脳に栄養を与える5つの朝食

· 11月 20, 2015
朝食に卵を一つ食べることにより、体にタンパク質を提供することができ、これは脳に栄養がいくのを助け、より長く満足感を感じることができます。

「朝食は一日のうちで一番重要な食事である」と聞いたことはありませんか?

健康的でバランスの良い朝食を摂ることで代謝を促進し、健康的な体を作り、脳に栄養を与えます。

もちろん、ここでいう朝食とは、バランスのよい健康的な朝食のことであり、ボールにいっぱいの砂糖がかったシリアルや脂質や精製された小麦粉が大量に添加された菓子パンなどではありません、

現在では、伝統的な和食スタイルの朝食などが、朝の忙しさを理由に家庭から姿を消しつつあります。

しかしバランスのよい朝食を食べると、心身にエネルギーが補給され、活力がみなぎり動きが機敏になり、1日を通じて元気に、そして心おだやかに過ごすことができます。

健康的な朝食の秘密の一つが、タンパク質と精製していない穀類です。

本記事では、一日を始めるのに最適ないくつかの食品に注目しながら、脳に栄養を与える5つの朝食を紹介します。

こちらもご参考に:朝食にオススメの健康的な食品

オートミール

就寝中、私たちは基本的に、断食をしているのと同じような状態です。

英語の朝食は「Breakfast」という単語ですが、これは「BreakFast(断食を破る)」という意味が由来となっています。

つまり私たち人間の起床時の脳は、新鮮な糖分であるブドウ糖を必要とします。

しかし、精製された白砂糖などが多い朝食を食べると、血糖値が急上昇する結果となります。

逆に全粒粉オートミール(もしくは他のすべての全粒粉)は、体内にゆっくりと吸収されます。

その結果、血糖値が急上昇するかわりに、ゆっくりと穏やかに上昇します。

研究によると、オートミールを朝食に食べる子供達は、砂糖を用いたシリアルを食べる子供達よりも試験において20%高い点数をとったことが示されました。

これは、血糖値が記憶と集中力に影響を与えるという理論を裏付けします。

たまご2

多くの国で、卵が伝統的に朝食のおかずとして選ばれてきましたが、これは最良の選択です。

たまごを朝食に食べることは、単に体重のコントロールを助けるだけではなく、血糖値を維持し、精神状態を健康に保つのに役立ちます。

卵白は質の良いタンパク質なので、体内で容易に吸収されます。

さらに、心身の健康バランスを保つビタミン類、ミネラル類も豊富に含んでいます。

ピーナッツバターをのせた全粒粉トースト

美味しいというだけではなく、エネルギーがみなぎる朝食メニューです。

ピーナッツバターにはタンパク質をが豊富に含まれているため、満腹感が持続し、全粒粉のトーストを食べることで午前中を通じて、体内の血糖値を正常に保つ効果が期待できます。

さらに、このトーストの上にバナナの薄切りを載せると、脳に酸素を送り込み、ストレスを解消するのに役立つビタミン類を体内に供給する効果があります。加えることもできます。

ギリシャヨーグルト

ヨーグルト

ギリシャヨーグルトは、世界中で人気が出ているヨーグルトです。

一般的なヨーグルトに比べ2倍ほどのタンパク質を含むだけでなく、より濃厚でクリーミーな風味が特徴的です。

このヨーグルトに含まれるタンパク質は満腹感を感じさせることに加えて、炭水化物の含有量が低いため、ドーナツや菓子パンに含まれる炭水化物のような、1日の終わりの血糖値の低下を引き起こすことはありません。

このような、1日の終わりに訪れる血糖値の低下は、精神面の不安定さの原因となるリスクがあるため注意が必要です。

ギリシャヨーグルトに少量のフルーツやアーモンドを加えると、健康的な脂肪を加えることができ、より多くのエネルギーを得ることができます。

こちらもご参考に:ギリシャヨーグルトとその効能について学ぼう!

朝食のための夕食

これまで夕食のために食べてきたものを、朝食に置き換えてはいかがでしょうか?

毎日同じ朝食を食べることに飽きているなら、夕食を朝食べることで単調さを破ります。

ベイクドポテトにギリシャヨーグルトやあさつきをまぶしたものや、全粒粉のクルトンや少量のパンをのせた健康的な野菜スープなら、朝食にぴったりです。

創造力を駆使して、一日中気持ちよく過ごせるための栄養のある食事を作り出しましょう!