甲状腺機能低下症に対する海藻の効能

· 5月 7, 2016
海藻は心臓血管系の循環を助けるだけでなく、コレステロールの減少や体重の減量に役立ちます。

甲状腺機能低下症は通常、50歳以上の女性に主に影響する病気ですが、出産後にかかることもあります。症状は生活に支障をきたし、外見にも変化を及ぼすこともあります。

この記事では、甲状腺機能低下症に効く海藻について、そして海藻に多く含まれるヨウ素とミネラルの効能について説明します。

甲状腺機能低下症とは?

甲状腺機能低下症は人口の3%がかかるといわれている病気です。この病気にかかると、血漿(けっしょう: 血液中の有形成分である赤血球,白血球,血小板 を除いた液体成分)内の甲状腺ホルモンの数値が低くなります。

主な症状は以下の通りです。

  • 疲労感
  • 筋力低下
  • 悪寒
  • 原因不明の体重増加または減少
  • 気分の落ち込み
  • 痩せている人の二重顎
  • 抜け毛
  • 顔色が青くなる
  • むくみ
  • 極度の乾燥肌
  • まゆげの外側の毛が抜ける

原因は?

主な原因は以下の通りです。

  • 異種の甲状腺炎
  • 先天性
  • 首への放射線治療
  • 抗甲状腺薬での治療
  • リチウムを使用した治療
  • 慢性的ヨウ素欠乏

海藻の種類

(注:当サイト「みんな健康」は、海外発信の記事をご紹介しております。当記事、特に以下の内容は、海藻を食す習慣のなかった国々での最近の流行や傾向をご紹介するという意味もあり、あえてそのまま掲載させて頂きます。)

海藻はいまだにあまり料理として広くは食されてませんが、医療用の食事で使用されており、いろいろな料理法があります。

海藻を食べない人は、大抵は料理法を知らないから、と言います。しかし、海藻は簡単に普段の食事に足すことができるのです。

日本食のおかげで、海藻は以前よりも食べられるようになりました。ヨウ素を含むミネラルを摂取するために、ベジタリアン料理やマクロビオティックダイエット(長寿食法)に取り入られています。ヨウ素は甲状腺機能低下症に効果的とされています。

しかし、海藻を好んで食べる日本人には注意が必要です。日本人は世界で一番ヨウ素を摂取している国民と言われていますが、ヨウ素は多く摂れば摂るほど良いということではないそうです。高知大学医学部付属病院の西山充准教授によると、ヨウ素の過剰摂取でも甲状腺機能低下症が引き起こされることがあるといいます。

毎日の食事に既に海藻を多く摂っている方は注意が必要です。

そして、ここでご紹介するアドバイス通り海藻を食生活に取り入れる前に、海藻が良い環境から取られたもので、危険な物質が含まれていないことを確認してください。

乾燥わかめ

こちらの記事もご参照ください: 自宅で自然に甲状腺機能低下症を改善する9つの方法

海藻をどのように料理するか

海藻は種類によって特性が異なり、使用方法が異なります。細かいタイプの海藻は水に数分浸すだけでよいですが、厚めで強いものは30-40分調理するものもあります。

以下がお勧めの料理法です。

  • 海苔: 海苔は薄いシート状で寿司を作るのに使われます。すこし湿らせて米をまいたり、好みの具をいれましょう。
  • 昆布:ベジタブル シチューにいれて煮込んで柔らかくし、消化しやすくします。
  • わかめ: 野菜のクリーム煮に細かいわかめを入れると、クリーミーさが増します。ポテトやチーズのかわりになります。
  • シースパゲッティ(スパゲティのような細長い麺のような形状をした海藻):パスタや米と相性がいいです。
  • ダルス(西ヨーロッパの沿岸地域、特にアイルランドとスコットランドの沿岸地域で食されてきた紅藻類の海藻): ダルスはほとんど調理する必要はありませんので、スープやソース、ビネグレットソースやサラダにぴったりです。

一方で、以下はサプリメントとしてお勧めな海藻です。

医師の指示に従って服用してください。

お寿司

シーウィード ソルト

海藻を毎日摂取するもう一つの方法として、塩に混ぜる方法があります。料理の味付けに使えます。

作り方は、お好みのシーソルトと海藻を細かく挽き、よくまぜ、密封できるガラスボトルの容器に保存します。その他、香草をいれることもできます。

保存料としても使えます。

スープや料理などに味付けとして使えます。

この用途におすすめの海藻はケルプです。ヨウ素が豊富で、市販されている調味料用の塩によく使われています。

わかめ

こちらの記事もおすすめです:甲状腺機能低下症の治療法

避けるべき食材

海藻の摂取と共に、甲状腺機能低下症の人は以下の食材は避けるましょう。一般的には健康とされていますが、これらはヨウ素の摂取を妨げます。

  • アブラナ科の野菜:キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー、ぶろっこり
  • ほうれん草
  • 大豆
  • ライム

また、その他の加工食品や精製食品は、水道水を含めて体に良くありません、スプリングウォーターやミネラルウォーターを選びましょう。