脳を強くするためにできる4つのこと

11月 6, 2019
適切な方法で行えば、脳を強くすることは不可能ではありません。健康な生活を送る上で、脳の健康は欠かせません。詳しくは、今日の記事で見ていきましょう。

人間の脳は、赤ちゃんの時から年老いるまで常に変化し続け、常に何かを取り入れ続ける器官です。つまり、常に脳を刺激し続ければ、認知能力を改善し、新しいことを学び、記憶を改善することが可能なのです。ですが、脳を強くするには、日常的な習慣やエクササイズも関わってくるのです。

体の筋肉と脳はとてもよく似ている、というのが事実です。使わなかったり、定期的にエクササイズをしなければ、その機能が衰えてしまうのです。あなたの生活の質を改善できるかどうかは、あなた次第です。生活の質が上がれば、脳が強くなり、心を豊かにすることができるでしょう。

脳を強くするためにできる4つのこと

脳を強くするなら、以下の4つのことを心に留めておきましょう。大きな違いが現れるでしょう!

1. ストレスを減らす

瞑想をする女性 脳を強くする

脳を強くするための最初のステップは、ストレスを減らすことです。慢性的なストレスは、脳に良くない影響を与えるかもしれないということを示した研究結果はたくさん出ています。

ストレスを避けるのに良い方法の一つは、瞑想し、マインドフルネスを実践することです。1日20分で構いませんので、忙しい毎日を送っている方でも取り入れることができるでしょう。ヨガや呼吸法を学び、取り入れると良いでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:不眠症に効果のある3つの自然療法

 

2. 認知力をアップさせるエクササイズをする

脳の可塑性に栄養が与えらえると、精神が研ぎ澄まされます。これは、常に変化し続けるという私たちの脳の能力です。認知的なトレーニングやエクササイズをすることで脳の容量が狭まることはなく、むしろ改善されていくでしょう。

さらに、新しい言語を学んだり、学生に戻ったように何かの勉強を始めるのも良いですね。ボードゲームをするだけでも脳を刺激し、視覚と手の強調を刺激するでしょう。このような、頭、手、目を使うゲームは、考えや調整を効果的に促進するでしょう。

また、利き手と反対の手を使って書いてみる、難しい物を真似して描いてみる、行ったことのない場所に行ってみるなども脳に刺激を与えられるでしょう。

3. 十分な休息をとる

ベッドで休む女性

脳を強くするためには、休息を取ることが欠かせません。睡眠が足りていないと、脳の組織損失に影響を与えてしまうかもしれません。

人は眠っている間にその脳が修復や成長をします。さらに、強い心を持ちたい人にとって夢はとても重要な役割を果たします。それはお年寄りにとっても言えることです。歳を重ねるに連れてメラトニンが減少していくからです。これは睡眠を正常に保つ作用をする自然物質です。

 

こちらも合わせてどうぞ:安眠を促すメラトニンが豊富な9つの食べ物

 

 4. 心と体をいたわる

最後に、心のケアをしたいなら、まずは体のケアをしなくてはいけません。つまり、脳を強くしたいのであれば、まずは体を健康に保つ努力をすることです。

たとえば、散歩に行く、体に良い食べ物を食べる、お酒やタバコなどの悪習慣を断ち切るなどです。これらは全て脳の健康につながるでしょう。もちろん、中にはあなたにとって取り入れ辛いものもあるでしょう。ですが、あなたの脳はきっと喜ぶでしょう。

定期的にエクササイズをしている人や適切な栄養を十分にとっている人は、加齢と関連する認知的な病気を発症するリスクが低いことを示した研究結果があります。

脳を強くするには、良い習慣を取り入れ、だらだらした生活を避けることが欠かせないということを覚えておきましょう。様々な方法で脳を活性化させ、常に脳を使うことで脳は成長し、強くなるでしょう。

さあ、あなたも脳に栄養を与え、活性化させましょう!

  • Romero, R, Cueva, H, Barboza, L. La gimnasia cerebral como estrategia para el desarrollo de la creatividad en los estudiantes. Omnia [Internet]. 2014;20(3):80-91. Recuperado de: http://www.redalyc.org/articulo.oa?id=73737091006
  • T Ferris, Lee & S Williams, James & Shen, Chwan-Li. (2007). The Effect of Acute Exercise on Serum Brain-Derived Neurotrophic Factor Levels and Cognitive Function. Medicine and science in sports and exercise. 39. 728-34. 10.1249/mss.0b013e31802f04c7.
  • Velásquez Burgos, BM, Remolina de Cleves, N, Calle Márquez, MG. EL CEREBRO QUE APRENDE. Tabula Rasa [Internet]. 2009;(11):329-347. Recuperado de: http://www.redalyc.org/articulo.oa?id=39617332014