カラーリングした髪の/ナチュラルお手入れ

· 8月 7, 2015

白髪を隠すため、またはイメージチェンジのために髪を染める女性の多くが、髪の艶やなめらかさを失いがちです。これは、ヘアカラーに含まれる化学物質が髪に大きなダメージを与えるためです。ここで、こういったカラーリングした髪の悩みに効果的でナチュラルなお手入れ方法を見ていきましょう。

カラーリング、でもツヤツヤ・なめらか…それって可能?

この3つの言葉、なんだか一緒にしてはいけないような、もしくは3つとも同時に手に入れることなんて不可能のような感じがしますね。髪を染めたり白髪を隠したり、その数日後には、思ったようにきれに染め上らないだけではなく、大抵見た目もさわり心地もゴワゴワした髪になってしまいます。これ、化学物質がいっぱいのヘアカラーもさることながら、実は毎日の不注意や間違ったお手入れの仕方も原因の一つ。ヘアアイロン、ドライヤー、カーラー、日光など、髪にはダメージがいっぱいです。

カラーリング2

ではここで、髪を染めた後のアドバイスをいくつかご紹介します。

保湿する:ココナッツオイル、オリーブオイル、またはオートミルクといった自然の物を使って、週に一回保湿のためのマッサージを行いましょう。市販されている専用のクリームを使っても大丈夫です。15分から20分おいたら、水で流していつものように髪を洗います。ただし乾燥がひどい場合は、水で流すだけにします。より効果を上げるには、置いているあいだにビニールキャップで頭を覆います。ヘアカラーのパッケージに、約10日間使い続けるようにヘアバルサムが同封されているものがありますが、これを忘れないようにしてください。あまりケチらず、出来る限り良いトリートメント商品を使うようにしましょう。

洗う:カラーリング後の髪に一番良いシャンプー・コンディショナーは、ホホバオイルやココナッツオイルを使用したものです。出来るだけナチュラル志向の商品を選び、短期間でより効果を上げたいときは、自分でナチュラルシャンプーを作ることもできます。色を保って髪をいたわるための商品も、数えきれないほど市販されています。ただし、脂性の人のためのシャンプーや、「しっかり洗う」ことを謳ったシャンプーは、ヘアカラーまで流してしまうので避けましょう。

守る:日光、プールのカルキ、海水、風などは、特にカラーリング後の髪には恐ろしい敵です。夏の間は、スプレーやクリーム、帽子やハンカチなどを使って、髪の保護にさらに気を配る必要があります。こうすることで、まず太陽光がヘアカラーを褪せてしまうことを防ぐバリアを作ります。また、ヘアアイロンやドライヤーといった、髪を乾燥させて色を奪ってしまう「機械的」ダメージから守ることも必須です。これらのツールを利用する前には必ずヘアバルサムを髪に塗るようにし、髪が濡れていたり湿っているときには絶対にヘアアイロンを使わないようにしましょう。

カラーリング3

アンモニアを避ける:最近は減りましたが、まだヘアカラーにこの髪に大ダメージのアンモニアを使っている商品があります。髪を傷めて乾燥させ、生き生きとした艶のある見た目を失わせてしまいます。ビューティーショップでアンモニアが使われていない商品を聞いて、次にカラーリングする時に選ぶようにしましょう。

切る:専門家によると、年に3回ほど、髪の健康のために髪をカットする(数センチだけでOK)と良いそうです。美容院に行くほどでもないので、自分で切るか友達に頼んで切ってもらうのも良いでしょう。毛先だけ自分で切って、半年に一回美容院でプロに切ってもらうと丁度いいです。

 

カラーリングした髪のためのナチュラルトリートメント

家にあるものを使って、カラーリングした髪に効果大のヘアパックやトリートメントを作ることができます。色をキープして、やわらかく艶のある髪を作り出してくれます。

マヨネーズパック:カラーリングでひどく乾燥してしまった髪を回復するのに役立ちます。半カップのマヨネーズを、根元から毛先まで塗ります。15分間タオルで包んで、良く保湿されるようにします。たっぷりのお湯(熱すぎないもの)で良く洗い流し、最後に水で流して毛包を閉じます。週に一回行いましょう。

カラーリング4

ココアバターパック枝毛や、ヘアカラーの化学物質によるダメージを回復し、艶を取り戻すのに最適の方法です。半カップのココアバターをレンジにかけてやわらかくします。髪の真ん中から毛先にかけて塗ります。10分置いた後お湯で洗い流しましょう。最後に少し水で流します。7日に一回これを繰り返しましょう。

卵パック:化学物質で傷んだり乾燥した髪を再生してくれます。卵2つ分の黄身を溶いて髪に塗ります。髪をおだんごにして20分置きます。良く流した後、きれいになって臭いが取れるようしっかりシャンプーしましょう。

アボカドパック:アボカドには脂肪酸とビタミンが含まれ、カラーリング後の髪に最適です。数分で、つややかでなめらかな美しい髪を取り戻せます。アボカドの中身を取り出して、髪に塗るだけです。30分置いてから水で流しましょう。

ヨーグルトパック:ヘアカラーによってダメージを受けてしまった頭皮をやわらくしてくれます。プレーンヨーグルト一カップを髪全体に塗り15分置きます。良く流していつものように髪を洗います。

画像協力:Palmira Van, Orin Zebest, Nathan O’Nions, rekre89 y Helernn