見た目も楽しいスパンエッグ(鶏卵素麺)の作り方

10月 29, 2019
新しいレシピに挑戦してみたいという方は、是非スパンエッグ(鶏卵素麺)を作ってみてください。今日の記事で詳しくご紹介します!

卵は世界で最もよく食べられている食材の一つです。特に、焼き菓子には欠かすことができないでしょう。日常的にも、卵はスクランブル、ポーチドエッグ、ゆで卵、目玉焼きなど様々な形で調理され、食べられています。今日は、そんな卵を使ったアパタイザー(前菜)、スパンエッグ(鶏卵素麺)をご紹介します。

スパンエッグ(鶏卵素麺)は、ほんのり甘く、黄色い筋のように細い卵です(卵黄と砂糖のみでできています)。このレシピの起源はポルトガルで、肉やカナッペ、魚、ソーセージなど様々な料理に添えて出されています。

ほんのり甘いスパンエッグ(鶏卵素麺)と塩味の効いた料理とのコントラストが最高なのです。

卵の栄養と健康効果

卵黄

栄養士や健康専門家は、卵を食べることを推奨しています。基礎たんぱく質や栄養がたっぷり詰まっているからです。また、以下のような栄養素も豊富に含んでいます。

  • ビタミンA、B2、B5、B12、E
  • 健康的な脂質
  • セレン、亜鉛、リン、カルシウム、鉄分などのミネラル
  • ヘルシーなカロリー

さらに、卵はコリンも豊富に含んでいます。コリンは脳の機能を改善する助けとなる、とても重要な栄養です。コリンは心臓の病気を予防し、体重を減らす助けとなり、血中のLDLをコントロールしてくれるでしょう(適度に食べた場合)。視力を改善し、中性脂肪を減らしてくれる効果も期待できるでしょう。

だからこそ、卵は最高と言える食材の一つなのです。そんな卵を使ったユニークなスパンエッグ(鶏卵素麺)。是非作ってみてくださいね。

 

こちらも合わせてどうぞ:ローカロリーの手作りデザート4種

 

見た目も楽しいスパンエッグ(鶏卵素麺)の作り方

スパンエッグ(鶏卵素麺)は、その名の通り、体に良い食材である卵でできていますが、砂糖がたくさん使われているということも忘れてはいけません。砂糖の代わりに天然の甘味料を使うと、少し軽い仕上がりになるでしょう。

この面白いスパンエッグ(鶏卵素麺)の秘密は、シロップの中で作ることです。シロップには砂糖と水が必要です。また、スパゲッティのような細い仕上がりにするためにはシリンジが必要です。

材料

  • 砂糖 1カップ(200g)
  • 卵黄 5個分
  • 水 1カップ(250ml)
  • シリンジ 1個
  • 冷水 1/2カップ(125ml)
  • キッチンペーパー

 

こちらも合わせてどうぞ:卵白と卵黄どちらが健康的?

 

卵白と卵黄を分ける人
スパンエッグ(鶏卵素麺)は一年を通してどの季節にも出されるアパタイザー(前菜)です。それでは、作り方を見ていきましょう。

作り方

  1. まず最初に、卵白と卵黄を分けます。
  2. 水と砂糖を鍋に入れて火にかけ、沸騰させます。トロッとするまでかき混ぜます。シロップのようになるでしょう。ただし火が強すぎると焦げてしまいますので、火の強さに気をつけながらかき混ぜることを忘れず、焦がさないようにしてください。
  3. 卵黄をシリンジ(料理用注射器)に入れます。シロップの中に抽出します。
  4. 抽出したものがくっつかないよう、少しずつ注意して作ります。
  5. 火が通り、卵が固くなるまで待ちます。ゴムベラを使って取り出し、冷水を入れたボールに入れます。
  6. 後で切りやすくするため、必ず冷水に入れてください。
  7. 残りの卵黄を同じ手順で全て仕上げます。
  8. 最後に、キッチンペーパーを使って卵の余分な水分を取り除きます。
  9. 魚、肉、クリームチーズなどの上に乗せて完成です。そのまま盛り付けても良いでしょう。
  10. パーティーに出せばゲストがあっと驚くこと間違いありませんね!