住血吸虫症とは? どうやって感染するの?

12月 27, 2019
住血吸虫症は、世界中で感染者の多い寄生虫病です。清潔な飲料水へのアクセスが悪い熱帯地域でよく見られます。

住血吸虫症は、住血吸虫科の寄生虫によって引き起こされる病気です。生物学的分類によると、問題の寄生虫は吸血虫の一種です。

この病気の分布に関する世界的なデータは驚くべきものです。住血吸虫症は、主にアフリカ、ブラジル、およびアジアで発生しますが、78か国が自国の領土内での感染を確認しています。 2億人が感染していると考えられており、さらに800万人がこの感染症にかかるリスクがあります。

この病気が原因の死亡者数を計算するのに使える、比較的信頼できる研究は最近では2000年に実施されました。当時、世界保健機関によると毎年20万人がこの病気のために命を落としていました。死亡者数は、薬の使用が増えたために減少した可能性が最も高いとされます。

こちらもお読みください:子どもの尿路感染症を自然な方法で和らげよう

住血吸虫症は寄生虫によるもの

問題の寄生虫は、皮膚を貫通することができる住血吸虫科に分類されます。皮膚を貫通することで人間に病気を感染させます。住血吸虫症は寄生虫病であるため、「宿主」の存在が必要です。寄生虫という厄介なゲストをもてなすのは、人間と淡水産巻き貝です。

伝染経路としては、淡水産巻き貝が中間宿主として機能します。巻き貝の中で、住血吸虫は成長し、泳ぎ、やがて人間の内部に侵入します。

住血吸虫の一生を要約すれば、下記のような説明になります。

  • 寄生虫の卵が、既に感染した人間の糞尿から出て、水源に到達します。
  • 水中で、卵が「ミラシジウム」と呼ばれる段階になった時、寄生虫を放出します。
  • 幼虫(ミラシディア)が淡水産巻き貝の皮膚を突き破ります。
  • 巻き貝の内部で寄生虫が成長し、「セルカリア」と呼ばれる幼虫の段階に達します。
  • セルカリアが巻き貝を離れ、次なる宿主の人間に遭遇するまで淡水源を泳ぎ回ります。
  • 寄生虫が皮膚を貫通して人体に入ります。
  • 人間の内部で、住血吸虫が血管に到達し、肝臓に移動します肝臓で成熟して大人の寄生虫になります。
  • 成虫となった寄生虫は、人間の血流内に留まり、産卵して繁殖します。人間が糞や尿から卵を放出すると、また同じサイクルが始まります。さらに、この寄生虫はさまざまな器官に移り住み、さまざまな症状を引き起こします
血流 住血吸虫症

住血吸虫症の症状

住血吸虫症の最初の徴候は、住血吸虫が侵入した部位に現れる傷です。患部では、通常、皮膚に発疹と変色が現れます。発疹は、寄生虫が体内に侵入してから最大1週間が経過して現れる場合があります。

次の状態は「片山病」として知られ、人間の体内で繁殖した成虫の卵に対する反応です。

片山病では次の症状が起こる場合があります。

  • 発熱
  • 全身倦怠感
  • 筋肉痛
  • 疲労感
  • 下痢
  • 血尿

これらの症状が出た後、感染症は慢性化する可能性があり、寄生虫症の最終形態に写ります。このステージで一般的に症状が現れる部位は次のとおりです。

  • 胃腸。卵が腸壁に付着します。さらに、宿主となった患者には下痢と便秘が交互に起こるだけでなく、血便も経験します。重症の場合、腸閉塞になる可能性があります。
  • 肝臓。卵が肝臓に残り、炎症と腫脹を引き起こします。肝血管の閉塞に繋がり、門脈圧亢進症を引き起こす可能性があります。
  • 泌尿生殖器。卵が尿路に残り、血尿を引き起こします。この状態が進行すると、尿にタンパクが多く流れ出るネフローゼ症候群になります。最も致命的な結果は腎不全です。これは、腎臓が必要な機能を実行できなくなったときに起こります。

治療方法

医療専門家により住血吸虫症の診断が下った時、住血吸虫症に最適な薬剤は寄生虫薬です。便または尿の顕微鏡検査が、陽性かどうかの診断に使われます。

住血吸虫の卵は特徴的な形状をしているので、顕微鏡を使用して簡単に検出できます。しかし、場合によっては、寄生虫が体内に侵入してから少なくとも2か月まで卵が見えないこともあります。

こちらもお読みください:感染症の対処に効果的な10種類の食材

薬 住血吸虫症

吸虫駆除剤のプラジカンテルは、一般的に使われる薬剤であり、さまざまな科学的研究がその有効性を裏付けています。なんと世界保健機関はこの薬を無料で配布しています。

イベルメクチンなどの代替治療法も提案されてきましたが、これまでのところ、この薬がより効果的であることを示す試験はまだありません。

予防

住血吸虫症は、多くの場合、川などの自然の真水や汚染された水を飲むことが原因で起こります。

また、水泳などの運動を30分以上する人もリスクを持っています。したがって、このことを念頭に置いて適切な予防措置を講じることが重要です。

アフリカやブラジルの一部など、住血吸虫が風土病と化している地域では、水泳、入浴、魚釣り、洗濯を行う水域でサンプルを採取する必要があります。さらに、作物の散水に使用される淡水を管理し、頻繁にチェックすることも重要です。

  • Gray DJ, Allen G, Yue-Sheng, McManus DP. Esquistosomiasis: diagnóstico y manejo clinic. BMJ 2011;342:2651-2651
  • King CH, Dangerfield-Cha M. The unacknowledged impact of chronic schistosomiasis. Chronic Illness 2008;4:65-79
  • Doenhoff MJ, Cioli D, Utzinger J. Praziquantel: mechanisms of action, resistance and new derivatives for schistosomiasis. Curr Opin Infect Dis 2008;21:659-67.