家庭で出来る歯垢対策

11月 1, 2017
これからご紹介する自然療法は歯垢対策になるだけでなく、口臭や口内感染症を予防することも出来ます。

歯垢とは黄色い歯石のもととなるものです。これはバクテリアを増殖させる食べ物やその他の残りカスがミネラルと結合して出来ます。歯石は歯を守っているエナメルを劣化させます

歯垢はお口の中にあらゆるダメージを与えます。まず、歯垢が固まると歯石となり、除去するのがとても難しくなります。また、お口の中の酸性成分の分泌とバクテリアの増殖を促し、虫歯や感染症の原因となったりします。

お口の中を衛生的に保つことはとても大切です。幸い、歯を傷つけずに歯垢をやっつける自然療法がいくつかあります

これからご紹介する方法で問題が生じる前に対策を講じましょう。

 

1.クローブ

クローブ

クローブに含まれる天然精油には、抗菌作用があります。感染症による口臭を予防することが出来ます。

また、続けて使う事で歯垢の蓄積や出血、口臭予防になります。

材料

・クローブ  小さじ1/2

・水  1カップ

作り方

・沸騰させた水にクローブを浸け20分置きます。

・抽出した液で1日2回から3回、約1分うがいをしてください。

 

2.マスタードオイル

マスタードオイルには抗菌作用があり、口臭や感染症の予防になります。

葉や歯茎に付けると歯垢が除去しやすくなります。また歯の表面に蓄積した食べ物のカスやバクテリアを取り除きます

材料

・マスタードオイル  小さじ1

・水  1/2カップ

作り方

・少し塗る目に温めたお水にマスタードオイルを混ぜます。

使い方

・マスタードオイル水でうがいをします。

・もしくはコットンに十分なマスタードオイル水をつけて、歯茎に塗りつけていきます。

 

3.アロエ、レモン、グリセリン

アロエベラジェル

歯垢を取り除くのに、アロエベラ、レモン、グリセリンをペースト状にしたものが効果があります。

作りあがったら直接歯に付けて黄色くなった部分を取り除き、バクテリアの繁殖によるお口の嫌な臭いを抑えます

材料

・アロエベラのジェル  大さじ1

・レモン果汁  小さじ1

・植物性グリセリン  小さじ2

作り方

・清潔な容器に材料全てを入れてよく混ぜます。

使い方

・歯磨き粉の代わりにこのブレンドしたジェルを付けて磨きます。

1日2回、少なくとも週に2回は使ってください。

 

4.塩

塩水でうがいをするのは古くから行われている方法です。歯垢、バクテリア、口臭をやっつける力があります。

これは塩に消毒作用があるためです。細菌の増殖を抑え感染症の広がりを防ぎます。

材料

・水  1カップ

・塩  小さじ1

作り方と使い方

・2つをよく混ぜ、1日2回それぞれ2分ずつうがいします。

 

5.レモン果汁

レモン果汁

レモン果汁はアルカリ性で抗菌作用があり、歯に付いたプラークを取り除く力があります。

黄ばんだ歯を白くし、口臭や感染症を抑えます。

材料

・水  1/4カップ

・レモン果汁  半個分

作り方

・水を温めて、レモン果汁を加えます。

使い方

1日1回1分間うがいをします。

 

6.過酸化水素

過酸化水素を使ったマウスウォッシュは、歯垢で黄ばんだ歯を白くします

歯のエナメルを傷つけることなく細菌を殺し、口内感染症を予防します。

材料

・過酸化水素  大さじ2

・水 1/2カップ

作り方

・2つをよく混ぜ合わせます。

使い方

1日2回から3回うがいをします。

歯が黄ばんできていませんか? ご紹介した自然療法のうち、どれかお好きなものを1つ選んで試してみてください。お口の中を健康に保ちましょう!

 

あなたへおすすめ