自宅で簡単にできる潰瘍性大腸炎の治療

潰瘍性大腸炎というのは、私達の体の中で本来外からの病気と闘ってくれるはずの免疫が、誤って自分の大腸を攻撃するようになってしまう病気です。
自宅で簡単にできる潰瘍性大腸炎の治療

によって書かれた Katherine Flórez

最後の更新: 06 12月, 2022

大腸炎について話題にするとき、主に結腸の問題について話していますが、結腸が炎症を起こす原因はいろいろあります。微生物やバクテリア、真菌がいることによるもの、また精神的な問題も含まれています。これは、直接的または間接的に他の器官の状態にも通じてきます。

次のような症状が一般的です。

  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹部膨満感

症状を和らげるために自宅でもできるいくつかの方法があります。これからご紹介する情報は、潰瘍性大腸炎で生じるであろう様々な症状を和らげてくれます。

バランスのとれた食事

食事

もっとも大事なことは、新鮮で食物繊維が豊富に含まれた食べものをたくさん食べる努力をすることです。食物繊維は体に必要な栄養を与えてくれます。大腸炎を発症しているときは、辛い食べ物やアルコールをやめること、珈琲をたくさん飲み過ぎないことも重要です。

こちらの記事もお読みください: 絶対おすすめ!健康的な食事法8選

ミントを食べる

ミントは消化器の機能を助けます唾液腺がより活発に働くようになるので、消化機能がうまく働くようになります。神経系の調節もしてくれます。

 

ショウガ茶

ショウガ茶

ショウガ茶は、潰瘍性大腸炎に苦しんでいる人には非常にすばらしい飲み物です。お腹の張った感じや下痢、この病気からくる痛みを取り除いてくれます。

こちらの記事もご覧ください: ショウガを毎日使う13の理由

大麦のサプリメント

大麦は、消化管機能を大きく助けます。それだけではなく、ビタミンやミネラルも豊富で、大腸に作用することで潰瘍性大腸炎の症状を和らげます。

 

大腸炎を鎮める家庭での対処法

消化
  •  簡単で一番効果のある方法は、コップ一杯の水にとティースプーン2杯のリンゴ酢とはちみつを入れたものを食事の直前に飲むことです。一日3回飲むことをおすすめします。
  • ウスベニタチアオイの根をひとつかみ、沸騰したお湯で煮だして、5分たったらそれを冷まして漉します。数週間の間、一日一杯これを飲むことをおすすめします。いつ飲んでもかまいません。
  • スムージーを作りましょう。材料はミネラルウォーターと林檎一個、人参一本、きゅうり一本、砂糖大根1本です。数週間の間、毎日朝晩一杯ずつお飲みください。
  • アマニ油をティースプーン一杯から二杯、コップ半分の水に入れ、一日かけて飲んでください。よく混ぜて、空腹時に飲むようにしましょう。
  • ライスウォーターもよい方法です。コップ一杯の米を、コップ三杯の水に入れて20分煮だしてください。それを冷まして漉し、飲みましょう。
  • カモミールティー結腸の炎症を抑えます。一日数杯をお飲みください。
  • アロエベラは素晴らしい家庭療法です。自分で育てたり、健康食品の店で買ったりして入手することができます。この植物からとれる粘液は、腸粘膜を修復し消化器全体にもよく効きます
  • さらにこの病気の症状に苦しんでいる人には、林檎とパパイヤをおすすめします。この二つは、大腸炎を治療する助けとなると言われています。
こちらの記事もおすすめです。
大腸のデトックスに! ハーブティー5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
大腸のデトックスに! ハーブティー5選

大腸は消化器系の一部で、最終の部分に位置し、便を形成し貯留する長い管です。 大半の脊椎動物において消化管の最終部分となっており、固形廃棄物が体外に排出される前に水分と塩分を吸収します。


引用された全ての情報源は、品質、信頼性、時代性、および妥当性を確保するために、私たちのチームによって綿密に審査されました。この記事の参考文献は、学術的または科学的に正確で信頼性があると考えられています。


  • Gomollón, F., García-López, S., Sicilia, B., Gisbert, J. P., & Hinojosa, J. (2012). Guía clínica GETECCU del tratamiento de la colitis ulcerosa elaborada con la metodología GRADE. Gastroenterol Hepatol [Internet]11(001), 1-92.
  • Herrera, A. T., Peracaula, M. M., Sainz, N. B., Carner, I. C., Badía, N. C., Benaprés, J. R. M., & Jordá, F. C. (2009). Aplicación de un modelo de asistencia continuada en la enfermedad inflamatoria intestinal: la Unidad de Atención Crohn-Colitis. Gastroenterología y hepatología32(2), 77-82.
  • Tobón, S., Vinaccia, S., Quiceno, J. M., Sandín, B., & Rojas, A. C. N. (2007). Aspectos psicopatológicos en la enfermedad de Crohn y en la colitis ulcerosa. Avances en Psicología Latinoamericana25(2), 83-97.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。