子供のいじめ:誰にでも起こりうること

12月 17, 2019
我が子がいじめの被害者となったとき、私たちは親として何をするべきなのでしょうか? 今回の記事で、詳しく説明します。

新聞の見出しなどで、子供のいじめに関するニュースを目にすることがあるでしょう。

誰もがいじめという言葉を知っていますし、それが何であるかを理解している人がほとんどですが、自分がいじめに直面した時、どのような行動を取ればいいのかわかっている人は少ないのではないでしょうか?

いじめという問題に直面しているのが自分の子供の場合、親として私たちは何をすべきかに詳しく理解できていない傾向があります。

いじめの被害者となった子供は、自分で問題に対処するべきなのでしょうか?

それとも親が問題に飛び込んで子供を守るべきなのでしょうか?

自分の子供がいじめの被害者になった時の対処方法について、今回はいくつかのアイディアをご紹介します。

いじめとは何ですか?

子供のいじめ:誰にでも起こりうること いじめの被害者
いじめや体系的な虐待は、身体的または感情的なものである場合があります。また学校だけでなく、コミュニティーで起こることもあります。

いじめとは、仲間同士の関係において、一定期間にわたって構造的な虐待が一貫して生じている状態を指します。

ただし、「虐待」といっても、その方法は必ずしも身体的なものや物理的なものだけでななく、いじめの被害者に対して加害者が取る、有毒な態度、屈辱、敬遠や無視、残酷な冗談、そしてネットいじめなどを含みます。

世界保健機関によって承認された研究のデータによると、子供同士のいじめは、世界中の9歳~18歳までの子供の32%近くに影響を及ぼしています。

いじめの影響は、短期的、中期的、そして長期的に子供にとって負の影響を与えることが、いくつかの研究で明らかになっています。

いじめなどのハラスメントは、子供自身が自分で解決しなくてはいけない問題ではありません。

虐待の被害者である子供に代わって、親としてまたは大人として私たちが立ち上がる必要があります。

自分の子供が、あらゆる環境における仲間からいじめを受けている被害者である場合、いじめの身体的または精神的な問題を解決する方法をここから説明します

こちらもご参照を:まさかうちの子が?いじめに遭っているかどうかを知る方法

いじめに直面した時の対処法

いじめという状況に直面したとき、親の役割はいじめ問題を根絶することがその基本となります。

いじめは、その被害を受けている子供の心身の発達に深く影響する可能性があるからです。

ただし、親としての行動を起こす前に、時間をかけていじめの状況などを理解することが大切です。

1. いじめが起こった原因

いじめは、噂や屈辱、そして暴行や静的攻撃を個人またはグループから継続的に受ける時に起こります。

この場合、加害者の「いじめをしている言い訳」には、以下のようなものがあります。

  • 見た目
  • 社会的または経済的な地位
  • 奇妙な振る舞い:たとえば、恥ずかしがり屋や大人しい子供、弱い子供は残酷ないじめの攻撃を受けやすい傾向があります。
  • 人種または宗教
  • 性的傾向:被害者が実際に同性愛の傾向があるかどうかは関係なく、いじめるために、このような理由を加害者が述べることがあります。

自分の子供が本当にいじめの被害者であるかどうかを確認するために、いじめ行為がエスカレートしているのか、どの程度の一定期間いじめが続いているのか、それとも一時的に起こったことなのかを判断する必要があります。

もちろんどちらも深刻な状況ですが、長期間にわたるいじめと一回限りの攻撃の違いを認識することが大切です。

2. 親の介入が必要な理由

泣いているいじめの被害者
子供やティーンエイジャー、さらには大人のいじめは、重度のうつ病につながる可能性があります。

いじめに対してどのように行動するかを考える前に、親として、いじめ問題に対処すべき理由を明確にしてください。

いじめをはじめとする長期間の虐待は、子供の成長にとって有害です。

いじめの悪影響の主なものをご紹介します。

  • 自己評価の低下
  • ストレス
  • 不安感
  • うつ病

いじめが原因で重度のうつ状態を発症した場合、自殺につながる可能性があるので最大の注意を払うことが必要です。残念なことに、長期的ないじめを受けた被害者の多くは、いじめや辛い状況に耐えられず乗り越えられないことがあるのです。

