長生きするための9つの習慣

9月 30, 2015
定期的に運動している人は、4年も寿命を延ばせるということをご存じですか? 運動を習慣化させると、心肺機能が向上し、憂鬱な気分も晴れてくるのです。

悪い生活習慣は寿命を短くし、様々な病気を引き起こします。一方で、健康的な生活習慣を送れば寿命は延び、人生は豊かになるでしょう。人生は1回きり、体は1つしかないということを肝に銘じましょう。自分自身の健康を気遣い、より良いライフスタイルを維持することが大切です。そうすることで、長い年月を充実して過ごすことができるのです。

食べ過ぎないこと

専門家は1日を通して、少量に分けて食事をすることを推奨しています。1日5回から6回に分けて食事をするのが理想的です。健康的な生活を送り、適正体重を維持するためには、食べ過ぎを防ぐことがポイントとなります。食べる時間が来る前にお腹が空くことのないよう、十分な量があるか確認しながら食事を用意しましょう。

セックスをもっと楽しむ

バラ

健康を維持し、長生きするためには積極的にセックスをすることもポイントとなります。セックスは、自尊心を高め、良質なホルモンを分泌し、カロリーを消費しながら、血圧を下げる効果があるのです。また、呼吸器官を丈夫にし、睡眠の質を高め、心臓を危険から保護してくれる効果もあります。専門家は、週に3回以上はセックスを楽しむことを推奨しています。

日差しを浴びすぎないこと

紫外線を過度に浴びてしまうと、肌の老化は早まります。また、日焼けや炎症、皮膚がんを引き起す原因となってしまいます。日の光を浴びることは大切なことですが、生活の質を落とさないよう、過剰なまでに浴びることは避けましょう。常に、顔や体に日焼け止めを塗ることをお奨めします。

社会との繋がりを持つ

ハッピネス

いつも家族や友人が傍にいるという方は、心臓病のリスクが低いということが様々な調査によってわかっています。孤独に過ごすことは、鬱や不安、ストレス、高コレステロール、その他の病を引き起こす要因となるのです。家族や 友人と時間を共有すると、体に良い影響がありますし、幸福感を感じさせてくれるのです。

1日に1杯のワインを飲む

アルコールの摂取は、体には良くないと言われているのにも関わらず、1日に1杯の赤ワインを飲むことは健康に良いということが、専門家により発表されています。心臓発作と糖尿病を防ぐ効果もあるのだそうです。

フルーツと野菜を摂る

フルーツ

習慣的にフルーツと野菜を摂取することは、より充実した人生を長く送るためには必要不可欠なものです。フルーツと野菜には、ビタミンやミネラル、そして抗酸化成分、他にも様々な栄養素が豊富に含まれています。その栄養素は、体重を適正にコントロールするだけではなく、病気を防ぎ、病気を治癒する効果があります。また、体の中をデトックスする作用や、健康を維持し、お肌を若々しく保つ効果があるのです。

運動

健康的な生活を送り、理想的なプロポーションを保つためには、運動が1番有効です。もちろん専門家もそう述べています。調査によると、スポーツをすることによって4年も寿命を延ばすことが出来るということがわかったのです。また、心臓や肺の機能を向上させ、憂鬱な気分を晴らしてくれる効果もあるそうです。最低でも1日30分は、スポーツか運動を行うことが推奨されています。 

タバコを吸わない

喫煙

喫煙することは、人間が行う最も悪い習慣の一つです。タバコを吸っていると、寿命が短くなるだけではなく、人生の質が低下してしまうのです。世界中で最も多い死因の一つとされているのが、この喫煙の習慣です。喫煙は、肺がんや呼吸器の病を引き起こす恐れがあります。禁煙することは難しいことですが、決して不可能ではありません。たった1日止めただけでも、体は健康を取り戻すために機能し始めるので、効果はあるのです。

ストレスを減らす

私たちは日常的に一定量のストレスを受け続けています。ストレスを受けることが普通になってきている中、専門家はストレスから引き起こされる問題についてもっと意識するようにと提起しています。ある調査によると、ストレスは、精神や情緒、肉体にまで悪影響を与えるということがわかっています。 自分が直面している状況についていつまでも考えるのではなく、ストレスを減らし、前向きな態度でいられるように努力しましょう。もしそれが出来ない場合でも、他に様々な方法でストレスを減らすことは出来ます。

あなたへおすすめ