口唇ヘルペスの予防法

9月 15, 2015

口唇ヘルペスは、口内炎とも呼ばれ、1型単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる一般的な病気です。病気にかかっている人から別の人に広がりますが、オーラルセックスで広がる2型単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる口唇ヘルペスもあります。

病気の症状

症状が始まった時には、ウイルスは肌に赤みやヒリヒリした痛みを生じさせます。後に、小さな潰瘍ができ、場合によっては、かゆみやその他の不快感、または痛みが生じます。この病気が頻繁に発生することで、多くの人が悩まされていますが、この病気は潜伏し、数年間経った後にまた現れることもあります。

口にヘルペスができるとどんな感じなのか?

口にヘルペスができて最初に感じるのは、口の中や唇の強い痛みです。これによって、首の周りの神経節の炎症に関連した首の痛みや発熱が生じます。すでに水ぶくれが口のどこかにできている場合には、潰瘍は次第に開き、かさぶたを形成する透明な液体を放出し、その後、数週間後には無くなります。

口唇ヘルペスは、インフルエンザ、発熱、生理周期、精神的な不快感、太陽光、ひどい風邪、疲労、ストレスなどによって、発生することがあります。

安全のための方法と推奨されること

ニンニク

  • 感染している誰かとキスをしたり、その人の使ったスプーンやナイフを使うなど、感染力が強い体液に触れることは避けることが望ましいです。また、同じグラスを使ったり、同じ食器から食べ物を食べることも避けましょう。
  • 良い唇保護剤、リップクリームを使うことは、症状を引き起こす日光を避けるための良い方法です。
  • 鉄と亜鉛は、スキンケアにとても重要な2つのミネラルですので、これらの成分を含んだバランスのとれた食生活を送り、栄養を補うことが大切です。その他に、ビタミンA・B・C・Eも大切です。
  • ニンニクは強い防腐作用のある食べ物ですので、朝、朝食前に食べましょう。生で食べることで、免疫システムを強化し、口の中の殺菌効果があります。朝食前にニンニクを食べることができない場合には、ニンニクのカプセルを飲んでください。これは、天然の良いサプリメントです。

 

あなたへおすすめ