美味しくてやみつき!ベイクドポテトのレシピ

7月 26, 2019
ジャガイモは太るなどという悪評がありますが、ベイクドポテトは揚げるなどの他の調理法で食べるよりずっとヘルシーです。オーブンで焼いたジャガイモはホクホクで、とても美味しいですよ!

オーブンで焼くホクホクのベイクドポテトを食べたことがありますか? 自分で作ったことはありますか?

食材にもよりますが、ジャガイモなどはオーブンで焼いて調理することによって、栄養をほとんど失わず摂取することができるのです。今日は、美味しくてやみつきになるベイクドポテトのレシピをご紹介しましょう。

ベイクドポテトの利点

”ベイク”つまりオーブンで焼くと、食材の栄養のほとんどがそのまま残ります。つまり、より栄養を摂取でき、ヘルシーだと言えるのです。

ベイクドポテト  美味しくてやみつき!ベイクドポテトのレシピ

ベイクドポテトは凝った料理に思えますが、実はとても簡単。オーブンが調理してくれますし、後はフィリングを作って乗せるだけ。ジャガイモの栄養もしっかり取れますし、美味しくて簡単なんてまさに言うことなしですね。

 

こちらも合わせてどうぞ:ベイクドサーモンの野菜とベイクドポテト添え

 

美味しくてやみつき!ベイクドポテトのレシピ

スタッフドポテト

ジャガイモはカロリー、炭水化物、でんぷんが主に含まれています。そのためジャガイモはヘルシーではないなどという悪評もありますが、適量で、かつ適切な調理法で調理するのであれば、実はヘルシーな食材なのです。

ジャガイモはカリウムや亜鉛、リン、パントテン酸、リボフラビンなどが豊富です。これらは体が正しく機能するのに必要な物質です。また、余分な油を使わず正しい方法で調理し、適量を消費するのであれば、体重の増加にはつながりません。

ジャガイモは絶対太る、などと思い込む必要はないのです。正しい調理法であれば、害となる自然食材などないのです。どのような食材であれ、”適量”がポイントです。

 

こちらも合わせてどうぞ:ぜひ試したい!じゃがいもの皮を使った4つの自然療法

 

材料

  • アルミニウムホイル 4シート
  • ジャガイモ(中サイズ) 3個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 大さじ2
  • 新鮮なタイム 2枝
  • サワークリーム 2と1/2カップ
  • ベーコン 8切れ(ヘルシーにしたい方はターキーベーコンを選びましょう)
  • チャイブのみじん切り
  • ブルーチーズ 1カップ

作り方

  • まず最初に、オーブンを200℃に予熱します。
  • アルミニウムホイルを15cm×15cm程度に切ります。
  • ジャガイモをそれぞれのアルミニウムホイルに乗せます。
  • オリーブオイルをジャガイモの中央にかけます。塩とタイムをひとつまみ振りかけます。
  • アルミニウムホイルでジャガイモを包み、オーブンで30分火を通します。
  • 30分経ったら、フォークか竹串をジャガイモに指し、火が通っているか確認します。スッと刺さったら中まで火が通っています。まだの場合はオーブンに戻し、さらに10分ほど火を通しましょう。
  • フィリングの準備をします。オーブン皿の上にベーコンを並べ、オーブンで10分ほど焼いてカリカリにします。カリカリにできたら細かくしましょう。細かくしたカリカリベーコンとチャイブを混ぜ合わせます。
  • サワークリームと混ぜ合わせましょう。
  • ブルーチーズとこしょうを加えたら、フィリングの出来上がりです。
  • ジャガイモの中央にナイフで切りめを入れます。
  • 切り目を入れたところにサワークリームのフィリングを乗せます。
  • 熱々をお召し上がりください!

家族のお気に入りメニューとなるでしょう。