準菜食主義というライフスタイルの利点を発見しよう!

17 1月, 2021
今回は、準菜食主義の利点についてすべてお話ししたいと思います。準菜食主義という言葉は、主に野菜を食べるライフスタイルを指しますが、準菜食主義者は、時折肉を消費します。本記事でより詳しく学びましょう。

準菜食主義について聞いたことはありますか? ベジタリアンと呼ばれる菜食主義やビーガンという食事法は、ライフスタイルとして力強く現代社会に浸透していますが、実は準菜食主義、セミ・ベジタリアン、フレキシタリアンと呼ばれるグループが増えています。

準菜食主義という言葉をよく知っていますか? 準菜食主義の利点についてより深く理解したいと思いますか? ぜひこのままご覧ください!

準菜食主義という単語は、実はごく最近生まれた単語です。具体的には、食事法に柔軟であることを意味します。つまり、準菜食主義について詳しく知らなくても、実はこのグループにすでに属しているかもしれません。ここからは、準菜食主義の詳細について説明します。

準菜食主義とは何ですか?

準菜食主義者とは、野菜を食べるという菜食をベースとした食生活を送る人ですが、準菜食主義は魚などの魚介類、そして鶏肉を食べることがあります。

ベジタリアンと呼ばれる菜食主義者が増えている中で、ベジタリアンとしてのライフスタイルを開始するとき、まず最初に準菜食主義から始める人がいます。そして、将来的に完全に食生活から肉類を排除することを目的として、徐々に肉を食べるのをやめます。

また、肉好きではない人やを特別な機会にのみ肉を食べる人、そして魚をはじめとする魚介類は消費するけれど、牛肉は食べない人なども、準菜食主義であるということができるでしょう。

準菜食主義と日本語では呼ばれていますが、これはベジタリアン、つまり菜食主義のサブグループではありません。菜食主義の人は、どのような状況でも動物の肉を消費しないという明確な倫理的理由があります。ただし、準菜食主義者の場合、肉類の消費は倫理面や自分のライフスタイルに反する行為ではないため、肉の消費に関して罪悪感を感じることはないでしょう。

準菜食主義というライフスタイルの利点を発見しよう! 豊富な選択肢
準菜食主義は菜食主義のサブグループではなく、特定のライフスタイルと考えましょう。

こちらもご参照を:栄養素を減らすことなくベジタリアンダイエットを実践する方法

準菜食主義の利点は何ですか?

いくつかの研究によると、野菜を基盤とした栄養素が健康上の多くの利点をもたらす可能性を示唆しています。もちろん、これは栄養のバランスが取れた各個人のニーズに合う食生活を通じて行われるべきです。また、アルコールやタバコ、そして揚げ物や加工食品など、私たちの健康に有害な食品や物質の摂取を制限していることを前提とする必要があります。

ここからは、準菜食主義が私たちの身体に与えるプラスの影響について詳しく説明します。

心血管疾患の発症を予防する

心血管疾患は世界的に深刻な公衆衛生の問題です。実際に先進国では主要な死因の一つです。心血管系疾患は、飽和脂肪酸とコレステロール(赤身の肉や肉製品に豊富に含まれる栄養素)が動脈に蓄積したことに起因します。

科学的根拠は、準菜食主義などの野菜などの植物性食品をベースにした食生活が、個人が非伝染性の病気の発症を回避できる可能性があると示唆しています。不健康な脂質の消費量が少ないだけでなく、血管の健康を改善することができる抗酸化物質や抗炎症化合物を豊富に含んでいる植物性食品から、私たちは多くの恩恵を受けます。

肥満と糖尿病の予防

肥満と2型糖尿病は、不健康な食生活が危険因子となる代謝に由来する病気です。「Flexitarianism: A review of the literature(準菜食主義:文献のレビュー)」のデータによると、準菜食主義の人は、このタイプの病気を罹患するリスクが低いことを示唆しています。。

