感情のバランスを取るための5つのステップ

感情を良い方向へ導く方法を身につけ、感情のバランスを取りましょう。

安定した感情は穏やかな環境があって生まれるものです。また、内面の調和によって整えられます。この段階にたどり着くのは容易なことではありませんが、実は到達しやすくするストラテジーというものが存在します。

感情が安定することは心が健康であることと同じような意味です。また、身体の健康とも密接に結びついています。

この安定を手に入れたなら、素晴らしいことが起こります。過去でも未来でもなく、完全にその瞬間に存在することができるのです。自分の自尊感情を壊すようなものは何もありません。そして上手に自己コントロールができるという感覚が得られるでしょう。

これについてよく考えてみれば、社会は驚くべき場所であるということに気がつくでしょう。私たちの社会は騒音とスピードでできているのです。

社会は私たちに対し、役に立つ働き手であること、最高の娘であること、良い父親であること、素晴らしい姉であること、良い隣人であることなどを要求してきます。

こういった外部からのプレッシャーは、私たちを本来の姿から大きく引き離してしまいます。私たちは自分らしくいられなくなり、疲れ果ててしまいます。もしかすると、感情のバランスは完全にめちゃくちゃになってしまうかもしれません。

穏やかにいる方法を見つけなくてはいけません。自分自身のニーズと外部からの要求との間の調和を見つけることは可能です。この確かな感情のバランスを見つける必要があるのです。結局のところ、感情のバランスをとることができれば、私たちはもっと幸せで自由になれるのですから。

是非そのことを心に留めながら、今日の記事を読んでみてください。

感情のバランスを手にいれるためのサムライ哲学

このタイトルはあなたの目を引きましたか?パッと見て、サムライと哲学が一体どうして一緒に使われているのだろうと思ったのではないでしょうか。

しかし、武士道哲学は単純な運動コーチングよりももっと素晴らしいものです。武士道は知る価値のあるものと言えます。

トーマス・クリアリーの『Training the Samurai Mind: A Bushido Sourcebook』のような本は欧米でも書店のいたるところに置かれています。

この本では、筆者はサムライが自分の心を鎮めるために行ったことを取り上げています。自らの心を鎮め、感情のバランスを取ることで、敵を打ち負かすことができたと述べています。

実際に、武士道は個の成長のためのストラテジーを要約した哲学であり、数え切れないほどの自己啓発の達人たちを魅了してきました。

今日は、5つの基本的なストラテジーをご紹介します。感情のバランスを取る方法を見つけるのに、きっと役立つでしょう。

woman-ocean

1. 心配事を乗り越える

恐れているものや事柄に自分が飲み込まれてしまってはいけません。感情のバランスを手にいれるには、現実でしっかりと踏ん張ることが大切なのです。

  • 心配事に負けないことは簡単です。つまり、自分の周りの世界をはっきりと予測することが必要なのです。状況をコントロールする必要があるでしょう。
  • 心配事に一旦負けてしまったら、ズルズルと深いところに飲み込まれてしまうでしょう。

例えば、もし仕事がなかったらどうなるでしょう?

きっと自分の感情がコントロールができなくなるに違いありません。もしそんな状況になれば、”解決策なんてない”とか”この先ずっとこのままなんだろう”と自分に 言い聞かせてしまうかもしれません。しかし、自分の中の恐れに気をつけて下さい。

心配事に飲み込まれてはいけません。心配事に飲み込まれないよう、少し上の位置にいることでコントロールを保つことができるのです。そうすれば、あなたが恐れている事柄は力を失ってしまうでしょう。

2. 逆境を受け入れる

サムライは自分たちの死を受け入れました。遅かれ早かれ、任務のためには自分の命を諦めるであろうということを理解していたのです。これは武士道の一部です。

  • 逆境を受け入れなくてはいけません。結局のところ、人生は簡単なものではないということに気づくことが大切なのです。時として、私たちは何かを失います。また、何かをあえて手放さなくてはいけない時もあるのです。
  • 人生のこのダークサイドを受け入れることで、より現実的になれるでしょう。また、穏やかな心を維持するのにも役立ちます。そうすることで感情のバランスを手にいれることができるのです。

3. 決定力を身につける

人生は単に傍観しているのではなく、積極的に参加しなくてはいけません。様々な決定を下すことを学ばなくてはいけないのです。もし決定しなければ、私たちの自尊心、感情、威厳、価値は簡単に崩れ去ってしまうことでしょう。

私たちは自己主張をすることが必要です。それにより、自分の心の戦場で戦う歩兵ではなく、将軍になれるでしょう。

woman-with-her-hand-over-her-eyes

4. 一番の仲間は自分の精神

サムライにとっての一番の仲間は自分の精神です。結局のところ、穏やかな心でいてこそ敵を倒すことができるのです。

  • バランスのとれた心には、たくさんの敵がいます。例えば、ストレス、猜疑心、恐れなどは最も大きな敵でしょう。何かに集中しようと思ってもこれらの敵がいれば心が乱されてしまいます。
  • 心を訓練するには、毎日自分のための時間を取ることが必要です。
  • 静けさや瞑想、自分のニーズに応えることはとても重要です。こういったことを行う時間を毎日1〜2時間取りましょう。穏やかな心を手にいれる方法です。

5. 自分の価値、主義、目標をはっきりさせる

horizon

人は皆、心に何らかの目標や計画を持って毎朝目覚めるべきです。そんなに難しい内容でなくていいのです。「私は幸せになりたいし、なるべきだ」というようなことでもいいのです。

サムライに武士道があるように、私たちにはそれぞれの価値があるべきなのです。

  • もし目標があって、何から始めればいいのかわかっているのなら、あなたを止めるものは何もありません。自分がどこに向かい、自分の主義は何なのか知っているはずです。これがもたらす心理的バランス、感情のバランスはとても意味のあるものなのです。

今日から是非練習してみましょう!