子どもにぴったりな学校を選ぶ方法

4月 3, 2020
子どもに最適な学校を選ぶ際には、複数の要因を考慮する必要があります。それぞれの学校は異なる文化を持っていると言えます。

赤ちゃんが成長し、重要な決断を下す歳になってきました。親が最初に決めなければいけないことの1つは、どんな学校が子どもに最適かということです。お子さんはほとんどの時間を学校で過ごし、教師から教育を受け、クラスメートは社会環境の形成に影響を与えます

これは簡単に決められることではありません。子どもの学校教育は彼らの未来に関わります。授業料、家族の価値観、親が子どもに何を学んで欲しいかなど、考慮すべき非常に多くの選択肢と要因があります。

したがって、親は子どもに最適な学校を調べて、選択するのに時間をかける必要があります。今回の記事では、留意すべき事項についてのいくつかの推奨事項をご紹介します。

公立か私立か

子どもの学校 子どもたち

学校を選ぶのは非常に重要なことで、経済的な事項だけに限定されません。私立学校の費用を負担できるかどうか考えることは重要ですが、私立か公立かの決定には他の要因も関係してきます。

こちらもお読みください:子供のいじめ:誰にでも起こりうること

入学試験

多くの私立学校では限られた生徒数しか入れません。したがって入学はより難しくなります。子どもを私立学校に送ろうと計画している場合は、時間内に事務処理を完了しなければいけません。

公立学校は、入学を希望する子どもは全員入学を認めなければなりません。ただし、一部の国や都市では、地域の制限があるため、学校は学区内に住んでいる児童のみを受け入れます。その場合、お住まいの地域の学校が親の希望を満たしているかどうかを確認する必要があります。

そうでない場合は、引っ越しを検討することもできますが、他に何が必要かも考えましょう。

学校のカリキュラム

子どもの学校 勉強

勉強する科目、使用する教科書、勉強の条件は、都道府県の教育要件に応じて、公立学校では通常均一に設けられています。

ただし、私立学校では必ずしもそうとは限りません。一般的なガイドラインに従う必要がありますが、カリキュラムに関しては自由があります。

こちらもお読みください:幼少期の心の傷6つ

子どもに最適な学校を決める前に、その学校の教育内容をよく確認しましょう。

教員資格

一般的に、公立学校には適切な教育訓練があり、教師は試験に合格する必要があります。

私立校でも基準を設けて教師を受け入れますが、それぞれの分野の専門家を雇用する自由が私立校にはあります。しかし、だからといってどちらかが必ずしも劣っているという訳ではありません。

最善の方法は、可能な場合は先生に直接質問をし、さらにはお会いして話をすることです。

社会的環境

公立校はあまり多くのフィルターを通さず生徒を受け入れているため、一般的に多様な児童が通います。私立校は、経済的なフィルターに加えて、性別や宗教に制限があるため、より選択的で包括的ではありません。

子どもは親よりもクラスメートと過ごす時間が長くなり、それが子どもの人生に大きな影響を与えることに注意しましょう。

宗教教育または非宗教教育

子どもの学校 教育

子どもを私立校に送ることにしたなら、親の価値観と子どもができる活動に応じて最適な学校を選ぶ必要があります。

宗教が親にとって重要である場合、宗教学校は親が信仰する宗教の聖典、儀式、その他の価値感を教えます。

公立であれ私立であれ、宗教に基づかない学校は学業のみに基づいて教育をします。しかし、こういった学校でも、宗教的なものを含む課外活動を提供する場合もあります。

専門に特化した学校

多くの場合、学校も専門分野を提供しています。必ずしも専門分野だけが唯一の焦点であるわけではなく、特定の領域をより重視することを意味しています。

スペイン語、フランス語、ドイツ語など、他の言語で授業を行う学校や、芸術、科学を専門とする学校など、高度なスポーツプログラムやその他のさまざまな教育を提供している学校もあります。

お子さんが何かの専門分野に潜在能力があると思うなら、幼いうちから子どものスキルに最も集中する学校を選びたい、ということもあるかもしれません。

子どもに最適な学校を選ぶ前にすべきこと

子どもの学校 登校

上記の要因を考慮して、できる限りたくさんの学校を調べることをお勧めします。リサーチによって多くの情報を得れば得るほど、より多くの情報に基づいた決定を下すことができます。

  • 学校の分類とランキングを確認する。すべての国が学校のランキングを発表しています。学校の分類をウェブで検索して、さまざまな学校のランク付けを確認します。
  • インターネットフォーラムやブログを検索する。興味のある学校に通う子どもを持つ他の親からのコメントは参考になります。そういった親を個人的に知っているとさらに良し、です。色々質問をしたとしても、他の親の意見を重視しすぎないでください。誰もが異なる経験を持っているからです。
  • 学校に足を運ぶ。校長や教師との面談を依頼しましょう。何か懸念がある場合は質問し、ガイド付きツアーをお願いします。一部の学校では、親が授業参観できるため、様子を見ることができます。そういったことが可能かどうか尋ねて、試してみましょう。
  • ガイドラインに注意。ほとんどの学校はイベントを開催して、学校の特徴、入学の条件を親子に説明します。出席し、メモを取って質問してください。
  • 子ども一緒に学校に行く。子どもの意見は重要です。一緒に学校に連れて行き、子どもがどのように感じるかを観察しましょう。新しいところで、少し怖がっているかもしれませんが、子どもが持つ印象や反応は親の決定を助けます。

まとめ

最も重要なことは、入学申し込み開始の数ヶ月前に学校選びを開始することです。

良い学校を選ぶには、時間と分析力が必要です。この作業を最後の最後までやらないでおくと、選択肢が少なくなり、数少ない選択肢から決定する必要に迫られることになります。