乗り物酔い:なぜ起こるのでしょうか?

乗り物酔いが起こると、自律神経の興奮、冷や汗、嘔吐などが起こる可能性があります。乗り物酔いについて、本記事でより深く学びましょう。
乗り物酔い:なぜ起こるのでしょうか?

最後の更新: 24 7月, 2020

休暇、旅行、そして週末のお出かけは楽しいものですが、乗り物酔いする人は外出せずに家にいるほうがいいとか、テレポートして移動したいと考えるでしょう。周知のとおり、乗り物酔いは非常によくあることです。

これは誰にでも起こり得ることですが、一部の人は他の人に比べてより多くの素因があります。 3歳から12歳までの子供、不安感に悩む人、そして妊婦は、乗り物酔いが起こる可能性が最も高い人たちですが、なぜ乗り物酔いが起こるのか知っていますか?

この記事では、乗り物酔いについて知っておく必要のあるすべてのことと、乗り物酔いへの対処法について説明します。これで、自分の目指す休暇を楽しむことができるかもしれませんね!

なぜ乗り物酔いが起こるのですか?

乗り物酔いが起こる理由を理解するには、まずバランスシステムがどのように機能するかを簡単に説明する必要があります。

脳は安定性を維持するために、耳の内側にあるバランス受容器を使って身体の位置を知ります。さらに、感覚や筋骨格系からも情報が提供されます。

視力、筋肉、そして腱の受容体からの情報は、脳に到達したときに一致する必要があります。これは通常、自発的に歩いたり運動するときに発生します。

ただし、動いている車中や不安定に動いている乗り物の中で、携帯電話などの定点を見ていると、これらの2つの情報源から脳に届く情報が一致しません。つまり、脳はそれぞれの感覚から異なる情報を受け取ります。体が車の動きを体験している間、視力は静止していることを脳に伝えます

乗り物酔い:なぜ起こるのでしょうか? 安全運転をする男性

こちらの記事もご参考に:嘔吐、吐き気を止める7つの自然療法

乗り物酔いの症状

この状況において、バランス感覚の刺激が高まります。この臓器は中耳にありますが、過活動になるとめまいの症状が現れます。

  • 乗り物に酔った人は、青ざめ、冷や汗を流すことが多いでしょう。
  • 神経が興奮して吐き気を感じる傾向があります。
  • 乗り物酔いが起こると、最後に嘔吐するのが一般的です。

乗り物酔いを予防する方法

前述したように、携帯電話などの定点を見ていると、実際には動いているにもかかわらず、目が動いていないと解釈するという状態になります。この動きは、人間の体に依存しない車からの受動的なものですが、その代わりに車によって動きが異なります。

路面がでこぼこであるか不均一である場合は、さらに乗り物酔いがよく起こる傾向があります。実際、曲がり角が多い場合や、車の速度が非常に速い場合は、乗り物酔いが悪化する傾向にあるため、運転方法に注意することが最善の予防策の一つです。

ドライバーは急ブレーキをかけず、もちろん速度を制御して、スムーズに運転する必要があります。同様に、加速も避けるべきでしょう。運転している人は、特に山岳地帯の道路を走行する場合、多くの注意を払わなければなりません。

乗り物酔いする人は、後部座席の真ん中が理想的な場所です。それは、この席からは風景を見て、車の動きを認知することができるからです。症状が現れ始めたら、窓を開けて目を閉じ、リラックスするのが一番の方法です。

乗り物酔い:なぜ起こるのでしょうか? 運転する女性

さらに専門家は、車を十分に換気し、約21~23度の適切な室温を保つことを推奨しています。旅行前の過食は避けるべきですが、水分を多く取り、何か軽いものを食べてください。さらに、頻繁に休憩を取り、新鮮な空気を吸ってリラックスすることも必要不可欠です。

すべての方法を試しても、乗り物酔いが起きて快適に旅行できない場合は、医師の診察を受けてください。乗り物酔いの症状を軽減するのに役立つ薬があります。たとえば、ジメンヒドリナートなどの抗ヒスタミン薬などです。

また、ショウガやチューインガムなどの自然療法を旅行中に試す人もいます。また、乗り物酔いを軽減するための弾性のあるブレスレットも販売されています。

結論

乗り物酔いが頻繁に起こる人は、この記事でご紹介したアドバイスに従ってください。また、吐き気や嘔吐などの症状が起こる場合に備えて、必ずビニール袋を用意しましょう。同様に、旅行の移動中に寝ることができるように、夜間の移動を試す方法もあります。

こちらの記事もおすすめです。
良性発作性頭位めまい症とは
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
良性発作性頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症とは内耳のトラブルです。突然発症し短時間めまいが続きます。このめまいは、頭を動かすなどで起こり、眼球振とうを伴うことが多いでしょう。良性発作性頭位めまい症は、最もよくあるめまいの一つです。頭の内側、外側すべてがぐるぐると回っているような気になるでしょう。