詳しく知りたい!涙目が起こる原因について

涙目にはいくつかの原因があります。外的要因に関連していることもあれば、早急な治療が必要であることを示唆する兆候である可能性もあります。
詳しく知りたい!涙目が起こる原因について

最後の更新: 29 1月, 2021

涙目という名前が示すように涙目は過度の涙を伴います。

私たちは皆、目の健康を維持するために潤滑剤である涙が必要だと知っています。ただし、涙腺が生成する液体が出てこない場合があります。これは、鼻につな​​がる涙管が詰まることが原因で、液体がまぶたに溢れ出します。

涙目にはどのような種類がありますか?

涙目を発症した人の層に応じて涙目の種類を分類することができます。一般的に、赤ちゃんと大人は過度に涙が出てしまう可能性が最も高い層です。

赤ちゃんの涙目

涙目という状態は赤ちゃんに非常によく見られますが、合併症を避けるために十分な注意を払うことが大切です。多くの場合、赤ちゃんの涙目の原因は、涙管の小さな閉塞や結膜炎の発症に関係しています。

ただし、赤ちゃんが風邪、アレルギー、または目に引っかき傷がある場合にも涙目が起こる可能性があります。そのため、赤ちゃんの涙が続く場合は、小児科医に相談してください。小児科医は、涙目が起こる原因を見つけて、必要な治療を適用します。

頻度は低いですが、幼児が涙目を発症する可能性があります。さらに、過剰な涙を伴い目が赤みがかった色になっている場合は、角膜に何らかの変化が起きている可能性があります。

詳しく知りたい!涙目が起こる原因について 涙が流れる目
涙には目を保護する機能がありますが、過剰な場合は逆効果になります。

大人の涙目

大人の場合、涙目が起こる原因はさまざまですが、涙管の閉塞が依然として最も一般的な原因の一つと考えられます。涙目の原因となる他の条件は次の通りです。

  • 電子機器などの装置を過度に使用することによって起こる眼精疲労
  • 涙の形成を刺激して補う目の極端な乾燥
  • 高齢化に伴う障害

涙目の原因

涙目によって継続的に起こる涙は、とても不快です。これは通常、まぶたの赤み、炎症、腫れ、そして患部の灼熱感を伴うためです。涙目の原因を特定して、涙目の症状の治療を開始することで、さらなる合併症を防ぐことが大切です。

涙管の閉塞

記事の冒頭で説明したように、涙腺は涙を分泌します。涙腺の本来の機能は、目を清潔で滑らかな状態に保つことです。余分な水分がある場合は、鼻の内側に末端がある涙管から排出する必要があります。

涙腺経路の閉塞が起こると、涙が鼻の内側から排出される方法がなくなり、開放部であるまぶたに向かって溢れ出します。これは、目から理由もなく涙が流れているときに起こっていることです。

専門家はこの病状を慢性涙嚢炎と定義します。これは老化に伴い涙管が狭くなるという後天的な状態である可能性があります。また、赤ちゃんに頻繁に影響を与える先天性の異形もあります。

ドライアイ

ドライアイは、女性の場合のホルモンの変化と、高レベルの大気汚染に起因しています。いくつかの症状は、灼熱感、かゆみ、羞明、目が汚れているという感覚、まぶたの重さです。

ドライアイは、涙が不十分ではないことと深く関連しているという事実にもかかわらず、最も一般的な兆候の一つは涙目です。これは、保護メカニズムとして過剰に涙腺が刺激され、過剰な液体を生成することで起こります。

眼精疲労

眼精疲労は、職業病のカテゴリーに分類されます。いくつかの症状があり、その中に涙目があります。

また、電子機器の過度の使用にも起因しており、特に近年、在宅勤務という勤務形態の出現で非常に一般的になりました。この状態は、VDT症候群に分類されており、眼の表面の状態に影響を及ぼし、多くの涙目を引き起こす可能性があります。

結膜炎

結膜炎は、最も一般的な眼の疾患の1つで、人生のあらゆる段階の人々に影響を及ぼします。結膜炎はかなりの不快感を引き起こしますが、治療はとても簡単です。

結膜(目を覆う知覚できない膜)に影響を与える結膜炎の最も一般的な症状の中に、水っぽい目、炎症、発赤、そして目やにの分泌または蓄積が見られます。

羞明

羞明(まぶしさ)は、人工的な光または自然の光のどちらであっても、光の強さに耐えられない状態です。特に、白皮症を発症している人や、目の色が明るい人に大きな影響を与える病状です。

