血栓性外痔核とは何か、そしてその見分け方

血栓性外痔核は、痔核疾患の最も重篤な合併症です。この症状に苦しむ患者は継続的な痛みを抱えており、座ることさえできません。
血栓性外痔核とは何か、そしてその見分け方

最後の更新: 16 3月, 2021

痔の病気は最も頻繁な肛門科の病気であり、医療相談の主な理由の1つとなっています。世界人口の5%にこれに関連する症状があり、50歳を過ぎると有病率は50%になります。血栓性外痔核は、この病気の最も深刻な形態です。

痔は成人期には非常に一般的なものですが、血栓症の形態の場合直ちに医師の診察を必要とします。痛みはひどく刺すようなもので、場合によっては患者は座ることさえできません。これについてもっと知りたいの方は、ぜひ続きを読んでみてください。

血栓性外痔核とは?

米国国立医学図書館によると、痔とは肛門または直腸下部の周りの静脈が炎症を起こしていたり腫れている状態のことを指すそうです。場所と症状に基づいて、内部性と外部性に区別されます。

一般的に、外部のものはより多くの不快感を引き起こしますが、両方の場合において便の表面に出血が見られます。 こちらの肛門科クリニックで示されているように、軽度から血栓性まで、さまざまな程度の痔核があります。その特徴は次のとおりです。

  • グレードI: 痔核が完全に内部にあります。直腸の粘膜の下にある静脈瘤は成長しますが、そこから突き出ている状態です。これは、静脈の典型的な肥厚です。
  • グレードII:炎症が進行し、ほとんどの場合、排便後に静脈が肛門管の外側に突き出て、目に見える脱出を引き起こします。いきみ終わった直後に脱出症は消えて、自ら元の正しい場所に戻ります。
  • グレードIII:脱出が継続的です。つまり、痔核は常に外側から見えますが、手で内側に押すことができます。
  • グレードIV:脱出した静脈の循環が悪いため、血栓が発生します。これは、血栓性外痔核の場合に起こることであり、手で脱出症を内側に押すことはできません。

したがって、血栓性外痔核は、患部での適切な血流を妨げる血栓が形成された痔核です。この病状に直面した場合、唯一の選択肢は専門家の助けを迅速に求めることです。

血栓性痔核をブロックする血栓。
痔核内の血餅の形成は、循環が中断されるため、最も深刻な臨床形態です。

主な症状

血栓性外痔核を伴う結腸直腸手術ポータルによると、患者は激しく継続的な、刺すような痛みに苦しむそうです。この不快感はもはや排便とは関係がなく、それに苦しむ人は座ることさえできません。

この時点に達する前に、内痔核か外痔核かによって、他の臨床徴候に基づいて病気を発見することが可能です。その兆候には以下のようなものがあります。

  • 肛門領域のかゆみまたは刺激(外痔核がある場合)
  • 痛みや不快感
  • 肛門の周りの腫れ(外側も)
  • 出血:新しく開いた傷のような鮮血。上部消化管で発生する潰瘍などとは異なります。その場合は血液が部分的に消化されているため、黒っぽい便になります。

痔の血栓症を避けるために、これらいずれかの症状がある場合には医師に相談することをお勧めします。直腸出血は、痔核またはさらに深刻な何かが原因である可能性があります。

血栓性痔核の原因は?

すでに引用した情報源によると、痔核は肛門の周りの静脈に過度の圧力がかかると発生します。 Mayo Clinicによれば、原因には腸を空にしようとすることによる緊張、トイレに長時間座っていること、肥満、そして食物繊維の少ない食事をしていることなどが挙げられています。

一方、高血圧や仕事で座っている時間が長すぎるなど、比較的よくある要因が引き金になる可能性もあります。痔核は特定の原因から発生するものではありません。ほとんどの場合、さまざまな原因が組み合わさって起こります。

脂肪の摂取、座りがちな生活習慣、および肥満は、痔核の原因に大きく関わっています。

血栓性外痔核はどのように診断されますか?

Health Libraryに示されているように、専門の肛門科医が直腸鏡を使用して患者の肛門と直腸を検査します。このデバイスは、短い金属管(長さ6インチ)で、摩擦を起こさないようにした状態で直腸に挿入されます。

これにより軽度の血栓性外痔核と肛門ポリープを検出することができます。患者が不快に感じないようにするために、医師は分析対象のエリアに局所麻酔をかけることもあります。ただし、多くの場合手で行う検査(肛門に指を挿入する)で十分であるため、これが必要ない場合もあります。

利用可能な治療法

アプローチには外科的方法と非外科的方法があります。次で、可能な選択肢を確認していきましょう。

非外科的アプローチ

前述のポータルで示されているように、軽度のケースでは保守的なアプローチが必要です。 血栓が72時間以上前に形成された場合、自宅で患者自身が行うセルフケアを処方します。これには次のようなものがあります。

  • 痛みを和らげるための抗炎症クリームと坐薬の使用。
  • 最も急性の発作を避けるために、ぬるま湯で10〜15分間、1日4〜5回入浴します。
  • 痛みを和らげる鎮痛剤。
  • 特に肥満患者や妊娠中の人の食事療法の変更。

外科的アプローチ

外科的アプローチは、血栓摘出術痔核切除術の2つに分けられます。最初の手順は、外痔核の血栓を取り除くことです。外科医が、外来患者に局所麻酔下での切開を行います。

再発の可能性は高くなります。痔核切除術では、外科医によって痔核が取り除かれます。外来で行うこともあれば入院を必要とすることもあり、常に局所麻酔下で行われます。これは、問題を効果的に終わらせるため、ほとんどの場合、最も適切で適切な治療法なのです。

女性の痔核切除術。
痔核の除去は、血栓の場合に選択される外科的処置です。

予防法

多くの場合、痔核を予防することはシンプルに言って不可能です。コンピューターの前に座り、同じ位置で長時間の活動(7時間以上)を伴う仕事が多いので、現代人はかなり座りがちな生活をしています。いずれにせよ、血栓性外痔核の予防、またはそれが失敗した場合は外に出てきてしまうのを回避するために、以下のようなアドバイスに従ってみてください。

  • 食物繊維が豊富な食品を食べ、栄養補助サプリを摂取しましょう。これは常に医療または栄養の専門家によって言われていることです。食事中の繊維含有量は、1日あたり30グラム(1.2オンス)になるようにしましょう。
  • 水分をたっぷりと飲みましょう。これにより、便が柔らかくなり、排便時の負担が軽減されます。
  • 運動し、座りがちな生活を避けましょう。健康的なライフスタイルは、血栓性外痔核を予防するだけでなく、高血圧や糖尿病も予防します。

便中の血液に注意

血栓性外痔核はまれな合併症です。この状態は、ほとんどの場合は軽度で厄介な状態が続きます。ですが、症状が出た場合は、すみやかに医師の診察を受けてください。便に赤みがかった血がある場合、または排便するために多くの努力が必要な場合は、栄養士に相談することをお勧めします。そうして初めて、合併症を避けることができるでしょう。

こちらの記事もおすすめ
痔に悩むなら是非取り入れたいお勧め7選
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
痔に悩むなら是非取り入れたいお勧め7選

痔は、初期段階ではかゆみや皮膚の炎症、便に少し血が混じるなどの軽度の不快症状を引き起こします。いぼ痔となるなど、他の複雑な状態を招くこともあり、これは激しい痛みを伴います。痔からの回復を助ける薬はいろいろあります。しかし、自然の力を利用し、痔の回復をスピードアップさせることもお勧めです。