経鼻投与について

11月 19, 2019
経鼻投与は、飲み込むのが困難な患者に薬剤投与するための代替手段です。

鼻から薬物を投与することは、容易な投薬方法であるために、頻繁に使用される手法で、他の投与経路よりも多くの利点があります。

薬を直接吸入することにより、体がよりよく薬を吸収することができます。これは、肺や鼻粘膜に直接働きかけるため、副作用のリスクが減るからです。全体的に見て、他の手法と比較して、より少ない用量で済みます。

このため、医師は多くの薬剤を経鼻投与で患者に与えています。詳細を下記でご説明します。

 

代替手法としての経鼻投薬

鼻粘膜 経鼻投与
経鼻投与は、飲み込むのが困難な患者に薬剤投与するための代替手段です。

粘膜には小さな血管がたくさん通っています。したがって、薬物が点鼻薬の形で直接適用される場合、局所的に作用します。しかし、気道全体に薬を行き渡らせるのが目的な場合、スプレー式の薬が使われます。

こちらもお読みください:アレルギー性鼻炎:5つの自然療法

ただし、すべての患者に経鼻投与ができるわけではありません。たとえば、嚥下障害のある高齢者や、窒息の危険がある赤ちゃんに最適な手法とされます。

患者が正しく呼吸できない場合(たとえば、呼吸不全の問題がある場合、または単に子どもの肺が発達していない場合)、吸引器やマスクを使用して、受動的に吸入させることもあります。

どのような種類の薬が経鼻投与されるのか

点鼻薬として投与させる薬には、様々なものがあります。以下は、最も一般的に使用されている薬剤と、それらが有用な疾患の種類です。

  • ステロイド。ここでは、鼻腔内ステロイドのことです。アレルギー性鼻炎とアレルギー性副鼻腔炎に使われる治療法です。慢性的な問題があるような場合でも、非常に高い有効性が認められます。
  • 抗ヒスタミン薬。ヒスタミンの放出をブロックします。ヒスタミンは、アレルギーの進行に重要な役割を果たす物質です。一般的に、鼻粘膜にスプレーで投薬され、アレルギー性鼻炎の治療に使用されます。ヒスタミンは血管拡張薬であるため、時には医師により他のタイプの鼻炎を緩和するためにも使用されます。鼻腔内ステロイドと組み合わせて、より良い結果を得ることができます。
  • アルファ遮断薬。最もよく知られている鼻腔内充血除去剤です。

鼻薬の投与方法

鼻づまり 経鼻投与

投薬手順は非常に簡単で、事前準備は必要ありません。患者は座っていることが求められるだけで、それ以外には特別な推奨事項はありません。

こちらもお読みください:鼻血に効果的な自然療法7選

手順

  1. まず、患者の鼻孔の衛生状態が良好であることを確認します。微生物が粘膜の内部に侵入するのを防ぐためです。
  2. バイアルを鼻孔に挿入します。鼻孔を傷つけないように注意する必要があります。薬が無駄にならないように、中央にバイアルを向けます。
  3. 口呼吸をしながら薬物を鼻へ投薬します。口呼吸はくしゃみを防ぎ、薬が正しい領域に留まるのを助けるためです。首を伸ばした状態で口から正しく呼吸しないと、薬が喉に落ちる可能性があります。
  4. 最後に、そのまま数分投薬します。

点鼻薬を塗った後に咳が出ても、心配しないでください。最初の数回に咳が出るのはよくあることです。

ただし、咳がひどくなり、息切れ、呼吸困難などの呼吸器症状が現れた場合、アレルギー反応である可能性があります。この場合、直ちに医者に相談してください。

薬を服用する前に、アレルギーテストを実施することを検討できますが、ほとんどの場合、咳は過敏反応によるものです。

  • Bitter, C., Suter-Zimmermann, K., & Surber, C. (2011). Nasal drug delivery in humans. In Topical Applications and the Mucosa. https://doi.org/10.1159/000321044
  • Türker, S., Onur, E., & Özer, Y. (2004). Nasal route and drug delivery systems. Pharmacy World and Science. https://doi.org/10.1023/B:PHAR.0000026823.82950.ff
  • Illum, L. (2002). Nasal drug delivery: New developments and strategies. Drug Discovery Today. https://doi.org/10.1016/S1359-6446(02)02529-1