自家製エンパナーダのレシピ

· 6月 29, 2018
エンパナーダという料理名を聞いたことはありますか? 今回は美味しいエンパナーダのレシピをご紹介します。

エンパナーダという名前を聞いたことはありますか?

鶏肉や牛肉を使ったエンパナーダの作り方はとても簡単です。

エンパナーダは南米で多く食べられていますが、世界の様々な場所でもその文化の一部となっている料理で、実はその起源は定かではありません。

多くの場所で、自家製の鶏肉や牛肉のエンパナーダが食べられていますが、各家庭そして地域によってもわずかにその「秘伝」の材料は異なります。

本記事ではエンパナーダのレシピをご紹介します。

エンパナーダの起源

エンパナーダの起源

エンパナーダは、ペルシャ人のアイデアを借りたアラブ人を経由してスペインにやってきました。

エンパナーダはパンに似た生地に具を詰めた料理で、具にはもちろん様々なバリエーションがあるだけではなく、この生地もその街や文化によって異なります。

1520年代の文献では、魚介類を使ったシーフードのエンパナーダについて言及しています。

エンパナーダはスペインで人気を博した後、ヨーロッパの多くの地域に広がり、その後アメリカへと広がりました。

前述したように、独自のエンパナーダが世界中で作られています。

エンパナーダの生地の中でも最もよく知られているのは、スペインのガリシア地方、チリ、そしてアルゼンチンのものです。

ベネズエラには、調理済みのトウモロコシ粉で揚げた独自のエンパナーダがありますが、大半のエンパナーダはオーブンで焼いて作ります。

こちらもお読みください:減量におススメ! イェルバ・マテの効能

エンパナーダとは?

エンパナーダとは

世界中には多くの種類のエンパナーダがあり、その形や大きさも 大きいものから小さいものまでさまざまです。

小さなものは通常、おやつや前菜として、そして中型のエンパナーダは朝食などに提供されます。また基本的には三日月形ですが、円形のものもあります。 スペインのガリシア地方とポルトガルのエンパナーダは大きなパイの形をしており、切り分けて食べます。

多くのエンパナーダには玉ねぎとニンニクがベースとして使われていますが、中には甘いエンパナーダもあります。

こちらもお読みください:美味しいホットウィングのレシピ

自家製チキンエンパナーダの作り方

チキンエンパナーダ

材料

  • トマト 1個 (40 g)
  • 赤ピーマン 1 個 (30 g)
  • 鶏胸肉 300 g
  • 卵 1個 (60 g)
  • 玉ねぎ 2個 (300 g)
  • ニンニク、塩、コショウ(味付けに)
  • エンパナーダの生地

レシピ

  • 鶏胸肉に塩コショウで味付けをしたら、20分間そのままにします。
  • 玉ねぎを細かくみじん切りにします。
  • ニンニクをみじん切りにしたら、油をひいたフライパンで玉ねぎと一緒に炒めます。
  • 中火にしたら蓋をしますが、焦げないように頻繁に確認してください。
  • ニンニクと玉ねぎを炒めている間に、赤ピーマンをみじん切りにします。(ただし小さいなりすぎないようにしてください)
  • 玉ねぎが柔らかくなったら赤ピーマンを加えます。
  • 卵は調理をして細かく刻んでください。
  • 鶏肉を小さく切ったらフライパンの中に入れます。
  • 生地に加える前に、トマトを細かく切ってつぶします。
  • 生地を2つに分けます。
  • 1つ目の生地を伸ばして具をのせます。
  • もう1つの記事で蓋をするように覆います。
  • フォークでつなぎめを押すように塞ぎます。
  • 220度に予熱したオーブンに入れます。
  • 約30分焼きますが、オーブンの種類や好みの焼き加減によって調節するように注意深く観察しながら焼いてください。
  • エンパナーダの具はすでに調理が済んでいることをお忘れなく。

エンパナーダの生地の作り方はとても簡単です。

具には鶏肉だけではなく、牛肉などを使うことができます。牛肉を使う時もレシピは同じですが、細かく切るか、ひき肉を使うのがおすすめです。