名の通り、甘くてとても美味しいプランテンのレシピです。完熟プランテンとブラウンシュガーの自然な甘さが絶妙で理想的な風味を生み出します。また赤ワインを加えることで味のコントラストを楽しむことができます。

材料

  • 完熟プランテン(大)4本(700 g)
  • ブラウンシュガー 1カップ(100 g)
  • 植物油 1/2カップ(60mL)
  • 赤ワイン 1カップ(110 mL)

レシピ

  • プランテンの皮をむいたら、幅約2cmのスライスに切ります。
  • しっかりと油で揚げます。
  • 耐熱ボウルにプランテンを入れます。
  • ブラウンシュガーとワインをプランテンに加えます。
  • 最後にすべてをフライパンに戻し、20分間調理します。

お楽しみください!!!

あなたへおすすめ