胃酸のお悩み:夜間の胃酸逆流を予防する鍵とは?

8月 28, 2019
夜間に胃酸が逆流すると、快適な睡眠に悪影響を及ぼしますが、ライフスタイルを変更することで、胃酸の逆流を制御することができます。今回の記事で、最高のヒントを見つけてください!

夜間に起こる胃酸の逆流にお悩みですか?

胃酸の逆流は一日の中で様々な時間に起こりますが、多くの場合は夜間に起こり、睡眠障害の引き金になる可能性があります。

胃酸の逆流または胃食道逆流症(GERD)は、下部食道括約筋が弱くなることによって引き起こされます。

下部食道括約筋とは、胃と食道の境目に位置し、胃酸が胃から出ないように調整する役目を果たしますが、この筋肉が弱くなることで、胃酸が食道や口まで逆流し、結果として、胸焼け、胸の痛み、嚥下困難などの不快感を発症します。

ほとんどの逆流が軽度であり、深刻な合併症を引き起こすことはありません。

しかし、睡眠と生活の質の両方に影響を与える可能性があるのが一般的であり、胃酸の逆流を予防するためにできる限りのことを行うことをお勧めします。

胃酸の逆流を防ぐのに役立つヒントをいくつか紹介します。

夜間に胃酸が逆流する理由

夜間に胃酸が逆流しやすいのには、いくつかの要因が関係しています。

胃酸の逆流を避けるためには、重い食事や、辛さなどの刺激が強い夕食、遅い時間の夕食を避けてください。

食事内容や量、そして食事時間が消化に影響を及ぼします。また夜間や就寝時にはリラックスをしているか横になっていることが多いため下部食道括約筋の緊張が低下し、胃酸が逆流して口や食道に戻りやすくなっています。

そのため、消化の妨げになるような食事や食事時間にならないように注意することが大切です。

また、就寝前に熱い飲み物を飲んだり寝る時の姿勢によって、消化に悪影響を及ぼし胃酸が逆流するリスクを高めます。

夜間の胃酸逆流は、喫煙者、ストレスの多い人、またきついパジャマを着ている人などによく見られます。

胃酸の逆流を治療するためには、まず胃酸逆流の原因や悪化の原因を特定し、乱れた生活習慣を修正することで、ライフスタイルを改善してください。

胃酸の逆流による胸焼け

夜間に起こる胃酸の逆流を防ぐための鍵

夜間に胃酸が逆流するのを防ぐためや再発を防止するために役立つアドバイスがあります。

もちろん、胃酸が逆流したら医師に相談をして、症状を発症する根本的な問題がないかどうかを相談する必要がありますが、これらの推奨事項は医師の指導を補完する効果があります。

就寝前の食事を避ける

夕食を食べずに就寝するべきではありませんが、就寝前に食べるべきではありません。理想的な習慣は、就寝の2~3時間前に軽い夕食を食べることで、就寝前に胃酸の分泌が制御される効果が期待できます。この方法で、胃酸の分泌は就寝前に制御されます。

ご存知ですか?:逆流性食道炎を和らげる4つの自家製制酸剤

刺激性食品の消費を制限する

胃酸の分泌を増やし、逆流させる食品は、夜間の胃酸逆流を悪化させる可能性があります。夕食には、トマト、カフェイン、加工肉、揚げ物、辛い料理、アルコール飲料の消費を制限することをお勧めします。

就寝時の頭の位置を高くする

夜間の胃酸逆流を防ぐために、頭と上半身を少し上げて寝ることが推奨されます。

つまり枕の位置を高くすることで頭と上半身が上がります。

体が水平な状態で眠ると、胃と喉が同じ高さになるため、胃酸が逆流しやすくなります。

左向きで寝る

胃酸の逆流を予防する睡眠姿勢  胃酸 逆流

食道と胃の接合部が胃の中にある内容物より上になる左向きは、胃酸が逆流しにくく、逆に右向きだと食道括約筋が胃酸にさらされ、胃酸が逆流しやすいと考えられています。

体重を減らす

オーバーウエイトおよび肥満の患者は、胃酸の逆流をコントロールするために体重を減らす必要があります。

体重が増え、腹回りに脂肪が蓄積すると、胃が圧迫されることが増えて胃酸が逆流して食道に戻ります。

こちらもご参照を:胃食道逆流症(GERD)を改善する7つの食事のコツ

飲酒と喫煙を避ける

飲酒や喫煙などの生活習慣は、胃酸逆流の症状を悪化させる可能性があるため、胃酸が逆流する傾向がある人は避けたい習慣です。

就寝時は快適な衣服を着用する

利便性と健康のために、就寝前と就寝時にはゆったりした服を選ぶのが良いでしょう。

過度にきついパジャマや衣類は、腹腔内圧を上昇させ、胃酸が食道へと逆流する可能性を高めます。

ストレスのコントロール

適切なストレス管理は、夜間の胃酸逆流のリスクを減らすだけでなく、質の高い睡眠を得る効果があります。

ストレスには、瞑想、ヨガ、読書などのリラクゼーション方法がおすすめです。

医師に相談する

胃酸が逆流していると感じたら、必ず医師の診察を受けることが大切です。

また今回ご紹介した方法で症状が改善されない場合や悪化する場合も、医師の診察を受けることをお勧めします。

医師は、胃酸が逆流する原因を突き止めて最善の治療法を提案します。

胃酸の逆流を改善するもの

海外の制酸剤  胃酸 逆流

今回ご紹介した推奨事項に加えて、夜間の胃酸逆流を防ぐためには制酸剤の服用をお勧めします。

写真は海外で推奨されているガビスコンという薬品ですが、日本では医師や薬剤師に相談して自分の症状に合う正しい薬を服用してください。

また服用の際には必ず薬剤師の指示と薬に記載された服用法に従いましょう。