水の正しい飲み方を学ぶ

· 4月 12, 2016
一日に推奨される水の量は、1.5〜2リットルです。もし水を6~8杯飲むのが難しれければ、レモン汁を入れたり、フレーバーウォーターを試してみましょう。

身体をきれいにして健康を維持するためには、水をたくさん飲まなければいけないと常に言われますが、あなたはその正しいやり方を知っていますか?飲む量は重要ですが、また適切なタイミングで水を飲むことを学ばなければなりません。

この記事では、水を飲むのに最も有益な方法と、それがどのように健康上の問題の助けになるかをご説明します。

水の重要性

は私たちの体液(尿、汗、消化液、唾液、涙など)の基本構造ですが、 体の細胞もまた、正常に機能するために水を必要とします水を飲むことも重要ですが、食べ物、特に果物や野菜からも水を得られます。

どのような種類の水を飲むべき?

もし水道水が良質であれば、それが最も健康的で経済的、そして環境にやさしいオプションです。しかし水源や水道管を経た後の水の品質が共に高いことを確認してください。

ボトル入りの水は、それが高品質である限り、良い代替品です。最後に、浸透性または他の種類のフィルターも選択肢となります。変な味や臭いがあってはいけません。mizu2

 

どのくらい飲むべき?

一般的には、1日当たりの水の推奨摂取量は 1.5〜2リットル、またはコップ約6〜8杯です。もし以下の助言に従うなら、この目標の達成は難しくありません。

しかしまた、特定の状況や条件を考慮する必要があります。 例えば夏に比べると冬は必要な水の量が少なく、座りがちな生活に対し、定期的に運動する場合は、より多くの水が必要です。

徐々に飲む水の量を増やすことから始めましょう。1日8杯になるまで、2〜3日毎にコップ半分の量を増やします。これを行うことで、全体的な体の状態の変化に気づき始めるでしょう。より多くのエネルギーを感じたり、肌の状態の改善に気づくかもしれません。より多くの汗をかき始める可能性もあります。なぜなら、水があなたの体に、より効率的に毒素を排除して体をきれいにし、よりエネルギッシュになる力を与えているからです。

午前中に水を飲む

mizu3

水を飲むのに最適な時間は空腹時です。ゆっくりと飲み、ひどい空腹に悩まされない限り、朝食前に水4杯まで飲んでも大丈夫です。朝に飲む量を徐々に増やし、最終的には、体が水を切望するように感じるでしょう。

この単純なヒントは、すべての内臓が機能し始めるのを助けます。加えて、水の温度に気をつけることをお勧めします:

  • 便秘気味の場合は、お湯を飲みましょう。
  • 下痢や軟便の場合は、新鮮だけれども決して冷たくない水を飲みましょう。
  • 一般的なルールとしては、暖かい水がベストです。

食前

たくさん食べすぎたり、早く食べ過ぎたりしたくなければ、食事の約15分前に水を1杯飲んでみてください。これはまた、不安感を抑える素晴らしい方法です。

食事と一緒に飲むことは避けましょう

たくさんのを一気に飲むのに最悪なの時間は、食べている時です。なぜなら、水を食べ物や胃液と混合し、消化を悪くさせるからです。食べ物が特に風味豊かな場合は、水を飲む必要があるかもしれませんが、食事の前に水を飲む習慣をつけ、サラダ、ガスパチョのようなフレッシュな食べ物を食事に加えましょう。食べている間、水を飲む必要が減るでしょう。

これと同じ理由から、ハーブティーを除き、食後すぐに水を飲むことはお勧めしません。

ベッドに入る前に水をコップ1杯飲むことは、夜中にトイレに行くために起きたり、睡眠を妨げたりしない限り、悪いアイデアではありません。

より多くの水を飲むためのヒント

  • フルーツジュースやハーブなど、美味しくて独自のフレーバーウォーターを試してみてください
  • ハーブティーを飲みましょう
  • 水、レモン汁、ミント、ステビアを使って自家製レモネードを作りましょう
  • 常に水のボトルを持ち歩き、自宅にいる間は自分がいる部屋に水を置いておくことを習慣にしましょう