眠りを誘ってくれる8種類のお茶

12月 21, 2017
夜眠れない時にここで紹介するようなお茶を飲むのは大変効果的です。薬品など依存性のあるものが含まれていないので非常におすすめです

既に不眠症の方は、きっとハーブティーの効果も聞いたことがあるでしょう。

温かくても冷たくしても飲む事ができ、葉、花、時には根など植物の様々な部分から作られます。今私達の生きる、忙しい現代社会は、私達の体に大きな影響を与えています。その1つが不眠症です。

就寝前に携帯の電源を切らず、タブレットなどでソーシャルメディアやニュースを読むなど、24時間「繋がっている状態」を続けると脳が過度に機能してしまいます。

この事で、不安感が増したりストレスが増えたりする事もあります。お茶は不安感を抑え、体をリラックスさせてくれます。

脳が必要としている休息を取るのに非常に効果的なのです。

 

就寝を助けるお茶の飲み方

寒い地域に住む人の中には、温かいお茶を日中から飲む習慣がある人もいる事でしょう。お茶のリラックス効果を得る為には少しの量を就寝前に飲む事をおすすめします。

店頭では、様々な種類の既にすぐお茶にできるような商品がたくさん売られています。

できるだけ自然なものを飲む事をおすすめします。家で育てる植物でハーブティーを作ることもできます。

睡眠を助けるハーブティーを作るのはとっても簡単。

  1. まず250mlの湯を沸かします。
  2. お好きなハーブに湯を入れます。
  3. 10分したら、火を止めて2分ほどおきます。
  • はちみつを入れて甘くしても良いでしょう。
  • ゆっくりと少しずつ飲むようにしてください。

寝る前に飲むと良いお茶

1種類のハーブをお茶にして飲む事が一般的ですが、いくつかのハーブを合わせるとリラックス効果を増加させることができます。

1、カモミールとリンデン茶

カモミールティー

消化不良のせいで不眠症になっている時は、この2つのハーブの組み合わせがぴったりです。

リンデンには天然の鎮静作用があり、リラックスをしたい時、体の緊張をほぐしたい時におすすめです。

カモミールはお腹の調子が悪い時に、その不調を和らげる効果と、消化を助ける効果があります。その他にも、抗炎症効果、抗バクテリア、そして鎮静作用も持ち合わせています。

2、レモンバームティー

メリッサとも呼ばれるレモンバームは、酸味のある香りがします。花と葉をお茶にして飲む事で、深い眠りにつく助けをしてくれます。

レモンバームは、気持ちを落ち着かせてくれる効果や鎮痙効果もあるのでアロマセラピーにもよく使われます。

3、ミントティー

ミントティー

ミントには、強い心地の良い香りがあるため、アロマセラピーによく使われます。また、ストレスや不安症を和らげるために使用する事も推奨されています。

さらに、抗炎症効果と鎮静効果もあるので、質の高い眠りを誘うのに効果的です。

4、パッションフラワーとバレリアン

不眠症の中には、断続的な眠りと言うものがあり、この途切れ途切れ眠りが悪夢の原因になったり、夜中に目が覚めて心配事を考え出し、ゆっくりと休む事が出来なくなってしまいます。

断続的な眠りには、パッションフラワーとバレリアンが効果的です。

5、年配の方におすすめのお茶

レモンの入ったハーブティー

年配の方で、質の良い十分な睡眠が取れていないという方へおすすめのお茶です。

材料

  • 水 500ml
  • バレリアンの葉 大匙1杯
  • バレリアンの根 大匙1杯
  • ローズマリー 大匙2分の1杯
  • レモンバーム 大匙1杯
  • はちみつ 大匙1杯

作り方

  • 全てのハーブを混ぜたところに、水を入れてください。
  • 時々混ぜながら12時間置きます。
  • 12時間後、お茶を濾して飲む前にはちみつを加えてください。就寝15分前に飲む事をおすすめします。

今回ご紹介したお茶は体から毒素を出す手助けをしてくれるのと共に、鎮静効果があるので、不眠症を引き起こす緊張感を和らげてくれます。

依存性のある市販の睡眠薬やそのほかの薬の代わりに最適です。

是非、これらのお茶を飲んで不眠症を解消してください。

 

 

 

あなたへおすすめ