上記の研究によると、ボディマス指数(BMI)を雑食主義者と比較した場合、菜食主義者と準菜食主義者のグループの数値は正常なパラメーターの範囲内にあることが明らかになりました。適切なBMIは、重要な臓器を慢性疾患から保護する保護因子と考えられています。

こちらもご覧ください:糖尿病の見逃せない8つの初期症状

腸の病気の発症を予防する

クローン病と結腸や直腸癌は、赤身の肉、ソーセージ、脂肪が多く含まれる食品の過剰摂取と深く関連しています。したがって、準菜食主義はこれらの病気を予防する効果が期待できると考えられます。

また同様に、自然食品を食べることで、消化管の構造と微生物叢のバランスが保たれ、腸カンジダ症の出現と憩室の形成を減らします。憩室は、腸壁に形成されて炎症を起こす可能性の風船状の袋です。

腎臓を保護して胆石を防ぐ

一般に、過剰なタンパク質、特に動物性タンパク質の消費は、尿を介したカルシウム、尿酸、およびシュウ酸の排出を誘発します。これらの物質は、腎結石の基本的な成分となります。

さらに、動物性食品や肉を消費する食生活は、コレステロールと不健康な脂肪を定期的に摂取していることになります。そのため、肉の消費を減らすことで、腎臓の健康を守ることができます。

準菜食主義というライフスタイルの利点を発見しよう! 腎結石
腎結石は、肉のタンパク質に多くの原因があると考えられています。

準菜食主義:最終検討事項

今回ご紹介したように、準菜食主義のメリットは数多くあります。 植物由来食品を摂取するライフスタイルなので、食物繊維、抗炎症物質、抗酸化物質を豊富に摂取することができ、西洋型の食生活が原因で発症する典型的な病気を防ぐのに役立ちます。

ただし、他の食事と同様にバランスよく適切に栄養素を摂取することを目指し、各個人ごとに食事をカスタマイズすることが重要であることに留意してください。準菜食主義のライフスタイルを始める場合は、最初に管理栄養士など栄養の専門家に相談して、準菜食主義に関するアドバイスを受ける必要があります。

  • SILVA, M. C. B. D. (2018). Flexitarianismo: Revisão de literatura (Bachelor’s thesis).
  • Aumentar el consumo de frutas y verduras para reducir el riesgo de enfermedades no transmisibles. Organización Mundial de la salud.
  • Gorrita Pérez, R. R., Ruiz King, Y., Hernández Martínez, Y., & Sánchez Lastre, M. (2015). Factores de riesgo de enfermedades cardiovasculares y cerebrovasculares en adolescentes. Revista Cubana de pediatría87(2), 140-155.
  • Informe SAN: Alimentación Vegetariana – Revisión Final. Disponible en: http://www.sanutricion.org.ar/files/upload/files/Alimentacion_Vegetariana_Revision_final.pdf.
  • Rojas Allende, D., Figueras Díaz, F., & Durán Agüero, S. (2017). Ventajas y desventajas nutricionales de ser vegano o vegetariano. Revista chilena de nutrición44(3), 218-225.
  • Raphaely, Talia, and Dora Marinova. “Flexitarianism: traditional diets as social innovation for sustainability.” Visão Global-DESCONTINUADO A PARTIR DE 2013 15.1-2 (2012): 403-422.
  • Dagnelie, P. C. “Nutrition and health–potential health benefits and risks of vegetarianism and limited consumption of meat in the Netherlands.” Nederlands tijdschrift voor geneeskunde 147.27 (2003): 1308-1313.
  • Tomova, Aleksandra, et al. “The effects of vegetarian and vegan diets on gut microbiota.” Frontiers in nutrition 6 (2019): 47.
  • Negri, Armando L., Francisco R. Spivacow, and Elisa E. Del Valle. “LA DIETA EN EL TRATAMIENTO DE LA LITIASIS RENAL BASES FISIOPATOLÓGICAS.” Medicina (Buenos Aires) 73.3 (2013).