元恋人のことを考えるのをやめたい!

元カレや元カノに執着することは、大きな苦しみをもたらすだけでなく、自分の人生が立ち行かないまま、前に進むことを妨げることになります。どうやったら元恋人のことを考えるのを止められるか、この記事でご説明します。
元恋人のことを考えるのをやめたい!

最後の更新: 16 7月, 2021

どんな人も、人生のどこかのタイミングで別れを経験していることでしょう。別れの時は、まるで世界全体が自分に覆いかぶさってくるような感覚に陥ります。恋愛関係を終わらせることによる感情的な影響は多大なもので、避けらない痛みです。しかし、人によっては、別れという悲嘆のプロセスに適切に対処できず、元恋人へ執着してしまったりと、有害な行動につながってしまうことがあります。

元恋人がいなくなった今、別れた相手のことを考えるのがやめられないというのは、比較的よくあることです。思い出に囚われ、元カレや元カノのSNSを常にチェックしたり、関係を修復したいと思って元恋人を探したりしてしまう人はたくさんいます。

上記の状況はいずれも自尊心を傷つけ、前進することを妨げます。しかし、時には、どうしようもない衝動に駆られることがありますよね。なぜそうなってしまうのかを理解し、コツを掴めば、この悪循環から抜け出すことができます。

元恋人への執着はなぜ起こるのか

元カレや元カノへの執着は、恋愛関係が終わったばかりの人によく見られる現象です。意志の強さの問題ではありません。実際には、物理的、心理的に強力な原因があり、それによってこのような現象が起こるのです。

恋をすると、脳内ではドーパミン、セロトニン、オキシトシンなどの物質が分泌されます。これらは神経の報酬回路を活性化させ、多幸感や充実感といった心地よい感情を生み出します。

失恋すると、このホルモンの分泌が止まり、一種の禁断症状が発生します。また、コルチゾール(ストレスホルモン)が体内を流れ始め、自覚的な不快感や体調不良を引き起こすこともあります。体が以前のレベルの神経伝達物質を求め、元恋人との接触を求めるようになることは容易に理解できるでしょう。

一方で、恋愛の終わりは、共有していた思い出や期待、将来の計画の破壊をも意味します。「誰かのパートナーとしての役割」が自分のアイデンティティに密接に関連していた場合、別れをきっかけに自分自身を再構築する必要が出てきます。このような状況は怖くプレッシャーのあるものなので、脳は自然と精神的な安心感を取り戻そうとします。

元恋人
元恋人のことばかり考えてしまうのは、ある程度は仕方のないことです。しかし、それが限度を超えてしまうと、悪影響が目立ってきます。

元恋人への執着を止める方法

上記のような状態になると、悲しみに伴うネガティブで不快な感情に取り憑かれてしまいます。しかし、対処法はしっかりあります。

元カレや元カノへの執着をやめることは、決断と規律の問題でもあります。そのためには、以下のガイドラインがとても役に立ちます。

現実を受け入れる

悲しみの第一段階は、通常、「否定」です。しかし、この状態を長く続けず、関係が終わったことを受け入れることが大切です。「ただの口論だった」「解決策がある」「相手が戻ってくる」などと考え続けることは、自分を罠にはめ、縛り続けることになります。

連絡を絶つ

別れて間もない頃なら、元パートナーがどうしているか知りたくて、連絡を取りたいと思うのは普通のことです。しかし、少なくとも最初の数ヶ月間は、連絡を一切取らないことが重要です。

その人に会ったり、話したり、一切の接触をしないようにしてください。写真や昔のチャットを見たり、ネットで相手の動向をチェックしたりしないように気をつけてください。

その人がいないことに脳を慣れさせるのです。その人の物理的または象徴的な存在を求め続ければ、これまでの脳内分泌を維持し、強化し続けることになります。以前の恋愛関係が生み出したホルモンの流れから、自分自身が抜け出せるようにしましょう。

起きたことに新たな意味を与える

多くの場合、元恋人に執着するのは、投資した時間、エネルギー、幻想が無駄になったことを受け入れるのが非常に大変だからです。誰でも自分が失敗したと感じたくないものです。

だからこそ、起こったことの受け止め方を変え、経験が人生を豊かにしてくれることを忘れないようにすることが大切なのです。ですから、たとえ関係が終わったとしても、すべてに意味があるのです。

元恋人のことを考える やめたい
別れた恋人のSNSを常にチェックするのは、執着のサインの1つです。

自分にフォーカスする

最後に、自分自身に焦点を当ててみましょう。最も健康的なのは、人生における恋愛以外の分野も全て大切にし、慈しみ続けることです。これは、相手がいる時だって同じです。しかし、これがうまくいかないことが多く、お互いに集中しすぎてしまう傾向があります。

自分のことを考えられなくなると、空虚感に襲われ、どうすればよいかわからなくなります。一番の方法は、自分のために時間と注意を割くことです。自分とのつながりを取り戻し、自分と自分の目標を大切にしましょう。

元恋人への執着を止める努力は価値がある

元カレや元カノへの執着を防ぐのは簡単ではありません。特に、自尊心が低い場合や、感情的に依存した関係にあった場合はなおさらです。しかし、心の健康のためには、自分で決断し、それを維持していかなければなりません。

あなたが別れることなくずっと一緒にいられるのは、間違いなくあなた自身だけです。ですから、自分の健康を優先し、自分自身に働きかけることにエネルギーと資源を集中させましょう。相手と過ごした時間に感謝し、寛容になり、来るべき新しい経験や機会に心を開いてください。

こちらの記事もおすすめです。
恋人との別れの後に自分を愛する心と自信を取り戻す方法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
恋人との別れの後に自分を愛する心と自信を取り戻す方法

どのような人間関係でも、それを終わらせるのはとても辛いことです。そして別れは、私たちの自尊心に深刻な影響を与える可能性があります。別れに直面した時、どのように対処して克服するのかを理解することが大切です。今回は自分を愛する心と自信を取り戻す方法について学びましょう。



  • Anguita Corbo, A. (2017). Propuesta de intervención para la dependencia emocional: superación de la dependencia tras la ruptura de la pareja (Master’s thesis).
  • Rangel, H. LA QUÍMICA DEL AMOR. Memorias Arbitradas de las IV Jornadas Científicas del Departamento de Ciencias Naturales, 15.
  • Burunat, E. (2016). AMOR: inicio y fin en el cerebro. RIDPSICLO1(1), 40.
  • Sandoval Rodríguez, A. L. La pérdida experimentada tras la finalización de una relación de pareja en el marco del enfoque sistémico.