こちらもご参考に:友達間のプレッシャーに直面した子供をサポートする方法

3. 子どものいじめ問題に対処する親の行動戦略

親が子供のいじめに対してどのような行動ができるかを見ていきましょう。

親は、できる限り冷静さを保つことが大切です。

これは、いじめ問題に立ち向かう強さを得るためには、子供が親を信頼する必要があり、親はその強さの柱となるべきだからです。

第一段階:何が起こったのかを調査する

  • 子供の話に耳を傾ける:子供を通じていじめ問題の現状を把握するため、子供の話にしっかりと耳を傾けてください。子供に質問をせず、子供を信頼して話を聞きましょう。親としては耳にしたくない事実を聞くことになるかもしれませんが、子供に怒ったり感情的にならず話を聞き、子供が真実を語っているという事実を尊重してください。
  • 子供が安全だと感じるサポートを行う:いじめられているという状況から、精神的に落ち込んでいる子供に、親として子供を愛していること、安全だということ、そして親は何があっても子供を守ることを伝えてください。子供の年齢は関係ありません。親はいつでも子供を守る存在であり、子供をどれだけ愛しているのか伝えましょう。
  • 事実を知る:知識は力となります。行動を起こす前にすべての詳細を調べてください。日付、場所、目撃者、ネットいじめなど、様々な証拠を、正確かつ可能な限り細かく調べましょう。
  • 感謝の気持ちを子供に伝える:いじめ問題について親に話してくれたことを感謝してください。いじめの加害者に口止めされているかもしれないため、罪悪感を覚える子供もいるかもしれません。しかし、親に伝えるというのは正しい行動であること、そして、その正直な行動に感謝していることも子供に伝えてください。

第二段階:行動を起こす

  • 子供の担任と面談を行う:いじめが学校で起こっている場合は、子供の担任と面談を行いましょう。いじめの事実を把握していないのであれば、教師も適切な行動を開始する必要があります。
  • 校長に相談する:担任の教師が介入してもいじめが止まらない場合は、担任よりも高い権限を持つ校長や教育委員会に相談してください。いじめは、子供に深刻な心身のダメージを与える有害な状況です。校長との面談の際には、担任にも同席するようにお願いしましょう。こうすることで、校長との面談がスムーズに行われるでしょう。
  • いじめの加害者の親に会う:まずは学校や教育委員会の対応を待ちますが、学校や教育委員会を通じて加害者とその親と会うことができます。どの親も自分の子供は「いい子」だと信じているため、加害者の親との面談は不快なものになる可能性が高いことに留意してください。
  • 警察に相談する:担任、校長、そして教育委員会に相談してもいじめが続く場合や、これらの機関が動いてくれない場合は、躊躇することなく警察に相談しましょう。必要に応じては被害届を出すことができます。
  • いじめホットライン:地域のいじめのホットラインなどに相談する方法もあります。

親として、自分の大切な子供のいじめに直面したとき、それに対処する正しい行動を定義するのは簡単ではありません。

親が行動を起こすのを「大げさ」だという人もいるかもしれませんが、そうではありません。

ためらうことなく、自分の子供のためにすぐに行動を起こすことが大切です。

いじめは子供の成長に深刻な影響を及ぼす問題であり、「子供同士で解決すべき問題」などではありません。

  • Musalem, Ricardo. Castro, Paulina. (2014). Qué se sabe de bullying. https://doi.org/10.1016/j.rmclc.2014.12.002
  • Ministerio de Educación de Ontario. Intimidación: todos podemos detenerla. http://www.edu.gov.on.ca/eng/multi/spanish/bullyinges.pdf
  • ChildHelp. Prevención de la intimidación: Lo que los padres y los niños pueden hacer para detener la intimidación en conjunto. https://www.childhelp.org/blog/bullying-prevention-tips-parents-children/?lang=es