人気のあるアスパラガスのクリームスープレシピ

· 6月 11, 2019
濃厚なアスパラガスクリームスープを飲みたいのであれば、今回ご紹介する2つのレシピを試して下さい。

アスパラガスは、何千年も前のギリシャやエジプトでは神々に捧げられてきた食材として知られています。ヨーロッパ全土にアスパラガスを紹介したローマ人のおかげで、アスパラガスは多くの地域に広まりました。時とともにアスパラは様々な料理法で一般の人にも食べられるようになり、そして現在では、アスパラガスのクリームスープのように、たくさんの種類のアスパラガス料理が食べられるようになったのです。

世界の主なアスパラガスの生産地はドイツ、イタリア、そしてフランスです。これらの国々は最も消費量が多く、ベルギー、スペイン、ポルトガル、トルコがそれに続いています。このように多くの国でアスパラガスが食べられており、その分だけスープの種類もあり、どれも多くの人に愛されています。

この記事では、その中でも特においしいレシピについてご紹介します。

アスパラガスは身体を健康に保つ様々な栄養素を含んでいることを忘れないでください。

まず第一に、ビタミンA、C、E、K、葉酸、カリウム、微量元素、繊維、抗酸化物質が豊富です。これらの栄養素は、利尿作用(体が毒素を放出するのを助けます)やアンチエイジング作用(フリーラジカルと闘う)があります。

また、アスパラガスを定期的に食べることは循環系に良いとされています。

こちらもご参考に:
アスパラを食べるべき6つの理由とオススメ調理方法

アスパラガスの定番クリームスープ

次のレシピは、最も一般的なアスパラガスのクリームスープです。うれしいことに、多くの食材や特別な調理テクニックを必要としません。

以下のレシピは2人分です。

材料

  • 玉ねぎ
  • ポテト½
  • オリーブオイル
  • ヘビークリーム
  • グリーンアスパラガス1束(325 g)
  • チキンまたは野菜スープ2カップ(500ml)
  • 調味料:塩とコショウ
  • オプション:ネギ1本
アスパラ 人気のあるアスパラガスのクリームスープレシピ

作り方

  1. アスパラガスの茎を洗って切り、残りのアスパラガスを中くらいの大きさに切る。
  2. フライパンで、玉ねぎとじゃがいもをオリーブオイルで炒める。炒めたら火からおろし置いておく。
  3. 鍋に、少しオリーブオイルをいれチキンスープを煮る。スープが沸騰したら、アスパラガスを入れる。中火で数分間煮る。
  4. 火を止め、玉ねぎとじゃがいもを入れて、均質になるまですべての材料を混ぜ合わせる。
  5. 味付けして中火で15分間煮込む。
  6. 15分経過したら、スープに少量のクリームを加えて、数分間置いておき、すべてをよく混ぜる。
  7. お好みの飾りつけをし、熱いうちに皿に盛る。

ご存知でしたか?:
アスパラガスの持つ8つの素晴らしい効能

アスパラガスのセミスイートクリームスープ

アスパラスープ

材料

  • ニンニク2クローブ
  • 新鮮なバジル
  • オリーブオイル
  • ネギ2本
  • ズッキーニ2本
  • 玉ねぎ1個
  • 大きいりんご2個
  • 調味料:塩とシナモン
  • グリーンアスパラガスの束
  • オプション:ブラウンシュガー小さじ1杯(5 g)

材料

  1. ニンニクの皮をむいて(できるだけ多く)細かく切る。タマネギ、ズッキーニ、ネギも同様に細かく切る。
  2. 前のレシピのように、アスパラガスの茎を切り、捨てる。残りの部分を中くらいの大きさに切る。
  3. リンゴの皮をむいて切る。少量の水とシナモンを入れた鍋で柔らかくします。りんごがコンポートにならないように気をつけてください。
  4. フライパンを少量のオリーブオイルで加熱し、玉ねぎとにんにくを炒める。準備ができたら、ネギ、アスパラガス、ズッキーニを加える。
  5. りんごとシナモンを入れて材料を鍋に入れる。少量の水を加え(すべての材料が覆われるくらいまで)、約15分間煮る。15分経ったら、火を止めて置いておく。
  6. 最後に、調味料とすべての材料を混ぜる。バジルを加えて熱いうちに皿にいれる。

アスパラガスのクリームスープは前菜または軽い夕食として楽しむことができる料理です。あなたの好みのレシピを試してみてください。レシピを完璧に再現できるように調理時間と加熱時間に注意してください。

今回ご紹介したレシピを試してみて、自分の好みにアレンジしても良いでしょう!