メロキシカムについて知っておくべきこと

25 9月, 2020
メロキシカムには抗炎症、鎮痛、解熱効果があります。これらの効能はCOX-2選択的阻害の作用で起こります。この記事で詳細を説明するのでぜひお読みください。

メロキシカムは、鎮痛、解熱、非ステロイド性抗炎症薬のグループに属する活性物質です。このグループの中でも、COX-2選択的阻害薬の一種であるオキシカム系です。

COX-2選択的阻害薬は、中等度の術後の痛みや、変形性関節症や関節リウマチにおける炎症の治療のため使われます。また、熱を下げるために服用することもあります。一般的に、成人または2歳以上の子供に処方されます。

COXとは

COX メロキシカム

メロキシカムは、その他ほとんどのNSAID薬のように治療効果はあるものの、1971年に科学者ベイン氏によって指摘された副作用も持っています。

ベイン氏は、このタイプの薬はCOXと呼ばれる酵素の活性を阻害する能力を持っていると述べました。酵素とは、体の様々な仕組みを促進したり、発達を可能にする分子のことです。

COXは、細胞膜内のアラキドン酸を不安定な環状エンドペルオキシドに変換する合成酵素です。これらは、他の分子に影響を与えることなく、プロスタグランジンやトロンボキサンに変換されます。

こちらもお読みください:関節に良い食べ物・良くない食べ物

COXには、いくつかのサブタイプがあり、COX-1、COX-2、およびCOX-3です。1と2は同じ構造を持ち、分子量も似ています。1は、より小さなチャネルと活性部位を持ち、つまり、すべてのCOX-1阻害剤はCOX-2阻害剤でもありますが、その逆ではないという意味です。

COX-3は中枢神経系にしか存在しないので、その阻害はいくつかのNSAID薬に認められる抗炎症作用を引き起こしません。

メロキシカムは何をトリガーにして体に作用するのか

前述のとおり、メロキシカムには抗炎症、鎮痛、解熱効果があります。これらの効能はCOX-2 選択的阻害を介して起こります。

この阻害の結果として、プロスタグランジンと炎症、発熱、痛みを伴うプロセスに関連する他の物質の合成がブロックされるようになります。

プロスタグランジンは脂肪酸に由来する物質です。神経系、平滑筋、血液、生殖系を含む様々な器官系の生理的プロセスに影響を与えて作用します。

プロスタグランジンの主な機能は下記のとおり。

  • 炎症反応を媒介する
  • 特定の神経終末の痛みを刺激する
  • 胃粘液の分泌を増加させ、胃酸の分泌を減少させる
  • 平滑筋の収縮を引き起こす
  • 体温調節や発熱過程にも介入する
  • 腎臓からの物質の排泄を促すことで血圧の低下を抑制する

合成を担当する酵素が阻害されると上記のすべてのプロセスが減少し、それらが引き起こす症状を改善します。ひいては、鎮痛、抗炎症、解熱効果につながるのです。

また、様々な臨床試験によりメロキシカムが緊急避妊治療薬として有効であることが示されました。

こちらもお読みください:関節リウマチの自然療法

メロキシカムの副作用

メロキシカムの副作用 メロキシカムについて

メロキシカムにも、その他のすべての薬のように一連の副作用があるので、服用を開始するときには副作用を考慮する必要があります。

メロキシカムの臨床試験で報告された最も頻繁な副作用は、消化器系に影響を与えたものでした。最も深刻な反応は出血と胃の穿孔です。

最も頻繁に見られた胃腸の副作用は次のとおりです。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 消化不良
  • 鼓腸
  • 吐き気と嘔吐

まとめ

メロキシカムは、鎮痛剤、抗炎症剤、および非ステロイド性解熱剤のグループに属する薬です。主に関節リウマチや変形性関節症などの疾患に関連する痛みや炎症を治療するために使用されます。また、発熱への対処として処方されることもあります。

この薬はCOX-2酵素の選択的阻害剤なので、プロスタグランジンの合成を阻害します。投与中は注意が必要です。消化管出血などの重篤な副作用を引き起こす可能性があるため、常に医師の指示に従うことが重要です。

疑問や心配事があれば医師に相談し、合併症を避けるために常に医師による推奨事項に従ってください。

  • Jacobs, G. (2010). Meloxicam. In The Essence of Analgesia and Analgesics. https://doi.org/10.1017/CBO9780511841378.059
  • de Grauw, J. C., van de Lest, C. H. A., Brama, P. A. J., Rambags, B. P. B., & van Weeren, P. R. (2009). In vivo effects of meloxicam on inflammatory mediators, MMP activity and cartilage biomarkers in equine joints with acute synovitis. Equine Veterinary Journal. https://doi.org/10.2746/042516409X436286
  • Guillot, M., Moreau, M., Heit, M., Martel-Pelletier, J., Pelletier, J. P., & Troncy, E. (2013). Characterization of osteoarthritis in cats and meloxicam efficacy using objective chronic pain evaluation tools. Veterinary Journal. https://doi.org/10.1016/j.tvjl.2013.01.009