結婚式を成功させるために新郎と新婦がすべきこと

2月 20, 2020
結婚式を計画するとき、新郎と新婦がするべきことがたくさんありますが、何から行って良いのかわからなくなることがあります。今回の記事では、何をするべきかについて説明します。

新郎と新婦が結婚式を計画するときには、間違いなくすべてを順調に進めて結婚式を成功させるために何をするべきか理解することが大切です。

多くの質問や疑問が生まれるかもしれませんが、結婚式は間違いなく人生の中で最も大切なイベントの一つであり、正しい方法で準備をすることが不可欠あるのは間違いありません。

結婚式を成功させるために何をするべきか理解することで、準備段階や結婚式当日に緊張したり不安になるのを防ぐのに役立ちます。

ここからは、結婚式を成功させるために考慮すべき点をご紹介します。

結婚式を計画するときに新郎新婦がすべきこと

結婚式を成功させるためには、パートナーと良好なコミュニケーションが最も大切であることを忘れないようにしましょう。

これは、「コミュニケーションと満足度:カップルの相互作用(Communication and Satisfaction: Looking at Couple Interaction)」 という記事で述べられていることです。

新郎と新婦の両者が、結婚式の計画と結婚式当日に何をするべきかに関して、すべて合意していることが大切です。

ここからは、新郎と新婦のするべきことやそのタスクを正しく準備する方法をご紹介します。

結婚式を成功させるために新郎がすべきこと

結婚式を成功させるために新郎と新婦がすべきこと 衣装選び

新郎は、結婚式に自分が着る衣装を選ぶ必要があります。

タキシードや着物など、新婦と話し合った上で二人が気に入る衣装を選択してください。

衣装のタイプを選んだら、自分が快適に過ごすことができるサイズを選ぶための試着を行なってください。

レンタルをするのか購入をするのかを考えてください。

また、例えばタキシードの場合は、靴やカフスボタンなどのアクサセリーも慎重に選んでください。

必要に応じて、家族や友人のアドバイスを受けるのも良いでしょう。

散髪やヒゲ剃りなど、結婚式当日に向けて、セルフケアを行なってください。

結婚式のタイプにより、「ベストマン」と呼ばれる同行者を選ぶこともあります。

これは花嫁と話し合い、お互いがブライズメイドやベストマンを必要とするかによって異なります。

こちらからさらに詳しく:憧れの結婚式〜メイドオブオナーとベストマンの役割

結婚式を成功させるために新婦がするべきこと

結婚式を成功させるために新郎と新婦がすべきこと ブライズメイド

新郎と同様に、新婦は結婚式のドレスや着物など、衣装を選ぶ必要があります。

現在では様々なタイプの衣装が用意されており、短いドレスを着用する人も増えています。

大切なのは、新婦が快適に感じる自分の好きな衣装を選ぶことです。

花嫁介添人やブライズメイドが必要な場合は、付き添いの人の衣装を花嫁が一緒に選ぶ必要があります。

衣装が決まったら、次は髪型です。

結婚式当日に依頼する美容師を見つけたら、結婚式の前にいくつかのヘアスタイルを試してみる必要があります。

また、フェイシャルなどのエステや、ネイル、そしてマッサージなども事前に行いましょう。

西洋風の結婚式ならば、バージンロードを一緒に歩く人を選ぶ必要があります。

こちらもご参考に:結婚式におススメの曲;ベスト30

結婚式を成功させるために二人が協力して行うべきこと

前述したように、新郎と新婦が別々に行うタスク以外に、二人が協力してするべきことがあります。

  • 会場:まずは結婚式場選びです。結婚式会場の飾りや当日の引き出物など、二人で決めることはたくさんあります。
  • ウエディングケーキ:ウエディングケーキや披露宴のメニューを決める必要があります。出席者の中にビーガンやベジタリアンの人がいる場合、または乳糖不耐性やセリアック病の人がいる場合などの対応も、会場側と話し合うことが大切です。
  • 結婚指輪:前述の項目は新郎か新婦が責任を負うことも可能ですが、結婚指輪選びは、必ず二人で行う必要があります。
  • ゲストリスト:結婚式の準備の中で一番大変な仕事の一つです。出席者が決まった後は、座席表を作らなくてはいけません。
  • 写真、ビデオ、音楽:披露宴や二次会で流す音楽やビデオなどを選びましょう。様々な場面で流す音楽は、新郎と新婦が二人で話し合って決める必要があります。DJやフォトグラファー、そしてビデオを撮影するカメラマンを雇う場合は、予算などをしっかりと検討してください。
  • ハネムーン:結婚式の計画で忙しくても、結婚式後すぐにハネムーンに行くのか、それとも後日ゆっくりと休暇を取ってでかけるのかなどは、事前に話し合って決めておくことが大切です。
  • 結婚式のスタイル:前述したようにどこで結婚式を挙げるのかを決めます。式だけを挙げる場合やパーティーだけ行う場合、または入籍だけ行う場合もあります。これは新郎と新婦の意見が一致するべき項目の一つです。
  • 予算:最後にご紹介するのは、実は最も大切な項目の一つである予算です。何にどのくらいの予算を使う予定なのか、結婚式の計画を立てる前に必ず話し合ってください。

今回ご紹介したように、結婚式を成功させるために新郎と新婦が行うべきことがたくさんあります。

結婚式を成功させるためには、二人が事前に話し合い、お互いがするべきことと二人でするべきことを計画して、それを実行することが大切です。

今回の記事が、あなたの結婚式を素晴らしいものにするのに役立つことを祈っています。

  • Botton Beja, Flora. (2017). Tendencias actuales en el matrimonio en China. Estudios de Asia y África, 52(3), 535-566. https://dx.doi.org/10.24201/eaa.v52i3.2301
  • Figueroa Weitzman, Rodrigo. (2014). Kierkegaard y el matrimonio. Veritas, (30), 83-104. https://dx.doi.org/10.4067/S0718-92732014000100005
  • Magallón Gómez, María Antonieta. (2013). La dignidad del matrimonio en el siglo XXI: Amor como paradigma. Boletín mexicano de derecho comparado, 46(138), 1025-1056. Recuperado en 01 de mayo de 2019, de http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0041-86332013000300006&lng=es&tlng=es.
  • Salinas Araneda, Carlos. (2010). EL RECONOCIMIENTO DEL MATRIMONIO RELIGIOSO EN EL DERECHO POSITIVO DEL ESTADO DE CHILE: UN VIEJO TEMA AÚN PENDIENTE. Revista de derecho (Valdivia), 23(1), 59-78. https://dx.doi.org/10.4067/S0718-09502010000100003