脳塞栓症とその影響について

29 10月, 2020
脳塞栓症とは、体のどこかから脳に向かって塞栓が起こり、特定の神経細胞への血流が遮断されてしまうことを意味します。これは、深刻な結果をもたらす可能性がある緊急事態です。

脳塞栓症とは、脳梗塞の一種です。つまり、脳の一部への血流が遮断されてしまう脳梗塞です。残念ながら、非常に一般的な病態であり、緊急事態です。この記事では、知っておくべきことをすべてお伝えします。

脳塞栓症とは?

すでに述べたように、脳塞栓症とは、脳梗塞や脳卒中の一種です。これは、脳の血管の血流が途絶えることで、その血管が通う脳の部位に必要な血液が行き渡らなくなってしまうことを意味します。

組織が血液を受けられなくなると、酸素やその他の栄養素を運ぶのは血液ですから、組織にも酸素やその他の栄養素が行き渡りません。そうなると、組織の一部である細胞が機能を発揮しにくくなり、最終的には死滅してしまいます。

脳卒中の種類は原因によって異なります。したがって、脳塞栓症は、その名前が示すように、脳の血管に達する塞栓によって生成されます。

この塞栓は、細胞の塊や血液の粒子など、さまざまな物質で構成されています。塞栓は、その大きさのために、その中の1つに到達するまで血管の中を移動する途中で血管をブロックし、正常な血流を妨げるようになります。

脳塞栓症とは 血管
塞栓は、循環を介して脳に移動する血栓になることがあります。

脳塞栓症の原因と種類

塞栓は、さまざまな物質によって形成されることはお分かりいただけたかと思います。さて、血液塞栓の主な種類とその原因のいくつかは次のとおりです。

  • 血栓。正常な血液よりも密度の高い一貫性を獲得する血栓によって形成されます。その主な原因は心房細動であり、心臓への乱れた血流を引き起こし、血栓につながります。手術や事故の後、特に足を長時間固定していると、この状態になることがあります。
  • 空気。血液の通過を妨げる気泡。空気が血管内に入り込んだときに形成されます。たとえば、医療従事者が採血のために針を刺すときなどがこれにあたります。
  • 脂肪。大量の脂肪がコレステロールの形で血液中に蓄積されたときに発生します。

血栓と塞栓の違いを明確にするために、血栓は血管の壁から離れることなく、血管が形成された同じ場所に閉塞することに注意しましょう。しかし、塞栓は血管が閉塞するまで循環器系の中を移動します。したがって、血栓と塞栓の原因や種類は同じなのです。

体への影響や症状

脳は、体の中で最も血流の影響を受けやすい器官です。多くの細胞とニューロンで構成されており、常に多くの酸素を必要としているからです。ある部分の血流が途絶えると、脳の組織が萎縮し、数分で死滅してしまいます。

脳塞栓症の症状は突然現れます。また、数時間で徐々に症状が現れるケースもありますが、これは稀なケースです。

こちらもお読みください:血液凝固の仕組み

症状は、影響を受ける血管や、血液を運ぶ脳の部位や延長線によって異なります。脳塞栓症の代表的な症状としては、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 1つ以上の四肢または半身の感覚の鈍りまたは喪失
  • 急に話すことができなくなったり、理解できなくなったりする
  • 歩行時の無秩序な動き
  • めまい
  • 片目または両目の視力低下

診断と治療

脳塞栓症とその影響について
脳塞栓症の症状はすぐに現れ、画像検査で病態を診断できます。

脳塞栓症は緊急事態です。なぜなら、脳領域に血流が届かない状態が長く続けば続くほど、より多くの組織が死滅し、その結果はより深刻で不可逆的なものになるからです。そのため、このような状態になると、速やかに症状を認識し、救急隊を呼ぶ必要があります。

救急隊が呼ばれると、医療従事者が患者の状態を評価する役割を担います。必要に応じて、CTスキャンなどの検査を依頼して、脳卒中であることを確認し、種類別に分類します。

医師が脳虚血の種類を確定したら、その治療のスピードが重要になってきます。脳塞栓症には、塞栓を溶かす薬で治療する方法と、塞栓を取り除く手術で治療する方法があります。これは、塞栓の種類や場所によって判断します。このように、それぞれのケースに合った治療法を専門医が決めていきます。

こちらもお読みください:血流を良くする自然療法4つ

脳塞栓症は緊急事態

一般的に見られる病態であり、緊急事態です。したがって、症状と警告サインを認識したら救急隊に通報することが不可欠です。その後、プロにより従うべき最も適切な手順が決定されます。

脳卒中で失った機能をすべて回復できるとは限らないことを心に留めておく必要があります。この状態にはリハビリが必要で、その期間はそれぞれのケースによって異なります。

  • Cabrerizo-García JL, Zalba-Etayo B, Martín-Villen L. Embolismo gaseoso arterial cerebral y coronario. Vol. 138, Revista Medica de Chile. Sociedad Medica de Santiago; 2010. p. 1461–2.
  • Actualidades en prevención secundaria de infarto cerebral por fibrilación auricular [Internet]. [cited 2020 Apr 11]. Available from: https://www.medigraphic.com/cgi-bin/new/resumen.cgi?IDARTICULO=35550
  • Revista Medicina – Google Libros [Internet]. [cited 2020 Apr 11]. Available from: https://books.google.es/books?hl=es&lr=&id=jIHzwkqXDhIC&oi=fnd&pg=PA202&dq=embolia+cerebral&ots=d-dWbKWHhR&sig=i10vOCBY-DMUarKdv6H7ScHtxM8#v=onepage&q=embolia cerebral&f=false