女性が経験する/過敏性腸症候群の症状

· 1月 14, 2016

過敏性腸症候群の原因ははっきりとは解明されておらずストレスや感情に関連していると推測されます。女性のほうがこの問題を抱えやすい傾向にあります。その症状、特に女性が経験しやすい症状を見ていきましょう。

過敏性腸症候群(IBS)とは?

正式名称は「過敏性腸症候群 」(IBS)で、特に腹痛や腸のリズムの大きな変化といったような様々な状況を経験します。 感染や身体的変化はなく、また大腸炎や結腸のけいれんが原因でもないのです。医者は、様々なテストの後に診断を下しますが、一般的には、35歳未満の女性が発症しやすい傾向があります。

腹痛

原因は?

上述したように、IBSを引き起こすメカニズムはまだ不明です。多くの場合は、慢性疾患で毎月繰り返します。専門家はいくつかの点で、結腸は第二の脳のように機能していると言います。従って、心配や不安は結腸に影響を与え、心配事があると、それがいくら小さくても、消化プロセスに変化を引き起こす可能性があるのです。

IBSはまた、ひどい身体反応を引き起こす特定の食品だけでなく、ホルモンの変化や遺伝的要因に影響を受けます。 例えば、過敏性腸症候群をあなたの母親が罹っている場合、 あなたもそれに苦しむようになる可能性が高くなります。

こちらもご覧ください 性別の遺伝的起源:XとYの染色体

症状は?

1. 腹痛

腹痛は、間違いなくIBSの主な症状です。 特に、下腹部部の両側または方側に現れる傾向があります。非常に特徴的なやけどのような痛みが、腰椎領域から足の間に起こることがあります。そのチクチクした痛みや焼けるような痛みは非常に不快で、何もできなくなります。

2. ひどい月経痛

統計によると、月経痛がひどい女性の間では、過敏性腸症候群が一般的です。月経困難症として知られており、特定のホルモンが子宮の筋肉に大きな収縮を引き起こす場合に発生する傾向があります。ホルモンの影響が、この病気の患者に女性が多い理由です。 一般的には、母親から娘へ遺伝する傾向にあります。

3. 便秘と下痢

これらも非常に一般的です。 トイレに行かない日々があると思えば、不快な下痢に苦しむ時期もあります。 便通が辛い傾向もあります。お腹が一杯に感じて食欲を失う傾向があるので、治すために何を食べていいかわかりません。 ガスが貯まった感じがすることもあります。

4. 感情の状態

過敏性腸症候群と感情は密接に関連しています。あなたがストレスや不安に苦しむ時、腸が最も影響を受け気分が最悪であることに、きっと気づいていると思います。しかし、落ち着いている時や状況は良くなると、楽になります。したがって、 問題がある時や感情的に良い状態でない時は、気をつけるべきです。

過敏性腸症候群に苦しむ人なら、症状がいつ起こるか分かるでしょう。頭痛のようなもので、その痛みは身体的な問題ではなく、時に疲労、栄養の悪い食生活、悩み、不安が引き起こすのです。過敏性腸症候群も同じ事です。そのため、適切に感情、ストレス、不安をコントロールすることが重要です。

こちらもご覧ください 心を落ち着かせ研ぎ澄ます方法

過敏性腸症候群の治療方法は?

過敏性腸症候群に苦しんでいるとき、次の手順を実行することをお勧めします。

  • コーヒー、コーラなどのカフェイン入りの飲み物などといった酸性食品を避ける。
  • 精製した小麦粉を使った食品やお菓子を避ける。
  • 様々な研究によると、悪化させる傾向があるグルテンの消費量を減らすべき。
  • 同様に、赤身の肉、魚などの動物性タンパク質を避ける。
  • 一日に少量の食事を数回行う。言いかえれば、 1日6回少量食べる方が良いということです。よくかむことを忘れないでください。
  • 水をたくさん飲む。 ニンジンとビーツのジュースはとても良いです
人参スムージー

  • プロバイオティクスの消費量を増やす。発酵乳、ヨーグルト、味噌は、腸を強くして保護します。
  • 桃、イチゴ、キウイ、りんご、パパイヤなど、柑橘類はとても良いです。
  • ミントオイル良いプロテクターとなります。
  • 薬草ティーやハーブティーに関しては、最適なのはフェンネルシード、ミント、メリッサを煎じた飲み物です

何にも増して、ストレスや感情を適切にコントロールしてIBSに負けないようにすることを忘れないでください。生活の中での優先順位を決め、何が最も重要か意識しましょう。 無理をせず、時には休みをとるようにしてください。