口の潰瘍に効く8つの自然療法

· 3月 30, 2018
口の潰瘍に重曹を塗ると多少不快感はあるかもしれませんが、治癒を早めるためによく効く方法の一つです。

口内炎の一種である潰瘍はアフタとも呼ばれ、輪郭がはっきりとして赤く、中心部が白か黄色の円形の病変です。

唇や頬の内側、または舌にでき、飲食したり話したりするときに痛みや不快感があります。

今回は、この口の潰瘍をより早く治すための自然療法をご紹介します。

口の潰瘍はなぜできる?

口内炎を緩和する自然療法のご紹介の前に、なぜ発症するかをご説明します。原因を知ることで予防も可能になり、より早く治療することもできるでしょう。

口の潰瘍の主な原因は、

  • 歯が当たる、または噛んでしまった場合。
  • 感染症、または抵抗力の低下。
  • ホルモンの変化。
  • ストレスや不安。
  • 栄養不足、アレルギー、または胃酸過多

かなり頻繁に発症するようなら、食生活が乱れていることが原因かもしれません。

例えば、粘膜を荒らし潰瘍ができやすくなる辛い料理やスパイシーな料理を避けるようにしてみましょう。

同時に、口内の潤いを維持するため1日2リットルの水を飲むこと、そして口内炎の予防のためこれまで以上にビタミンBを含む食品を摂ることを忘れないようにしましょう。

ビタミンBを多く含む食品は、

  • 種子類(ヒマワリ、カボチャ、リンシード、ゴマ)
  • ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミ)
  • 全粒穀物(コメ、小麦胚芽、キビ、オーツ麦)
  • 豆類(レンズ豆、ヒヨコ豆、インゲン豆)
  • フルーツ(リンゴ、ラズベリー、オレンジ)
  • 野菜(ジャガイモ、タマネギ、ホウレンソウ、ニンニク)

 

口の潰瘍に効く自然療法

次の自然の材料による療法で、痛みや不快感を和らげ、傷がふさがるのを早めましょう。

1. 薬用ハーブ

カモミールティー

自然食品店などで入手できる薬用ハーブには、多くの効能があります。消毒作用、抗炎症作用、抗菌作用、消化作用のあるものを購入しましょう。例えば、

どのハーブも使い方は、全て同じです。

材料

  • 選んだ薬用ハーブの葉 大さじ1(10g)
  • 水 250ml

作り方

  • 鍋に水とハーブの葉を入れます。
  • 火にかけて沸騰するまで温めます。
  • 沸騰したら15分間煮出し、火から下ろします。
  • 10分間そのままにした後、濾します。
  • 常温に冷める前に飲みます。
  • お好みでハチミツ大さじ1(25g)で甘みをつけてください。

 

2. ココナツミルク

自然食品店で缶詰などのココナツミルクが市販されていますが、手に入れば生のココナツの実もおすすめです。

簡単に入手できるものではありませんが、その効能ははるかに高いものです。

  • 1日3、4回、実の内部の液体でうがいをします。

 

3. ティーツリーオイル

ティーツリーオイル

口内にある真菌や細菌、その他の微生物を除去する消毒作用にすぐれたエッセンシャルオイルです。

このオイルは大変強いので、同量の水やハーブティーで薄めてお使いください。

  • 潰瘍のある部分を重点的に、薄めたオイルでうがいをします。
  • うがいの後20分間は作用があるので、飲食をしないようにします。
  • 1日2、3回くり返します。

 

4. アロエ

強い消毒作用に加え、抗炎症作用、細胞の再生作用、保湿作用があります。

口に潰瘍がある場合だけでなく、さまざまな皮膚症状(やけど、切り傷、発疹など)に効果があるので、家庭になくてはならない薬用植物の一つです

また使い方も非常に簡単です。

  • アロエの葉を1枚切り取って縦に半分に切り、果肉を取り出します。
  • 潰瘍にたっぷり果肉を塗り、乾くまで待ちます。
  • 水と混ぜてうがい薬として使うのも良い方法です。

 

5. ヨーグルト

ナチュラルヨーグルト

効果を出すためには、砂糖なし味付けなしのギリシャ風ヨーグルトなどを選びます。

ヨーグルトに含まれる善玉菌と乳酸が口内のpHバランスを整え、同時に潰瘍を治す効果があります。

  • よく潰瘍ができる人は、毎日1回ヨーグルトを食べましょう。
  • 傷口をふさぐためには、綿棒を使って潰瘍に直接ヨーグルトを塗り、吸収させます。

 

6. 重曹

重曹は大変効果的ですが、多少痛みます。しかし少々痛みをがまんすることで、傷口がはやくふさがるでしょう。

重曹の効能を活用するには二つの方法があります。

  • 重曹を同量の水と混ぜてペーストを作る。
  • コップ1杯の水に溶かしてうがい薬として使う。

重曹が手元になければ、塩を使うこともできます。

 

7. 氷

口元に氷をあてる女性

潰瘍ができたばかりの時は、患部が腫れて赤みがあるでしょう。

  • 傷口に氷を当てると、これらの不快感が和らぎます。
  • 皮膚が凍傷にならないように布かビニール袋で氷を包みましょう。
  • できるだけ長く氷を当てます。

 

8. オキシドール

過酸化水素水も、口の潰瘍によく効く家庭療法の一つです。消毒作用があり、傷口がふさがる助けにもなります。

  • 綿棒を使って直接オキシドールを塗るか、水で薄めてうがい薬として使います。

 

メインの画像は、© wikiHow.comさんのご厚意により使用させて頂きました。