健康的で幸せな更年期を過ごすためのコツ

1月 16, 2019
更年期に健康的で幸せでいるということは、セルフケアをしっかりとして、自分の心の声をよく聞くという事です。そうすれば人生経験を積んだ自分自身の事がよく見えてくるでしょう。

一般的に、更年期に対しては間違った先入観が持たれがちで、多くの誤解があるようです。更年期が始まるとまるで人生の黄金期を終えてしまったように感じる方もいらっしゃるようです。思春期が始まった時の様に、肉体的にも精神的にも変化していく時期です。

しかし最近では更年期に対する正しい理解が広まりつつあり、健康的かつ幸せに更年期を過ごせるようにコントロールする方法も多く紹介されています。

健康的で幸せな更年期を過ごす為に必要な事

1.骨を強くする

足の骨のレントゲン写真

更年期に入ると骨がもろくなってきます。抗酸化作用によって骨の老化を遅らせてくれるカルシウムやミネラルを普段の食事からたっぷり摂る事をオススメします。

カルシウムやミネラルの力を最大限引き出すには運動も併せてしてみるのが効果的です。ウォーキングをすれば脂肪を燃やし、代謝を活発にしてくれます。

こちらもお読みください:丈夫な骨を作るカルシウム豊富な食品8選

 

2.1日20分 日光浴をする

毎日少し日光を浴びることはビタミンDを得るのに良い方法です。ビタミンDはあなたがカルシウムを摂取した時に体に取り込みやすくする働きをしてくれます。また、太陽を浴びる事で気分転換にもなり、まさに一石二鳥なのです。

日の出から2時間以内と日の入りまでの1時間以内の日光が特に体に良いとされています。ただし、紫外線はお肌に悪影響を与えるため、お肌の紫外線対策はしっかりと行いましょう。

 

3.水分をたっぷり摂る

水

ホットフラッシュという現象についてご存知でしょうか。これは、突然体が火照ってきて、大量の汗をかいてしまうという症状です。

汗によって水分を失い、乾燥や脱水を引き起こす事があるので、最低でも1日にコップ8杯分の水を摂取するように心がけて下さい。

これは更年期の方々に限らず皆さんに言える事ですが、ホットフラッシュの症状がある方は特に気を付けて下さい。お肌の若々しさを保ったり、体のあらゆる機能を正常に保つには、水分の摂取量が大きく関係しています。

水分が不足すればシワが出来やすくなり、くすみがちになり、内臓も十分に機能しなくなってしまうのです。

 

4.友人たちと共に楽しい時間を過ごす

女性2人が笑顔でドリンク

冒頭で、思春期という言葉がありましたが、本当にどちらも感情がジェットコースターのように不安定な時期です。そんな時期に大切なのが自分の時間を作るという事です。

友人と会って話すというのはとても重要で、脳にも良い影響を与えます。信頼できる友人と一緒に笑ったり、悩みを共有したりすることで精神的にも健康でいられるのです。

こちらもお読みください:ストレス解消効果のある女友達との時間

 

5.瞑想する

瞑想

最後になりましたが、自分自身を改めて見つめなおすというのも重要です。瞑想とは自分自身と向き合うという事ですが、自分が一体何者なのかを時間にも何にも縛られずに考えるのです。時間が過ぎてゆくのを止めることは出来ません。老化も止める事は出来ないのです。

これまでの人生の中で積み重ねたものを取り払い、もう一度子供の頃のあなたに戻るのです。心を解放して瞑想する事によって自分が今何を欲しているのかを知る事が出来ます。そうすればありのままの今の自分を楽しむことが出来るようになり、祝福したい様な気持ちになる事でしょう。

更年期とは、自分の内面を見つめなおす時間でもあるのです。自分についてしっかり考え、自分の事を労わってあげるのはとても大切なことです。

Santoro, N., Epperson, C. N., & Mathews, S. B. (2015). Menopausal Symptoms and Their Management. Endocrinology and Metabolism Clinics of North America, 44(3), 497–515. https://doi.org/10.1016/j.ecl.2015.05.001 Cohen, L. S., Soares, C. N., & Joffe, H. (2005). Diagnosis and management of mood disorders during the menopausal transition. The American Journal of Medicine, 118 Suppl 12B, 93–97. https://doi.org/10.1016/j.amjmed.2005.09.042 Soares, C. N., Prouty, J., Born, L., & Steiner, M. (2005). Treatment of menopause-related mood disturbances. CNS Spectrums, 10(6), 489–497.