危険! 食道静脈瘤の兆候と症状とは?

16 12月, 2019
食道静脈瘤の症状は、悪化するまで気づかない人もいます。この記事では、この病気の症状と治療法についてご紹介します。
 

静脈瘤が、静脈不全を引き起こす拡張した静脈であることはすでにご存知かと思います。しかし、食道粘膜の下にある静脈が拡張して血流を妨げる、食道静脈瘤という病気についてはご存知でしょうか?

他の症状と間違われやすい食道静脈瘤の兆候や症状がみられる場合には、医師に相談することが重要です。早期治療が症状の悪化を防いでくれます。

食道静脈瘤であると知るには?

食道静脈瘤

食道静脈瘤に伴う最大のリスクは、破裂および出血の可能性です。

食道静脈瘤であるかどうかを知るには、その兆候や症状について考える必要があります。

しかし、無症状であることが多く、万が一症状が現れたとしても他の軽度の病気と間違えやすいのです。

食道静脈瘤の兆候および症状には次のようなものがあります。

黒い便:あまり気にしたことがないかもしれませんが、この病気によって引き起こされている場合には、出血があることを意味します。血管が破裂したときに起こります。

吐血:吐血する前に、めまいや立ちくらみを感じるかもしれません。吐血した場合には、すぐに医師に診てもらいましょう。

失神:食道静脈瘤によって引き起こされる出血が原因であり、重度の場合にはめまいや失神をきたします。

 

これらの症状が継続する場合には、すぐに医師に診察してもらう必要があります。失神、めまい、吐血はこの病気の警告サインなのです。

ご存知ですか?食道炎の症状を改善する5つの自然療法

診断:内視鏡検査

食道静脈瘤

正確な診断をするために、内視鏡検査が行われます。また、この検査中には生研を行うこともできます。

この検査では食道にカメラを挿入し、異常な静脈があるかどうかを確認します。異常な静脈があった場合には、重症度についても調べることができます。(静脈の厚さ、静脈瘤の数、この部分から重度な出血があるかどうかなど

静脈の状態に応じて、医師は治療法を選択します。例えば、静脈瘤が小さい場合、数が少ない場合、およびこの部分から出血がない場合には、単に経過観察を推奨するかもしれません。

こちらもご参考に:便の色や形からわかる健康状態

治療法

内視鏡検査により、正確な診断をして適切な治療法を見つけることができます。

前述したように、治療法は内視鏡検査で調べた静脈の状態によって異なります。代表的な治療法には、次のようなものがあります。

  • 薬物療法:静脈が拡張していても、出血が見られない場合には、血圧を下げるために薬が処方されます。
 
  • 内視鏡的静脈瘤結結紮:薬物治療に耐えられない場合に、この治療法が行われます。静脈瘤を消失するために、ゴムバンドで静脈瘤を結紮します。
  • 内視鏡的硬化療法:出血がある場合にこの治療法が行われます。静脈に薬を注入して、止血を図ります。

これらすべての治療には、合併症の可能性があります。例えば、薬物療法では吐き気、下痢、めまいなどの不快な副作用を引き起こす可能性があります。

このため、医師は食道静脈瘤の診断をもとに、患者それぞれにあった最善な治療を施します。

肝硬変(肝臓の病気)や血栓症の場合には、食道静脈瘤の兆候や症状により注意する必要があります。食道静脈瘤が他の理由で現れることもありますが、非常に影響を受けやすいためです。

最後に、黒い便、めまい、吐血がある場合には、すぐに医師に診察をしてもらってください。早期治療が痛みや不快さを軽減し、悪化を防ぎます。

大きな食道静脈瘤が破裂した場合には、生命を脅かす大量の吐血がみられることがあります。そのため、異常な静脈を警告する兆候を見くびるべきではありません。

 
  • Infante Velázquez, Mirtha, Rosado Vargas, Coralia, Pérez Lorenzo, Marlene, Samada Suárez, Marcia, & Hernández Amarán, Mariela. (2013). Factores predictivos de la presencia de várices esofágicas en pacientes cirróticos. Revista Cubana de Medicina Militar42(1), 56-61. Recuperado en 01 de febrero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0138-65572013000100008&lng=es&tlng=es.
  • Vázquez González, Pedro, & Osorio Pagola, Marcos. (2010). Escleroterapia endoscópica de várices esofágicas. Presentación de un caso: nueva medida a tener en cuenta. MediSur8(5), 76-79. Recuperado en 01 de febrero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1727-897X2010000500014&lng=es&tlng=es.
  • Velásquez Chamochumbi, Hermes. (2006). Hemorragia digestiva por várices esófago – gástricas. Acta Médica Peruana23(3), 156-161. Recuperado en 01 de febrero de 2019, de http://www.scielo.org.pe/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1728-59172006000300006&lng=es&tlng=es.
  • Zumaeta Villena, Eduardo. (2007). Várices esofagogástricas. Acta Médica Peruana24(1), 47-52. Recuperado en 01 de febrero de 2019, de http://www.scielo.org.pe/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1728-59172007000100011&lng=es&tlng=es.