お家で本格派! 山ウズラのワイン煮込みレシピ

11月 7, 2019
山ウズラは世界中で食べられている鳥です。健康的で高タンパク、他のどの肉よりも低脂肪です。

いつもとちょっと違ったレシピをお探しなら、今日は山ウズラはいかがでしょう? ワインで煮込む山ウズラは、簡単ながら本格的な味の楽しめる素晴らしい料理です。このレシピはスペインのトレド発祥のもので、スペイン料理の典型的な要素が入っています。

ここでご紹介する手順に従って、いつもの食事とちょっと違った、本格的で健康的な料理を是非お楽しみください。

山ウズラのワイン煮込みの起源と特徴

スペインのトレドという町がこのレシピ発祥の地です。この町は、とりわけワインの生産で有名です。もしスペイン料理がお好きなら、このレシピがきっとお気に召すはずです!

動物性タンパク質を摂取することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。そもそも、白い肉はその他の動物の肉よりも低脂肪、という事実は広く知られています。もちろん、トリグリセリド、コレステロールといった面を見ても、他と比べて健康的です。

山ウズラとワイン、そしてその他の材料も、非常に栄養価が高く、お好みでその他の旬の材料を加えてももちろん大丈夫です。

こちらもお読みください:ヘルシーな鶏肉とマッシュルームのシェリー酒煮

山ウズラのワイン煮込みの作り方

山ウズラ
お好みで、その他の栄養価の高い材料を追加してくださっても構いません。

ちょっと待って! 調理を始める前に以下のことに注意。

毎日とにかく食べる、というのではなく、何を口にしているかを意識することが非常に重要です。食事の質を疎かにすると、病気のリスクが高くなります。結局は、悪い生活習慣の最初の被害者はあなた自身の体です。

病気にならないようにするには、より良い食事をとることから始めましょう。実行しやすい、簡単なコツを下記にご紹介します。

1.赤身の肉を控える

赤みの肉には多くのタンパク質が含まれていますが、飼育、選別、屠殺、流通の過程で、消費者の口に入るまでに品質を悪化させる物質が多く含まれすぎます。

ですので、週に一度だけに控えましょう。

こちらもご覧ください:鳥胸肉を使った2つの美味しいレシピ

2.オリーブオイルを使う

油でソテーする必要があるレシピに従う場合は、オリーブオイルを使用しましょう

オリーブオイルは、最も健康的で栄養価の高い油の1つです。また、高温時に酸化の影響を受けにくい油でもあります。

山ウズラのワイン煮込み

山ウズラのワイン煮込み
このレシピでは、鍋とオーブンを使用します。

材料

  • 皮を剥き、骨抜きした山ウズラ 約500 g
  • 小サイズのタマネギ 2個
  • 皮をむいたニンニク 2片
  • ローレルの葉 5枚
  • 黒胡椒 大さじ1
  • ジャガイモ 2、3個
  • 白ワイン 1カップ(250 ml)
  • 水 4カップ(1リットル)
  • ローズマリー 2枝分
  • コンソメスープ 1カップ(250 ml)
  • 塩 大さじ1(15 g)
  • 山ウズラの肝臓(ソース用)

作り方

  • まず、山ウズラを好みの大きさに切る。よく洗ってトレイに置いておく。
  • タマネギの皮をむいて、薄くスライスする。タマネギの皮はとっておく。
  • 山ウズラ、タマネギ、水を鍋に入れて火にかける。
  • ニンニク、ローレル、塩、黒胡椒を加える。
  • 白ワインを忘れずに加え、蓋をして30分間調理する
  • 30分が経過したら、煮詰まるまで弱火にする。水の量が約1/5になるまで調理する。
  • 山ウズラをボウルに入れ、コショウ、塩、その他お好みのハーブで味付けする。
  • 90ºCで40分間オーブンで調理する。
  • 山ウズラに完全に火が通ったら、ジャガイモで同じ手順を繰り返す。
  • オーブンを同じ温度と時間に設定し、皮を剥かずにジャガイモを中に入れる。
  • 数分経ったら取り出し、少し冷ましてから皮をむき、ジャガイモに野菜スープを加えて、滑らかなピューレ状になるまで潰す。
  • 終了したら、山ウズラの上にかけるソースを作る。ソースは、白ワイン、塩、コショウ、タマネギの皮、山ウズラの肝臓から作る。
  • 材料をソテーしたら、塩とコショウで味を整える。準備ができたら、ソースを温めて、山ウズラのワイン煮込みにかける。

さあ召し上がれ!