血圧を下げる薬:バルサルタンの用途と副作用

12 1月, 2020
バルサルタンは、 血圧を上げるアンジオテンシンⅡという体内物質をブロックし、血管を弛緩させて血圧を下げることにより作用します。この記事では、その使用法と副作用について説明します。
 

バルサルタンは、その有効成分がバルサルタンである薬物です。

アンジオテンシンII受容体拮抗薬として知られる薬のグループに属し、高血圧の抑制に役立ちます。

高血圧は、心臓と動脈の働きに悪影響を及ぼし、治療せずに放置すると、血管を損傷し、脳卒中、心不全、腎不全を引き起こす可能性があります。

バルサルタン:用途と作用

アンジオテンシンIIは、血管を収縮させ、血圧を上昇させる体物質です。

バルサルタンは、アンジオテンシンIIの効果を阻害し、血管を弛緩させ、血圧を下げることで作用します。

一般的には、コーティングされた錠剤で、3つの異なる状態の治療に使用します。

  • 成人、6歳以上の小児、および6〜18歳の青年の高血圧の治療
  • 最近の心臓発作にかかった成人患者を治療するため、発作後12時間から10日の間に使用します。心臓発作後の死亡のリスクを減らすのに役立ちます。
  • 心不全の成人患者への治療は、通常1日2回40 mgから始まります。
血圧を下げる薬:バルサルタンの用途と副作用 薬を飲む女性

この薬は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬として知られる薬のグループに属します。

この薬の投与量は、患者の状態によって異なります。

多くの場合、医師は数週間かけて徐々に用量を1日2回最大160mgまで増やしますが、最終的な用量は、患者の持つ耐性によって変化します。

この薬は、アンジオテンシン変換酵素阻害剤(ACEI)など、心不全などの他の治療に使われる薬と併用することもできます。

 

心不全の症状には、体液貯留による息切れや脚と浮腫が含まれます。

バルサルタンと他の薬物の併用

バルサルタンの効能は、特定の薬と併用すると変化する場合があります。

この場合は、医師は投与量を変更し、他の予防措置を取る必要があります。

医師は、利尿薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)、アリスキレンなどの血圧を下げる薬剤などの他の薬剤による治療を中断する必要がある場合も考えられます。

また、カリウムサプリメントやカリウム節約薬など、血中カリウム値を上昇させる薬について考慮する必要があります。

続きを読む:低血圧を改善するための食事療法

考えられる副作用

すべての薬と同様に、この薬が副作用を引き起こす可能性があります。

すべての人が副作用を引き起こす訳ではありませんが、副作用の症状が深刻な場合は、直ちに医師の診察が必要になる場合があります。

副作用が起こる頻度は、患者の状態によっても異なります。

この薬を服用している人には、次のようなアレルギー反応の症状が起こる可能性があります。

  • 顔、唇、舌、または喉の腫れ
  • 呼吸困難または嚥下困難
  • 激しいかゆみを伴う皮膚の発疹
血圧を下げる薬:バルサルタンの用途と副作用 副作用によるかゆみ

この薬を服用すると、皮膚のかゆみを伴うアレルギー反応を引き起こす可能性があります。アレルギー反応が起きた場合は、医師に相談してください。

これらの症状に苦しんでいる場合は、薬の服用を中止し、医師に連絡してください。

 

他の一般的な副作用には、めまい、低血圧、腎機能障害の兆候が含まれますが、明らかな症状が現れない場合もあります。

その他の副作用は、血管性浮腫、突然の意識障害、めまい、筋肉のけいれん、不整脈、咳、脱力感、腹痛が含まれます。

めまいや腎機能障害などの副作用は、高血圧の治療を受けた成人の患者には、それほど頻繁には起こりませんが、心不全の治療を受けた成人患者や少し前の心臓発作後にはより一般的です。

副作用への対処法

副作用が起こった場合は、医師または薬剤師に相談し、この薬の安全性や詳細を理解することが大切です。

副作用のリスクを軽減するためにも、医師の処方と指示に従って薬を服用してください。

発見:高血圧の予防やコントロールに役立つヨガを実践しよう!

結論

160 mgから360 mgの用量のバルサルタンは、同グループの他の薬剤と比較して、血圧を制御するのにより効果的であることが証明されています。

服用前には必ず医師に相談して、自分に合った薬かどうかを確認することが大切です。

 
  • Ripley, T. L. (2005). Valsartan in chronic heart failure. Annals of Pharmacotherapy. https://doi.org/10.1345/aph.1E327
  • Zakirova, A. N., & Zakirova, N. E. (1999). Diovan efficacy and tolerance in mild and moderate hypertension. Terapevticheskii Arkhiv.
  • Mahony, C. (2013). Second study on valsartan is threatened with retraction over alleged data manipulation. BMJ (Clinical Research Ed.). https://doi.org/10.1136/bmj.f4920
  • Huang QF, Li Y, Wang JG. Overview of clinical use and side effect profile of valsartan in Chinese hypertensive patients. Drug Des Devel Ther. 2013;8:79–86. Published 2013 Dec 30. doi:10.2147/DDDT.S38617