症状には、涙目、目を閉じたままにする必要性、火傷、発赤などがあります。めまい、頭痛、吐き気、嘔吐につながることもあります。

その他の一般的で軽度の原因

上記の状態に加えて、涙目は鼻炎などのアレルギー症状や、インフルエンザ、笑い、あくび、さらには嘔吐が原因で起こることもあります。これらのいずれの場合でも、外部の反応が原因であるため、過剰な涙は問題ではありません。

詳しく知りたい!涙目が起こる原因について 充血した目
涙目には多くの原因があります。それほど複雑でないものから、深刻なものまで様々です。

いつ専門医に相談するべきですか?

涙目の原因が結膜炎かどうかを知るために、医師の診察を受けることが重要です。これは、ウイルス性で伝染性の可能性があるためです。また、明らかな原因がなく、涙目と不快感が1週間以上続く場合や、症状が継続的に起こる場合も医師の診察を受けましょう。

いずれの場合も、涙目の症状は容易にコントロールできると考えられているため、それぞれの症状に対応する治療を開始するためにも、医師の診察を受けることが重要です。過度の涙は、生活の質に悪影響を及ぼすだけでなく、私たちの視力にも影響を及ぼします。

それはあなたに興味があるかもしれません...
目の健康に役立つ4つのスーパーフード
みんな健康Read it in みんな健康
目の健康に役立つ4つのスーパーフード

老眼などの目の症状に悩まされていませんか?人参には、抗酸化物質、ビタミンA、そしてルテインが豊富に含まれているのをご存知ですか?実は人参に含まれるこれらの栄養素すべてが、目の健康を促進するのに役立ちます。本記事では、目の健康に役立つ4つのスーパーフードをご紹介します。



  • Barrau, C., Cohen-Tannoudji, D., Villette, D. “Un nuevo reto científico: La preservación del riesgo.” (2014).
  • Naranjo Escobar, M., Macas Quevedo, C., Pacheco Buitron, M., Piedrahita León, J. “Obstrucción del conducto nasolagrimal: abordaje quirúrgico endonasal versus externo”. Revista Científica Mundo de la Investigación y el Conocimiento (2019).
  • Prado Montes, A., Morales Caballero, A., Molla Cassia, J. “Síndrome de Fatiga ocular y su relación con el medio laboral”. Med. segur. trab.  [Internet]. 2017  Dic [citado  2020  Sep  17] ;  63( 249 ): 345-361. Disponible en: http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0465-546X2017000400345
  • Aguilera Mosquera, H., Valarezo Paccha, L. “La pantalla digital y sus alteraciones visuales”. [Machala]: Universidad Técnica de Machala, 2015. [consultado 16 sep 2020]. Disponible en: http://186.3.32.121/handle/48000/13713
  • Gálvez Tello, JF., Lou Royo, MJ., Andreu Yela, E. “Ojo seco: diagnóstico y tratamiento”. (1998).
  • Clement Corral, A., Dureau, P., Clement Corral, S., Valls Ferran, I., Andrés Domingo, M.L. “el ojo rojo en la pediatría”. (2018).
  • Morales Marín, D., Zepeda Ortega, B., Mendieta Alcántara, G. “Epidemiología y tratamiento de conjuntivitis alérgica en un hospital pediátrico”. (2010).
  • Agramonte Centelles, I., Herrera Soto, M., Gómez Cabrera, C., Padilla González, C. “Efectividad de la cirugía ambulatoria en la dacriocistitis crónica”. Rev Cubana Oftalmol  [Internet]. 2004  Jun [citado  2020  Sep  16] ;  17( 1 ). Disponible en: http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0864-21762004000100004
  • Mayorga MT. Película lagrimal: estructura y funciones. Cienc Tecnol Salud Vis Ocul. 2008;(11): 121-131. Disponible en: https://ciencia.lasalle.edu.co/svo/vol6/iss11/13/
  • Pérez, Valentín Viqueira, Dolores de Fez, and Francisco M. Martínez Verdú. “La ergonomía visual en el puesto de trabajo: rendimiento y seguridad visual.” Gestión práctica de riesgos laborales: Integración y desarrollo de la gestión de la prevención 27 (2006): 42-45.
  • Alcubierre, R. “Fotofobia.” Annals d’oftalmologia: òrgan de les Societats d’Oftalmologia de Catalunya, Valencia i Balears 26.2 (2018): 3.