甲状腺機能低下症を和らげる補完療法3つ

06 3月, 2020
甲状腺機能低下症の補完療法は、症状を和らげるのに役立ちます。この記事では3つの方法をお伝えします。
 

甲状腺機能低下症の治療方法をお探しですか?生活の質を改善し、補完療法のためのシンプルで自然な治療法を探している方はたくさんいます。

この記事では、その中のいくつかの方法についてお伝えします。きっとあなたの生活の質の向上に繋がるはずです。なぜなら、疲労、脱毛、不眠症、便秘などの厄介な症状の緩和に役立つからです。

甲状腺機能低下症の治療

甲状腺は代謝を調節するホルモンを生成するため、健康にとって不可欠です。ホルモンは体の機能の多くに影響を及ぼします。ですので、甲状腺機能低下症の症状は、しばしば健康にさまざまな形で被害を与えます。

甲状腺機能低下症は、甲状腺の機能が遅いときに起こります。つまり、十分なホルモンを生産できない状態です。診断には、血液検査を行い、チロキシン(T4)とチロトロピン(TSH)の値を調べます。その他の疾患と同様に、どの範囲から問題があるかについてはさまざまな意見があり、場合によっては、異常と言われる値でもしばらくすると通常値に戻ることがあります。したがって、医師は常に血液検査だけでなく、症状にも目を配ります。そういった診断を経て、医師の判断により甲状腺ホルモンを含む薬が処方されます。

常に医療指導に従うことに加え、薬物治療の補完治療として役立つ方法があります。また、家族歴に甲状腺機能低下症がある場合も、優れた予防手段となります。

こちらもお読みください:甲状腺の改善に役立つルバーブを使った自然療法

1.セレンの摂取

甲状腺機能低下症の治療 セレン
セレンを適量摂取することによって、症状の緩和に繋がります。
 

成人のほとんどの人は、セレンを主に甲状腺に蓄積しています。この腺は、ホルモンを適切に代謝するために必要なもので、抗酸化特性も持っています。科学的観点から、橋本病を患う場合、セレンは下記に関連します。

  • 抗体の低下
  • 甲状腺の改善
  • 生活の質の向上
  • バセドウ病が見られる場合、眼の劣化を遅らせる。

多くの研究結果が、有機セレンの摂取を推奨しています。ただし、服用しすぎると損傷を引き起こす可能性があるため、医師の指導なしでセレンのサプリを服用しないでください。サプリの代わりに、ブラジルナッツを摂取するのが良いでしょう。 1日に2粒食べれば、健康を害することなく体に必要な量のセレンを摂取できます。

2.マカサプリ

マカは、南米で一般的に食されるペルーの根菜です。その粉末はエネルギー増進剤とされ、ホルモン調節に役立つため、現在世界中でサプリとして飲まれています。

特にイエローマカは、閉経期の甲状腺障害に非常に効果的です。さらに、マカには甲状腺機能低下症の症状である疲労に利くエネルギー補給効果もあります。

こちらもお読みください:妊娠中の甲状腺機能低下症の治療法

マカをサプリとして摂取するには、製品のラベルに書かれた指示と用量に従ってください。刺激が強い場合があるので、低用量から始め、医師の監督の下で徐々に増やしてください。

3.ヨウ素ブロッカーに注意

甲状腺機能低下症 ヨウ素
甲状腺機能低下症に対する補完治療の1つは、甲状腺に損傷を与える可能性のある食品を避けることです。
 

甲状腺機能低下症の補完療法は、栄養素を摂取することだけではありません。害を及ぼす可能性がある、もしかしたら毎日食べているかもしれない食品も考慮しましょう。甲状腺機能低下症の人にのみ有害となりうる食品があり、ずばり甲状腺ホルモンが含まれており、甲状腺の健康に非常に重要なヨウ素の吸収を阻害する食品です。

避けるべき食べ物は次のとおりです。

疑問がある場合は必ず医師に相談してください。

基本的に、甲状腺機能低下症の治療に関するこのアドバイスに従えば、治療を早め、日常生活の大幅な改善に繋がるでしょう食事療法に小さな改善を施し、疾患の治療向上させましょう。

 
  • Thomson, C. D., Chisholm, A., McLachlan, S. K., & Campbell, J. M. (2008). Brazil nuts: An effective way to improve selenium status. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/87.2.379
  • Chandra, A. K. (2010). Goitrogen in food: Cyanogenic and flavonoids containing plant foods in the development of goiter. In Bioactive Foods in Promoting Health. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-374628-3.00042-6
  • Meissner, H. O., Mscisz, A., Mrozikiewicz, M., Baraniak, M., Mielcarek, S., Kedzia, B., … Pisulewski, P. (2015). Peruvian Maca (Lepidium peruvianum): (I) phytochemical and genetic differences in three Maca phenotypes. International Journal of Biomedical Science.