お腹の脂肪を減らそう!

5月 17, 2016
腹部の脂肪は単なる美的な問題だけではありません。それは心臓病、呼吸器系の問題、さらにある種の癌さえ引き起こすことがあります。

おなかの脂肪。見苦しく、やっかいで、そして… 危険です。歳をとるにつれ、より多くの脂肪がお腹周りに蓄積し、ジーンズやタイトな服を着る邪魔をします。 しかし真の問題は、自分の体のイメージではなく、むしろ健康にあります。

近年、心臓病や2型糖尿病と診断された女性の数が増加しています。 私たちのライフスタイルや食生活が腹部の脂肪を作る原因となっており、長期的に深刻な健康問題につながる可能性があると、心に留めておく必要があります。

今日の記事では、これらのリスクのいくつかについて話し、お腹の脂肪をなくすために毎日の目標を設定する方法をご紹介しましょう。

お腹周りの脂肪の危険性

栄養士によると、女性は40歳を過ぎた後、お腹により多くの脂肪がつき始める傾向があります。それは体が、例えば代謝が遅くなり燃焼する脂肪が少なくなるといった、わずかな変化を感じ始める時です。

また、エストロゲンの生産も低下し、年月が経つにつれ、これら少しずつの変化は、ほぼ確実に体重増加につながります。 しかし、最も危険な体重増加は、お腹の周りに蓄積する脂肪です。 皮膚の下の目に見える脂肪に加えて、内臓の周りに形成される「内臓脂肪」のようなものがあることを忘れないでください

これはあなたの健康へのリスクとなります。長期的な危険性は以下の通りです。

また、横隔膜と胸の下に蓄積された脂肪によって、息がしづらくなり、典型的な慢性の咳を引き起こすことに注意する必要があります。 それは肺を疲れさせ、呼吸困難は睡眠時無呼吸を誘発します。

また腹部の脂肪は、 乳癌や子宮癌といった特定の種類の疾患のリスクを高めることにも言及する必要があります。 お腹周りの脂肪は、あなたの生理の期間を変えることさえできるのです。これは、とても深刻な問題です。

お腹の脂肪が「多過ぎる」かどうか、どうやったら分かるのですか?

isha

自分のお腹に余分な脂肪が「あり過ぎるかどうか」、どうしたら分かるのでしょう?  ある日、体の変化に気づいて、服がきつくなるだけでなく、疲れやすくなったと感じたら、サインです。

お腹周りのサイズを測り、 ある限度を超えないようにすることも重要だと医者は警告しています。 そのサイズは:

  • 女性は、ウエスト35インチ(88.9cm)を超えないようにしましょう。
  • 男性の場合は40インチ(101.6cm)です 。

どのようにお腹の余分な脂肪を取り除くことができますか?

namayasai

ご存知かもしれませんが、どんなに頑張っても、ウエストラインの余分な脂肪をなくすことができない時があります。絶望し始め、お腹の脂肪は避けられないもので、永遠に一緒に生きなければならないと思い始めるかもしれません。

でも、あきらめないでください! やる気をなくさないでください。体重を減らす努力が実っていない場合は、医師や栄養士の助けを求めましょう。ここでは、日常生活の中で助けとなるかもしれない、いくつかの実用的なガイドラインをリストアップします。 勇気と楽観主義を持って、トライしてみましょう!

  • を断ち、料理に使わないでください
  • 毎日、水2リットルを飲みます
  • ソバやオート麦など、 全粒穀物や穀物を食べるようにしてください。 精製した白い小麦粉の代わりに、全粒小麦粉にしましょう。 全粒粉パンを選んでください。 大麦も非常にヘルシーであることを忘れないでください!
  • 砂糖の摂取量を制限し、パン屋を避け、加工食品や冷凍食品を買わないようにしましょう。台所にいる時間を増やし、様々な料理、新鮮なサラダ、蒸し野菜、サーモンを作りましょう。 赤肉の代わりに、七面鳥や鶏を食べましょう。
  • 毎朝空腹時に、レモン入りの暖かい水をコップ一杯飲みましょう
  • ランチや夕食の後、セージティーを飲んでください。これは消化を改善し、お腹の脂肪を減らす最良の方法です。毎月15日間連続で、一日二回飲みましょう。
  • 毎日半時間、早歩きで散歩しましょう。疲れてしまわない程度に、でも継続的に。毎日散歩することを忘れないでください!
  • 牛乳を飲むのをやめましょう。最高の乳製品は、消化を改善し、健康的な腸内細菌を促進する、無糖ギリシャ風ヨーグルトです。
  • 「少し」の量の食事を1日5回を食べ、食事を抜かないでください。体重を減らすために朝食や夕食を抜くのは逆効果であると保証します。代謝が遅くなり、身体は余分なエネルギーを蓄積します、脂肪の形で!

 

あなたへおすすめ