頚神経について知っておくべきすべてのこと

30 1月, 2020
脊髄神経の一つである頸神経は、C-1からC-8に進みます。感覚線維と運動線維で構成されています。

脊髄神経の一つである頸神経は、C-1からC-8に進みます。感覚線維と運動線維で構成されています。

頸神経は、脊髄に由来する8つの頸椎からなる脊髄神経グループの一つです。8つの椎骨であるC-1からC-8は、頭蓋底から始まります。

C-1(通常は後根がない)を除くすべての頸髄神経は、皮膚節につながっています。

デルマトームとは、それぞれの脊髄神経が支配する皮膚の領域のことです。

脊髄神経

頸神経は、脊髄神経の中の頸部の8対を指し、その機能は体のさまざまな部分の神経を刺激することです。

これらは、感覚根と運動根で構成されています。

感覚根は神経を刺激する筋肉に感受性を与え、運動根は筋肉が自動的に収縮することを可能にします。

頸神経を含む脊髄神経は次のとおりです。

  • 頸神経の8対(C1-C8)
  • 12の胸神経(T1-T12)
  • 尾骨神経
  • 5の仙骨神経(S1-S5)
  • 5の腰神経(L1〜L5)

続きを読む:ご存知ですか? うつ病につながるリスク要因5選

頸神経の特徴

頚神経について知っておくべきすべてのこと 脊柱

頸神経は、他のすべての脊髄神経と同じ特性を共有しています。

前述したように、頸神経は複雑な神経で、感覚線維と運動線維の両方で構成されています。

胸神経(T1からT12)を除く腹側枝のすべての区分は、神経叢として知られるいくつかの枝を形成します。

これらの叢は、頸部、上腕部、および腰仙部に現れます。

相互接続された枝の中で、腹側枝に由来する繊維が交差して再分布を行うため、その結果として生じる各枝には、異なる脊髄神経の繊維が含まれます。

各腹側枝からは、枝の異なる経路を経由して体の周辺に移動するため、各肢の筋肉は複数の脊髄神経によって刺激されます

頸神経

最初の4つの脊髄神経の腹側枝は、頸神経叢を形成します。

その枝は、次の領域の皮膚を刺激する皮膚神経であり、感覚刺激を伝達します。

  • 頭の後ろ

横隔神経線維は、主にC-3およびC-4からの線維をグループ化し、頸神経叢から発生します。

横隔神経は、胸部から、最も重要な呼吸筋である横隔膜までを通過します。

発見:神経系を強くする6つのヒント

頸神経C-5およびC-8の腹側神経は、T-1の前枝と一緒になって腕神経叢を形成します。

その根は、肩と上肢にエネルギーを供給する役割を果たします。

最後に、背側の皮膚の枝は、頸部椎間関節の刺激に関与し、これらの根から、頭と首からの筋肉の枝、および頂点(頭の最上面)と肩の間に含まれる皮膚を構成します。

頸神経の分割

頚神経について知っておくべきすべてのこと 神経系

他のすべての脊髄神経と同様に、頸神経は脊柱管から背側と腹側の両方に分かれます。

脊髄から離れると、前根と後根が結合して脊髄または後根神経節を形成します。

次に、神経節は次のように分かれます。

  • 腹側または腹側枝:太い枝で、他の脊髄神経の前枝と絡み合い、分裂し吻合して頸神経叢を形成します。
  • 背側または背側枝:脊髄の下位区分であり、腹側枝よりもはるかに薄いです。

結論として、頸神経は神経系の重要な部分です。

さまざまな病気や症状を避けるために、頸神経について学習して正しいケアをすることが大切です。

  • Gilroy, A. M., MacPherson, B. R., Ross, L. M., Schünke, M., Schulte, E., & Schumacher, U. (2008). Nervios Craneales. In Prometheus: Atlas de Anatomía.
  • SABORÍO BRENES, P. (2014). El plexo braquial. Revista OMNIA. https://doi.org/10.1016/S1286-935X(03)72271-0
  • Espino de la Cueva, C., & Núlez Herrera, D. (2012). Medula espinal.