抜け毛を緩和する3つの自然療法

9月 25, 2019
抜け毛に悩む人が増えていますが、自然療法を活用して自宅で抜け毛を元に戻すことは可能なのでしょうか? 本記事では、お勧めの自然療法をご紹介します。

加齢とともに抜け毛が起こり、抜け毛の緩和や改善方法への関心も高まります。

加齢以外にも、過度のストレスにより、髪の密度、ボリューム、そして輝きなどが劇的に低下して髪が大きなダメージを受けることがあります。

さらに、髪の繊維にダメージを与える可能性のあるヘアケア製品の使用や、ヘアアイロンやドライヤーなどの使用も、髪の健康維持や抜け毛予防にはお勧めできません。

また、秋などの季節には髪が抜けることが多くありますが、季節の影響による抜け毛や一時的な抜け毛ではなくいつまでも続く場合は、抜け毛を効果的に緩和するのに役立つ自然療法を活用してください。

抜け毛の症状を緩和する自然療法

抜け毛に効果があると言われる製品を試したけれど、効果が全くなかった経験はありませんか?

市販品で効果が得られなかった方は、自然療法を試してみましょう。

頭皮を刺激するような強い成分を使わない自然療法こそ、あなたの頭皮が必要としているものかもしれません。

1. ローズマリー

抜け毛に役立つローズマリー

頭皮の血液循環を刺激して促進する効果のあるローズマリーは、抜け毛の改善に役立ちます。

抜け毛を防ぐためには以下の手順に従ってください。

  • ローズマリーの葉を鍋に入れてお茶を作ります。
  • お茶の準備ができたら、そのままにして適温まで冷ましてください。
  • ローズマリーを漉したら、出来上がった液体を使って頭皮をマッサージしましょう。
  • 最後に洗髪してください。
  • 週1回この方法でマッサージを行うことで効果が現れるでしょう。

こちらもご参考に:ローズマリーの効能と使い方

2. イラクサ

様々な研究から、イラクサが抜け毛に効果があるといわれています。

ストレスが原因で、頭皮に脂漏性皮膚炎を発症することがありますが、これは、炎症、かゆみ、そして抜け毛を引き起こします。

この場合の抜け毛には、イラクサがおすすめです。

使用方法をご紹介します。

  • イラクサ茶を作ります。
  • そのままにして抽出させたら漉します。
  • 出来上がったお茶を頭皮に塗ったら、優しくマッサージしてください。
  • 週2回適用してください。

注:イラクサの葉を扱うときは注意が必要です。人によってはイラクサの小さな毛が蕁麻疹などを引き起こす可能性があります。ただし、イラクサを水に入れて加熱すると、刺激などは消えます。

こちらもお試しください:抜け毛で悩む人の為のホームトリートメント

3. アロエベラ

抜け毛の緩和に役立つアロエベラ

頭皮に潤いを与え、髪のダメージを緩和して強化するアロエベラは、抜け毛にも役立ちます。

アロエを自宅で栽培すれば、アロエを様々な方法で最大限に活用することができます。

アロエは次のように使用してください。

  • アロエベラの葉を切り中のゲルを取り出します。
  • 頭皮にゲルを塗布します。
  • 頭皮マッサージをします。
  • 週1回行いましょう。
  • アロエベラをこのように直接塗りたくない場合は、スプーンでゲルを取り除き、容器に入れてからしっかり混ぜます。
  • その後頭皮に塗ってください。

抜け毛を緩和するのに役立つヒント

今回ご紹介した自然療法は、脱毛の症状を改善するのに役立ちますが、まずは医師に相談することが重要です。

脂漏性皮膚炎または脱毛症などを発症している場合などは特に、医師が最適な治療法を見つけてくれるでしょう。

今回の自然療法は、医師の指示による治療を補完するのに役立ちますが、必ず医師に相談して、医師からのアドバイスを優先事項としてください。

また自然療法の効果は緩やかに現れるため、継続して行うことが大切です。

抜け毛に悩んでいませんか?

本記事が抜け毛のお悩みを緩和し、皆様のお役に立てれば幸いです。

  • Alejandro, M., Alberto, M., Gama Campillo, L. M., & Mariaca Méndez, R. (2010). El uso de las plantas medicinales en las comunidades Maya-Chontales de Nacajuca, Tabasco, México. Polibotánica, (29), 213-262.
  • Avila-Sosa, R., Navarro-Cruz, A. R., Vera-López, O., Dávila-Márquez, R. M., Melgoza-Palma, N., & Meza-Pluma, R. (2011). Romero (Rosmarinus officinalis L.): una revisión de sus usos no culinarios. Ciencia y mar, 15(43), 23-36.
  • García Bacallao, Lourdes, Rojo Domínguez, Delia Mercedes, García Gómez, Luis Vicente, & Hernández Ángel, Maureen. (2002). Plantas con propiedades antiinflamatorias. Revista Cubana de Investigaciones Biomédicas, 21(3), 214-216. Recuperado en 24 de abril de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0864-03002002000300012&lng=es&tlng=es.
  • López Pupo, Natacha, Tablada Robinet, María Elena, Jacas García, Caridad, Jacas Portuondo, Ana Lucía, & Solano Pérez, Marhyan. (2018). Terapias tradicional y natural combinadas en pacientes con alopecia areata. MEDISAN, 22(6), 416-423. Recuperado en 24 de abril de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1029-30192018000600005&lng=es&tlng=es.
  • Romeu, C. R., Botta Ferret, E., & Díaz Finalé, Y. (2007). Caracterización fitoquímica del aceite esencial de romero (Rosmarinus officinalis L.) y evaluación in vitro de su actividad acaricida. Fitosanidad, 11(2).