カルシウムサプリの正しい選び方

10 7月, 2020
市販されているカルシウムサプリには、数え切れないほどの種類があります。どれを選ぶかは、あなたのニーズによって異なります。なので、まずは主治医に相談してみましょう。

時には、カルシウムの摂取量を改善するために、サプリで補うこともあるでしょう。カルシウムの摂取が不十分だと、特に閉経を迎えた女性の場合、早期骨粗鬆症を引き起こす可能性があります。

一般的に、カルシウムの消化は体内のビタミンDの量に関係しています。このため、両方の栄養素の値を推奨値内に保つことが重要です。しかし、食物繊維のように、特定の食品がカルシウムの吸収を妨げ ることがあります。

このミネラルを確実に摂取するためには、サプリに頼るのが良い方法です。しかし、すべてのサプリが同じというわけではないので、自分のニーズに合わせてどれを選べば良いのかを知っておく必要があります。

カルシウムは骨の健康に欠かせない

乳製品 カルシウムサプリの正しい選び方
乳製品や緑黄色野菜にはカルシウムが含まれています。しかし、それらを摂取するだけでは、1日の推奨量が十分に得られるとは限りません。

カルシウムは、骨の健康や機能性に直結するミネラルです。一般的に、乳製品や葉物緑黄色野菜にはカルシウムが豊富に含まれていますが、食事からの摂取量が不足している場合もあります。理想としては、1日に5皿分の野菜や果物を摂取し、乳製品を数皿分摂取することで、カルシウム不足になるリスクを減らすことができます。

こちらもお読みください:乳製品以外でカルシウムの多い食材

カルシウムサプリの種類

カルシウムサプリの正しい選び方
カルシウムのサプリには、様々な種類があります。適切なものを選ぶためには、自分のニーズをきちんと知ることが大切です。

市販のサプリで最も一般的なのは炭酸カルシウムです。これは比較的安価で、簡単に摂取できる製品です。多くの場合、1回の服用量あたり約200mgのカルシウムが含まれた錠剤や、噛んで食べるタイプのサプリなどがあります。

一方、最も一般的な処方用サプリはクエン酸カルシウムです。処方箋薬は高価なサプリですが、吸収率が良いのが特徴です。主に胃酸値が低く、炭酸カルシウムの吸収を妨げる可能性がある人に使用されています。

これら2種類の他にも、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、グルコン酸カルシウムが市販されています。しかし、これらは最初に挙げた2つのタイプに比べて、カルシウムの含有量が少ないのです。

カルシウムサプリメントを選ぶ際には、ラベルに「精製」と書かれているものを選ぶことが重要です。また、未精製の牡蠣殻、骨粉、ドロマイトから作られた製品は、重金属が含まれている可能性があるため、避けた方が良いでしょう。

カルシウムの摂取量を増やす方法

カルシウムの摂取量を増やしたい場合は、いくつかの推奨事項を検討する必要があります。まず、必ず医療専門家のアドバイスを受けましょう。それから、サプリの用量は徐々に増やすべきです。さらに、一日を通して投与量を配分することをお勧めします。そうすることで、腸に現れる副作用を防ぐことができます。

また、通常、カルシウムとビタミンDを組み合わせることで効果が増幅します。適切な方法で日光を浴びたり、卵や青魚の消費量を増やしたり、ビタミンDを豊富に含んだサプリを利用することで、カルシウムの摂取とビタミンDの摂取を両立させることができます。

こちらもお読みください:カルシウム吸収力を上げるヒント7つ

カルシウムサプリの摂取に関する注意事項

カルシウムを過剰に摂取した結果、最悪の副作用として腎臓結石が発生することがあります。しかし、この種の症状はすべての人に現れるわけではなく、その素因がある人に現れます。

さらに、カルシウムの過剰摂取は、鉄、亜鉛、マグネシウム、リンなどの他の栄養素の吸収を妨げる可能性があります。このため、1日の推奨摂取量を超えてはいけません。

カルシウムを過剰に摂取したり、カルシウムの摂取による副作用に悩まされたりした場合は、水分や食物繊維を多く含む食品の摂取量を増やして、カルシウムの吸収を制限しましょう。

まとめ

食事から十分な量のカルシウムを摂取できていない場合は、サプリに頼ることも必要かもしれません。市販されているさまざまなサプリの中から、自分のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

しかし、副作用を防ぐために徐々に用量を増やすことが重要です。最後に、カルシウムの吸収と作用を最大にするために、カルシウムサプリとビタミンDサプリを組み合わせることが良い場合があります。いずれの場合も、サプリを摂取する前に、医師や栄養士に相談して、必要性を検討してもらい、適切な量を指示してもらうことをお勧めします。

  • Valverde, C. N., & Quesada Gómez, J. M. (2015). Vitamin D, determinant of bone and extrabone health. Importance of Vitamin D supplementation in milk and dairy products. Nutricion Hospitalaria. https://doi.org/10.3305/nh.2015.31.sup2.8678
  • Schulze, K. J. (2012). Calcium. In Encyclopedia of Human Nutrition. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-375083-9.00034-9
  • Bauer, D. C. (2013). Calcium supplements and fracture prevention. New England Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/NEJMcp1210380
  • Bolland, M. J., Grey, A., Avenell, A., Gamble, G. D., & Reid, I. R. (2011). Calcium supplements with or without vitamin D and risk of cardiovascular events: Reanalysis of the Women’s Health Initiative limited access dataset and meta-analysis. BMJ. https://doi.org/10.1136/bmj.d2040
  • Reid, I. R., Bristow, S. M., & Bolland, M. J. (2015). Calcium supplements: Benefits and risks. Journal of Internal Medicine. https://doi.org/10.1111/joim.12394