体のあらゆる部分に悪影響を及ぼす心臓疾患

シカゴにある米国血管外科学会によると、心臓病はアテローム性動脈硬化症に繋がるそうです。これは心臓だけの問題ではありません。足全体や腎臓、更には脳にまで届き、悪影響を及ぼします。

また症状がさらに進むと、動脈内にプラークが蓄積されます。これは末端動脈疾患(PAD)として知られています。

動脈が塞がれてしまうと、体全体に酸素を循環させるのが困難になります。

 

心臓病と末端動脈疾患

心臓病が発端で起こるあらゆる病気の中でも、アメリカでは末端動脈疾患が最も多いです。

これは心臓病の影響が足全体に広がった時に起きる病気で、に血液が十分に行き届かないことで、傷が癒えにくくなります。酷いケースになると、壊死のリスクを伴います

歩くときに痛みを感じる方はすぐに受診して、非侵襲的検査を受けてください。

これは足首周りの血圧を測るもので、その後の合併症などを防ぐことが出来ます。

 

心臓病を予防する生活習慣

動脈や血管を健康に保つためには基本的な健康習慣を身に付けましょう。

まずは、血圧、血糖値、コレステロール値などの自分の健康状態を知ることが大切です。

心臓病に悪い影響を及ぼすものとして以下のものが挙げられます。

喫煙

・ストレス

・座る時間の長い生活

・脂肪分、タンパク質、炭水化物をたっぷり含んだ食事

定期的な運動は心臓病予防にとても大切です。

心臓病をお持ちの方は必ず受診して医師の指示に従ってください。どのようなリスクがあるのかをしっかり判断してもらい、適切な治療法を見つけてもらいましょう。

もし非侵襲的治療で効果がなければ、外科手術という手段があります。遮断された動脈を迂回して血液の流れを滞りのないものにします。

 

心臓病と循環器疾患

この2つの病気は混同されがちですが、それぞれ体の別の部分で起きる症状です。

心臓病は心臓と心臓血管に影響が出ます。

ご存知かもしれませんが、心臓はポンプのような働きをする強い筋肉を持ったこぶし大の臓器です。血液を強く押し出し、循環系を通して体全体に届けます。

心臓病やその他の心臓や循環器の疾患は突然現れるものではありません。

脳に血液を運ぶ動脈は、時間をかけて塞がれていきます。これは主に脂肪分とコレステロールの蓄積によるものです。

この血流の低下は心臓発作を引き起こしたり、脳出血を起こす原因となります。

 

女性の心臓病

女性の中には心臓病は男性に起こる病気だと思っている方もいるようですが、これは女性にも十分起こり得るものなのです。

 

心臓病と循環器疾患の種類

アテローム性動脈硬化症

これは動脈が狭く、硬くなることで起きる病気です。

加齢とともに動脈が硬くなるのは普通ですが、アテローム性動脈硬化症の場合は血管の内側の壁がプラークの蓄積により更に狭くなっています。

 

ブルガダ症候群

これは遺伝的な病気です。

心臓タンパク質の構築をする遺伝子異常が原因です。心臓タンパク質は細胞膜を通してイオン(電子)の調整を図ります。

 

突発性血小板減少性紫斑病

免疫系の血小板が破壊されるとヘモグロビン異常が起こります。

血小板は血液凝固させ出血を止めるのに不可欠なものです。

心臓病について正しい情報と知識を得ましょう。健康的な食事と毎日のエクササイズを欠かさず、体を大切に生活してください!