水を食事中に飲むのは/良いこと?

12月 1, 2015
食事中に水を飲むことで、ゆっくりとした消化を促します。水を飲むのは食前が望ましいと言われています。なぜなら、胃壁を保護してくれ、その後の食事で満腹感を得やすく、食べ過ぎを防いでくれるからです。
 食事中に水を飲むことについての是非は、賛否両論です。私たちは水なしには生きていけず、私たちの体はほとんど水からできているのですが、食事中に水を飲むと消化の過程を妨げる可能性があります。今日は、食事中に水を飲むことがよいのかどうかについてみていきましょう。

水は体に必要な液体

の効能を知らない人はいないでしょう。その効能として、毒素の排出、水分補給、ミネラルを細胞に運ぶ、新陳代謝の過程を助けるなどが挙げられます。そのため、1日に2〜2.5ℓの水を飲むことが推奨されています。

水を食事中に飲むことが良いことなのか、そうではないのかについての議論は長い間取りざたされています。食事中に水を飲むと、減量に役立つのでしょうか? 消化の過程に影響するのでしょうか? より水分を保つことになるのでしょうか? この話題に関しては、様々なウワサや未確証の情報が流れています。

水2

 

まず、水自体にカロリーはありません。昼食や夕食前にを飲むと、胃が満たされるため、その後の食事で食べ過ぎることがありませんが、この為に体重が減るということはないでしょう。

ボストンのアメリカ科学会の研究によると、食事前にをグラス2杯飲んでいる人は、食事のカロリー摂取が75〜90%少なくなるそうです。これは、水を飲むことで空腹感が減るからです。また実際には、のどの渇きを空腹だと勘違いして食べ過ぎる場合があるからです。

を食事中に飲むと、体液貯留をもたらすという説もありますが、また、この説に反対する専門家もいます。いつ何時であろうとも、水を飲むことは腎臓の機能を整え、体内の水分バランスを整えます。

水3

食事療法によっては、消化が困難となる為、ジャガイモ、白米、パン、など炭水化物と一緒に水を摂取することを禁じている場合もあります。 これらの食物は水と一緒に食べることによって“膨張”し、胃を炎症させ、体全体を太ってみせてしまうと言われているのです。

 

水と食べ物の関係についてQ&A

先に述べたように、食事中に水を飲むことについては、賛成と反対に分かれています。反対する人は、冷たい水が油分を凝固し、それによって消化が滞ったり遅れるために良くないと主張しています。

冷たい水を食事中に飲んだら、体に何が起こる?

水は分解され腸が吸収すると、すぐさま脂肪組織に変わります。食べ物は直接脂質になり、動脈に送られます。この過程に時間がかかると、コレステロールや心血管系のトラブルを引き起こします。

水4

冷たい水を飲んで起こる体の反応とは?

は酸を作り出し、食べ物を消化、吸収する手助けをします。この過程は人それぞれの消化システムによります。

しかし、冷たい水を飲むと、酸はゆっくりと弱くなり、食べ物を消化するのに時間がかかります。

水は食前や食後に飲む方がよい?

食前に水を飲むことをおすすめします。そうすれば胃壁を保護してくれるからです。しかし、気をつけて頂きたいのは、水は冷蔵庫から出したばかりのものや氷を入れたものではなく、室温または温かいものの方が良いということです。

冷たい水は体のpH(アルカリをより多く生産)を上昇させます。上昇すると、胃の働きが難しくなります。

水の代わりにジュースやソフトドリンクを飲んでも同じ?

ジュースやソフトドリンクを飲むと、胃酸が飲んだものを薄め、消化を促そうとするため、胃は急激に活動を始めます。その為、食前、食事中、食後のいずれの場合であっても、ジュースやソフトドリンクを飲むことはお勧めしません。実のところ、何も飲まずに食事をすることが一番なのです。

水.レモン

水はいつ、どのように飲むのがよい?

水は、1日につきグラス8杯(朝食、昼食、夕食時を除く)飲むことが推奨されています。夜は夕食の30分程前にグラス2〜3杯の水を飲むことが良いでしょう。日中は、のどの渇きに関係なく、特に夏場は、30分おき毎に水を飲むことをお勧めします。

食事中に水を飲むことが良いかどうかという議論は続いています。なぜなら、理論づけるはっきりとした研究がそれほどされていないからです。したがって、今の段階では、あなた自身の体の状態と、あなたがどう感じるかで決断しましょう。食前に水を飲むことで、例え食事の量を減らしてもお腹が張ったように感じてしまうのなら、おそらく別のタイミングで水を飲むようにする方がよいでしょう。

逆に、もし何も飲まずにいて消化に時間がかかっていると感じるのなら、食後の水を飲むことは全く害がないと言えます。

食後のデザートを勧める人もいますが、洋なしやオレンジなどのフルーツを昼食や夕食の1時間程前に食べることで、食欲を抑えることができます。また、フルーツには水分が含まれていますので、水分補給にもなるでしょう。

あなたへおすすめ