脳低酸素症:種類と原因について

03 10月, 2020
脳の低酸素症は、脳が十分な酸素を受け取らないときに発生します。酸素の不足は、この重要な体内の臓器にとって非常に危険な状態です。今回の記事では、脳低酸素症が最も頻繁に発生する原因を説明します。

脳の低酸素症は、脳への酸素の流れが正常な量よりも少ないときに発生します。正常な酸素の流れが起こることで、私たちの身体の要件に従って脳が適切に機能します。

脳は、機能が停止してはならない器官であることを十分に理解する必要があります。脳のさまざまな部分が異なるタイミングで活発になり、人間の体内が正常に機能するのは、脳の機能に依存しています。

脳の一定の機能を行うため、脳は大量の酸素を消費します。さらに酸素は、首から血液を分配する動脈を通過します。したがって、血液が減少すると酸素も減少します。

酸素不足は脳に大きな影響を与えます。脳を構成する細胞は、酸素がない状態が約5分間続くと、死へのプロセスへと移行します。これは脳梗塞として知られている状態で、脳低酸素症の病相である可能性と関連性を示唆しています。

脳低酸素症の原因

脳低酸素症の原因はさまざまですが、中には、単に頭蓋骨領域に達する酸素量の減少が原因というケースもありますが、酸素に加えて血流が減少することもあります。

脳低酸素症の原因のいくつかをご紹介します:

  • 海抜が高い高地などでは、脳が機能するために利用できる酸素が減少します。これは、登山や登山などのスポーツの練習中に起こる高山病です。
  • 一酸化炭素はガス中毒の主な原因の一つです。一酸化炭素中毒が起こると、酸素は血中で行き場を失い、一酸化炭素に置き換えられます。その結果、全身の細胞は、代謝に使用できない要素を受け取ります。
  • 筋萎縮性側索硬化症などの一部の病変は、脳の呼吸中枢を攻撃し、呼吸筋を麻痺させます。呼吸メカニズムがうまく機能しないことで、酸素量が少なくなり、窒息のようなメカニズムが起こります。
  • 窒息は、犯罪的動機など故意に、または偶然に起こりますが、どちらの場合も脳低酸素症を引き起こします。首を締めたり、水中などの液体で溺れたり、火から煙を吸い込むのは、窒息が起こるさまざまな形態の一部です。
  • 動脈性低血圧は、血圧が低下しすぎ、特に心臓から最も遠い組織のすべての体組織を洗浄する機能が不十分になると発生します。脳はこの影響を受ける領域の1つです。
  • 通常の心臓のポンプ能力とペースを制限する心臓病は、脳低酸素症につながる可能性があります。心臓病は、心筋梗塞などの急性、または不整脈などの慢性である可能性があります。
  • 脳卒中は、血栓による大脳動脈の詰まりが原因で起こるか、脳の血管の一部が壊れて出血を引き起こすため、特定の領域で脳低酸素症を引き起こします。
脳低酸素症:種類と原因について
脳卒中と心臓発作の両方が脳低酸素症を引き起こす可能性があります。

続きを読む:今すぐやめよう! 大脳の健康を妨げる6つの敵

脳低酸素症の種類

影響を受けた脳領域に応じて、脳低酸素症を分類できます。いくつかの低酸素症の病相は、脳内の特定のポイントの細胞を傷つけるだけですが、通常の酸素の正常な流れが止まることもあります。

脳低酸素症の種類を次にご紹介します。

  • 局所性:この場合、脳低酸素症はすぐに起こります。古典的な例は、脳動脈を詰まらせる血餅に起因する発作です。
  • びまん性:これは、脳全体に均一に起こる脳の酸素の流れの減少であり、あまり深刻な症状は起こりません。脳細胞の機能は低下しますが、脳梗塞はめったに起こりません。
  • 全体性:酸素の減少は脳全体に影響を与えます。酸素の欠如は、脳細胞が死ぬほど顕著です。その後の症状は、影響を受けた脳の領域によって異なります。
  • 広範性:これは脳の低酸素症の最大の発現であり、同時に脳梗塞が広い領域で起こり、その後の回復と生命を危険にさらします。
脳低酸素症:種類と原因について ライトアップされた脳

発見:脳の健康が心配? 脳に悪影響を及ぼす6つの習慣

脳低酸素症の症状

脳の低酸素症の症状は、酸素不足が続く期間によって異なりますが、その兆候のいくつかには特徴があります。先に述べたように、数秒の低酸素症は後遺症や合併症は起こらないかもしれませんが、5分間続く場合は、脳卒中が起こります。

注意力の欠如、いくつかの記憶喪失、体の四肢の奇妙な感覚、脳低酸素症が起きた後にわずかに言語障害が起こる可能性があります。また、麻痺と同様に、動きが制限されることもあります。

酸素の流れがない状態が長く続くと、その後発作が起こり、意識が失われて失神し、昏睡状態になるもあります。この時点では、間違いなく緊急の処置が必要になります。これは、医療チームによる即時の生命維持措置を必要とするからです。

脳低酸素症が5分を超えると、心臓発作が起こります。 小さな心臓発作の場合は、その後のリハビリテーションにより回復につながる可能性がありますが、大きな心臓発作は脳全体の死を引き起こす可能性があります。

したがって、神経系での何らかの症状が起きた場合は、医師に相談する必要があります。 同様に、気を失う、すぐに反応しない、またはけいれんを起こした場合、迅速に対応できる救急医療サービスに連絡することが最も適切な措置です。

  • Flores-Compadre, José Luis, et al. “Hipoxia perinatal y su impacto en el neurodesarrollo.” Revista chilena de neuropsicología 8.1 (2013): 26-31.
  • Rodríguez-Boto, G., et al. “Conceptos básicos sobre la fisiopatología cerebral y la monitorización de la presión intracraneal.” Neurología 30.1 (2015): 16-22.
  • Sánchez Silva, Daniel José. “Protección Cerebral ante el Daño Neuronal.” Informe Médico 13.10 (2011).