甲状腺の問題を特定する6つのサイン

甲状腺の問題は、男性よりも女性に多く、通常、成人してからが多いようです。注意すべきサインとその見分け方をお伝えします。
甲状腺の問題を特定する6つのサイン

最後の更新: 04 6月, 2022

甲状腺の病気には、甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症の2種類があり、見極めるのは簡単ではありません。甲状腺は、新陳代謝を調節する腺です。一般に、甲状腺は体内の多くのホルモン機能に関与しています。これらの機能は、心拍数、食欲、食べ物の消化の速さなどを調節しています。

したがって、甲状腺の問題は、人々の健康に変化をもたらす可能性があります。甲状腺の疾患は、男性よりも女性に多く、ほとんどの場合、成人してから発症します。

実際、甲状腺の問題を指摘するような兆候はいくつかあります。しかし、疑わしい場合は、必ず医師に相談しましょう。検査が必要な場合もあります。

甲状腺の問題を見分ける方法

米国保健社会福祉省の女性健康局によると、甲状腺の問題の症状には次のようなものがあります。

1. 体重の急激な増加または減少

甲状腺は、新陳代謝の速さをコントロールすることができます。言い換えれば、体が食べ物からエネルギーを得る方法です。これは、ホルモンを分離することによって行われます。

甲状腺の問題のみ分け方の一つとして、甲状腺機能低下症に苦しんでいる場合、かなりの体重増加があるでしょう。これは、正常に働くのに十分な量のホルモンが分泌されていないためです。しかし、甲状腺機能亢進症ではその逆が起こります。普通、ホルモンが多すぎるため、急激な体重減少があります

2.倦怠感と気分のむら

甲状腺の問題を見分ける方法 倦怠感

甲状腺の問題は気分や体力に影響を与えることがあり、甲状腺機能低下症の場合、疲れを感じることがあります。たとえ十分な睡眠をとったとしても、気分が落ち込むかもしれません。一方、甲状腺機能亢進症では、イライラした感じになります。ストレスを感じやすく、寝つきが悪くなる傾向があります。

3.甲状腺の問題による首周りの腫れ

甲状腺の問題で最もわかりやすい症状のひとつが、首の周りの炎症です。これは、甲状腺が大きくなることで、のどに違和感や痛みを感じるようになるためです。この症状に気づいたら、特に注意して対処しましょう。

4.心拍数の変化

心拍数の変化 甲状腺

甲状腺は、体内でカロリーが消費される速度を調節するほか、心拍もコントロールしています。甲状腺機能低下症か甲状腺機能亢進症か、その種類によって、これらは変化する傾向にあります。

この場合、頻脈になる場合もありますし、心拍が通常より遅くなる場合もあります。クリニカ・ラス・コンデス(チリ)のチームが行ったこの研究が示唆するように、多くの心臓の問題とされるものは、これらの機能障害に関連している可能性があるのです。

5.便秘

ホルモンが少なくなると、体の機能が低下します。例えば、消化器系でこのようなことが起こります。消化に影響するので、栄養の吸収がうまくいかなくなり、便秘になるのです。

こちらもお読みください:下剤なしで便秘を解消する方法

6.体の他の部分の問題

甲状腺の問題 見分ける

さらに、気をつけたい症状は他にもあります。たとえば、肌の乾燥、爪のもろさやひび割れ、急激な抜け毛などです。

目に見えない症状としては、月経異常、冷え性、筋肉や関節の痛みや不快感などがあります。

甲状腺の問題の兆候について、医師に相談しましょう

ここでご紹介した症状は、甲状腺の問題を示しているかもしれません。しかし、まずは医者に行くことをお勧めします。医師は問題の正確な診断をしてくれるはずです。自己診断するのはストレスになるのでやめましょう。これらの甲状腺の問題についてはどれも、必ず医学的な治療が必要になります。

特に女性の場合は、4年に1度、ホルモン検査と甲状腺の検査を受けることが大切です。そうすれば、何か異常が見つかるはずです。実際、甲状腺が原因で不妊や妊娠に問題が出ることもあるので、妊娠を望む方は受診をお勧めします。

こちらの記事もおすすめです。
喉の痛みを解消する自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
喉の痛みを解消する自然療法

喉の痛みには、刺激、かゆみ、不快感などが伴うことが多くあります。そして痛みを感じているときに、ある特定の種類の食品を食べたり飲んだりすると、症状が悪化する可能性があります。咽喉炎は、抗生物質や様々な自然療法で治療できますが、痛みの原因がわからない場合は、今回ご紹介する自然療法をお試しください。