肝臓をきれいにする/レーズンウォーター

· 1月 15, 2016

レーズンウォーターの利点について聞いたことがありますか?

食生活にぜひ加えるべき多くの効能があるレーズンウォーターですが、特に肝臓に効果があります。

本記事では肝臓のデトックスと強化を目的としたシンプルな自然療法をご紹介します。

レーズンウォーターは肝臓内の特定の生化学的プロセスを刺激し、より効果的に血液をデトックスするのに役立つと言われています。

ご存知の通り、レーズンウォーターの利点は主にレーズン、つまりブドウです。

4日間連続でレーズンウォーターを摂取すれば、消化が改善されて体にエネルギーが溢れます。

レーズンウォーターの利点

レーズン

多くの医師が、心臓をケアし悪玉コレステロールを取り除き、トリグリセリドレベルを下げ、便秘や胃の不調を防ぐために、朝にレーズンを食べることを勧めています。

干しぶどうと呼ばれることもあるレーズンは、ビタミンやミネラルのナチュラルな供給源で、レーズンを浸した水を飲めば、糖の含有量は減りながら、肝臓に優れた薬効は維持されるからです。

ご存知ですか?:赤ぶどうが体にいい5つの理由

抗酸化物質のナチュラルな供給源

レーズンは抗酸化物質の最高の天然の供給源の一つで、フリーラジカルによるダメージから私たちの体を守り、病気に対する防御を強化すると言われるフラボノイドが豊富な果物です。

レーズンとレーズンウォーターは伝統的に、心臓や肝臓の種々の疾患を防止するために使用されてきました。

身体のデトックスに役立つ

既にご存知のように、肝臓と腎臓は共に血液を浄化し、体内に蓄積して最終的に病気を引き起こす毒素と重金属を除去する重要な器官です。

しかし時には、これらの重要な機能は、不適切な食べ物の選択、脂肪を多く含む食品の過剰摂取、良くない生活習慣によって阻害されます。

少なくとも月に一回、4日間連続でレーズンウォーターを飲むと、体内をデトックスしてその機能を促進するため、体が重く感じたり消化が遅かったり辛かったりする時にすると効果にすぐ気づくでしょう。

消化の促進

レーズンウォーターは、血流を浄化し肝機能を促進する簡単で効果的な方法であり、また消化を改善します。

胃酸の分泌を促進し、食べ物を処理して栄養素を吸収する助け となります。レーズンウォーター療法を開始して2日後ぐらいに、こうした利点に身体で気づき始めるでしょう。

こちらの記事もお見逃しなく:6つの薬用植物で消化をケアしよう

レーズンウォーターの作り方

レーズン2

材料

  • 水2カップ(400ミリリットル)
  • レーズン150グラム

作り方

  • 慎重にレーズンを選ぶことをお勧めします 。表面が明るく光っているものは、化学的処理の結果であるので、避けましょう。有機栽培のレーズンを購入するか、成長の際に化学物質や殺虫剤で処理されていないと知っているナチュラルショップで手に入れましょう。
  • レーズンを洗い、それらを脇に置きます。
  • 水2カップを加熱し沸騰させます。レーズンを加えて20分間煮ます
  • レーズンを一晩水に浸しておかなければなりません。
  • 翌朝、その水を濾し、お好みで暖かく、または熱くして飲むことができますが、起床後すぐの空腹時に飲むことが最も重要です。 飲んでから30〜35分待って、朝食を食べましょう。
ティー

  • 数日間連続で飲むのが理想的です。翌朝目覚めたらすぐ飲めるよう、夜にレーズンウォーターを用意しておきましょう。
  • 4日間以上この療法を行ってください。 
  • 月に一度が理想的です。この方法には副作用もありません。
  • 最も大きなメリットは、通常レーズンに含まれているたくさんの糖分の摂取を避けられることです。
  • 低脂肪で新鮮な果物や野菜をたくさん含む食事をすれば、全体的な肝臓の健康を促進すると共に、レーズンウォーターは毎日の食事を上手く補ってくれるでしょう。