甲状腺の機能を高める自然療法

甲状腺機能低下症を発症していないのに、甲状腺の機能が低下している人は数多く存在します。甲状腺の機能が低下すると、神経症、疲労感、しわがれ声などの対処が難しい症状を引き起こします。

今回は自然な形で甲状腺の機能を高める方法をご紹介します。

甲状腺の機能が低下していませんか?

これまでに一度も甲状腺の検査をしたことがない方のために、甲状腺機能低下症の主な症状、または甲状腺の機能が低下している兆候をご紹介します:

  • 体重増加や代謝の低下、または減量が困難
  • 乾燥肌、髪や爪のダメージ
  • 気分の浮き沈み
  • 疲労感
  • しわがれ声
  • 神経質になる、不安感を感じる
  • 便秘
  • 寒がりになる

また、顕著な症状の一つが眉毛の外側の抜け毛です。

上記の症状がいくつか当てはまる場合は、これからご紹介する自然療法をお試しください。

1.中強度の運動をする

甲状腺の機能が低下している人は基礎代謝が非常に低いため、疲労感や寒気を感じやすい傾向があります。

体内機能を刺激し、活性化するのに最もいい方法は、中程度の運動を週に2−3回行うことです。

「きつすぎる」と感じない程度の運動が、甲状腺の機能を高めるのに理想的です。汗をかき、息が少し上がる程度の中強度の運動を行いましょう。

2.冷水シャワーを浴びる

toma-una-ducha-de-agua-fria-500x332

自然に甲状腺の機能を高める方法の一つが冷水シャワーで、特に寒さを感じる人の身体を刺激します。

冷水シャワーを始めるときは、ゆっくりと身体を慣らすようにしてください。

最初は通常通りシャワーをし、最後に数秒間冷水をかけましょう。冷水シャワーは足から始めて徐々に上に向かってかけてください。シャワー中に冷水と通常の温度のシャワーを切り替える方法もおすすめです。

3.加工されていない食品を食べる

甲状腺に最もダメージを与える要因の一つが、加工食品、精製食品や、事前に工場で調理された商品です。

品質の悪い材料や大量の添加物を工場の粗悪な環境で加工する食品の代わりに、自然素材やオーガニック食品を新鮮な状態で、または自宅で調理して食べてください。

果物、野菜、野菜ジュース、サラダ、新芽、種、ナッツ、豆類などを積極的に食べましょう。

4.環境汚染物質を避ける

有害物質は、甲状腺を含む私たちの免疫機能の一部を低下させます。

前述した加工食品に加え、環境汚染物質や、化粧品に含まれる化学物質、電化製品からの電磁波、タバコ、汚染された水、大気汚染などの有害物質を避けてください。

食事には天然素材やオーガニック食品などを使い、住まいは環境汚染された都市部を避けるなど、身体への有害物質が少ない生活を心がけてください。

5.香辛料や辛い食事に挑戦

chiles-500x334

生姜、カイエンペッパー、胡椒などの香辛料を食事に加えるのも甲状腺の機能を高める効果があります。

まずはシチューやスープなどに少量ずつ香辛料を加えて、胃をならしましょう。

香辛料や辛い食事は甲状腺の機能を高めるだけではなく、減量効果や身体がぽかぽかと温かくなる効果があります。

6.喉の健康に気を配る

甲状腺は喉の中央にあり、私たちの感情を表現する能力とも関係しているといわれています。

甲状腺機能を活性化させるためには、首のあたりで光の輪が時計回りに回っていると想像しながら、喉に対応するチャクラである第五チャクラを使い、母音の「え」を発生するというリラクゼーションや瞑想などを行うのがよいでしょう。